ときてっと/日々ログ
日々の雑記から抜き出したあれこれをカテゴリ別に
レビューと言うよりは買い物日記
■■■■
戻:デジモン玩具一覧
玩具ログ:デジモン

デジモン超進化/クロスフィギュア等。コンプしたものまとめ。
雑記から適当に抜き出しただけなので文章の前後が妙ちくりんになっているかと思います。

□超進化シリーズ/DX超進化シリーズ
1999年、デジモンアドベンチャー放送時に展開されていた変形玩具。
かなり大胆な変形ギミックでファンを驚かせた一品。
懸賞の賞品として特別版が作られたり、海外では再販の際に一部メッキ化されたりと特殊なバリエーションあり。

□超進化シリーズ
■1.メタルグレイモン ■3.エンジェモン
■4.ガルダモン ■5.アトラーカブテリモン ■6.ウォーグレイモン
■7.メタルガルルモン ■ブラックウォーグレイモン
■メタルグレイモン スケルトンタイプ

□DX超進化シリーズ
■インペリアルドラモン ■インペリアルドラモン パラディンモード



□DX超進化 インペリアルドラモン
 DX版のインペリアルドラモン
パラディンモードver、Digivolving版と紹介してきて3体目なので正直書く事もあまり無く・・・。
DX版と言う事で通常の超進化シリーズよりも巨大です。大味だけどそつなくまとまっていて格好良いですなー。
ただ大きい分重量がある為スタンドで浮かせて遊ぶのがちょっと難しいですね。
Digivolving版を紹介した時色々ポーズ取らせて遊んだので詳しくはそちらをご覧いただければと思います。可動域等は同等だと思うので。
個人的に色味なんかも国内版よりも海外版の方が好みですなー。



インペリアルドラモンはドラゴンモードからファイターモードへとモードチェンジが可能!
これが超進化ギミックとなっています・・・が正直普通の変形ロボと言った感じでびっくり変形感はありません。
 インペリアルドラモン ファイターモード。


 ポジトロンレーザー。
これを腕部から取り外し、胸部ドラゴンヘッドに接続、さらに両腕を構えさせると必殺技「ギガデス」形態を再現できます。

と言う事でDXインペリアルドラモンでした。
カラバリだからとスルーしていたのが気にかかっていた一品だったので入手出来て良かったです。

▲TOP

□デジモンアドベンチャー 超進化シリーズ6 ウォーグレイモン
 今尚人気の高い主役デジモン。
 
  アグモン形態  破綻無く素晴らしいプロポーション
 
これが変形するとは信じられないフォルムです。
 変形。アグモン皮の中にぎっしりとパーツが詰まっています。
 ウォーグレイモン
  後ろはお約束。
若干デフォルメ感ありますがそれでも変形ものとは思えないスタイルです。
良く見れば面影があるのですが、正面から並べたら知らない人は別の玩具だと思う事でしょう。
 可動もなかなか。
 
ただしボールジョイントなので経年劣化の恐れが・・・。
 もともと結構緩めなので保持力が心もとない印象。
 2大究極体!!
 カラバリが結構出ています。
←から国内通常版、海外メッキ版、ブラックウォーグレイモン。
10年前の玩具ですからそれなりに時代を感じる部分はありますが、今の玩具に引けを取らないクオリティ。
シルエットもギミックも非常に良質な玩具なのでは無いでしょうか。
 皆で。
   
   
  


▲TOP


□デジモンアドベンチャー 超進化シリーズ5 アトラーカブテリモン
 カブトムシ←→カブトムシのむしむし玩具。
 カブテリモン形態。
 
 背中はお約束。
翅が大きいのでバランスに気を使いますが、真中の腕以外の四肢は良く動きます。 飛行キャラだからスタンドがあると良いですなー。
 変形は前後入れ替えで、青いパーツを翅の内側に収納。
 
超進化 アトラーカブテリモン。
 
全体のカラーが青から赤にがらっと変更と言う驚きの変形。
前後入れ替え変形なので若干反則っぽいですが、両形態ともまとまっているので見事なものです。腕のスライド部分は海外版で良く見られるギミック。
超進化シリーズには珍しく、背中の翅・・・と言うか甲羅というか、の部分にグラデーション塗装がされています。凄く虫っぽい。

 ホーンバスター!!
  
  
手足はまぁ動くんですが、あんまりポーズ決まらないかな。お尻が重いので自立し難いのです。
一見地味なんですが、シルエットはおろかカラーが変わると言うのは凄いですなー。

▲TOP

□超進化シリーズ0 メタルグレイモン スケルトンタイプ
  
限定版っぽいパケ。 ブリスターは通常版と共通です。
このメタルグレイモンは“デジモンアドベンチャー2000キャンペーン”と言うキャンペーンで当選した1400人に配られた限定仕様のクリア版です。
何気にナンバー0が振られており、単なるカラバリとは違い正規ラインナップとも考えられるのでコレクター泣かせなレアアイテム。
これは初期シリーズだからナンバー振れたんでしょうね。
キャンペーン商品として“ウォーグレイモンブラックバージョン”と言うのもあるんですが(黒+金で多分ブラックウォーグレイモンと同じカラバリ)
こちらは後続でナンバーに空きが出無い様にする為か、個別にナンバーが振られていません。実際はそれ以降続かないんですが。
 キャンペーンハガキも発掘しました。 
当時こんなの当たる訳ない!と思って出さなかった記憶があるのですが・・・1400人と言うとかなりの数ですね。
グレイモン形態。
中に色々詰まっているのが見て取れます。爪や牙がシルバー塗装になっていて格好良い!

 
中身。なんとメタル化パーツもクリアです。
 超進化 メタルグレイモン!
 
 ギガデストロイヤー!
  
 
  
  


▲TOP

□デジモンアドベンチャー 超進化シリーズ7 メタルガルルモン
 今尚人気の無印メイン究極体。
 
パッケージは究極体ですがまずはガブモン形態から。
 
ガブモンのアクションフィギュアです、と言われても納得してしまいそうな破綻の無いフォルムであります。
この玩具は随所にアイディアが詰まっている感じで大変よろしいですなー。
 外からではまるで判らない変形ギミック。
ガブモン手と毛皮を合わせて4足デジモンに進化と言うのは成程なーと唸るばかり。
 ワープ進化 メタルガルルモン!
 最早ガブモンの面影が無い程の変形。
 それでいて複雑で無く遊びやすいのも好印象。
この肩のミサイルポッドをガブモン足で再現する変形が凄い。うーん、これは思わず唸らずにはいられない逸品であります・・・。
 
ただしメタルガルルモン形態だとこのシリーズの欠点、ボールジョイントの緩さが目立ちます。四足なのでバランスに気を使えば何とか・・・といった所。
 お座り可。
 闇をぶっとばせ!
   
  
 
 

▲TOP

□デジモン超進化シリーズ エンジェモン
 アドベンチャーの超進化シリーズはパッケージが小さくて良いですなー。
  パタモン形態。
 正面。口はモールドがあるけど未塗装。
 かわゆいです。
元ネタの携帯機ではパタモンとエンジェモンはそれぞれ別verに収録されているデジモンなのでこの進化はアニメ時点では不思議な感じでした。
 まるで羽化するように割れて中にエンジェモンが丸まっています。
武器は余剰ですが、足の間に挟んで収納するのがファンの間では基本。
 
エンジェモン形態。後ろから見てはいけないのがお約束。
 ダイナミックな変形で大胆にシルエットチェンジ。
 拳が必殺技なだけに肩が開かないのが残念。
 変形ギミックは反則気味ですがかなり良く出来ていますなー。

▲TOP


□超進化シリーズ ブラックウォーグレイモン
 ウォーグレイモンのリペverだからかナンバリング無し。02の玩具です。
 アグモン(黒)
  色以外に変更点は無し
超進化ウォーグレイモンと同様のギミックでブラックウォーグレイモンへと変形。
  ワープ進化!ブラックウォーグレイモン!!
 
 ブラックカラーな分関節等が目立たずに見栄えが良いですなー。
 


▲TOP


□超進化シリーズ メタルグレイモン
 デジモンアドベンチャー放送当時に出ていた超進化シリーズの第一弾です。
 
グレイモン形態。アニメのずんぐり体型を忠実に再現。
 
尻尾からなんかはみ出ちゃってるのは御愛嬌。
 お腹にメタル化パーツがぎっしり。これを表に出して超進化!
 メタルグレイモン!
 尻尾が翼に変形し、メタル尻尾はお腹から出てくると言う大胆変形。
 
メタルグレイモンはグレイモンより更にずんぐり体型なのですが、脚部の付け根が回転し体型がチェンジ!
短い尻尾と合わさって見事に劇中のイメージを再現しています。
 更に胸のハッチが開閉しギガデストロイヤーを再現!最早言う事無しの玩具です。

▲TOP

□デジモンアドベンチャー 超進化シリーズ 04 ガルダモン
 ガルダモンパケ。
 まずはバードラモン形態から。
 裏。
ガルダモン足の裏が赤く塗られており、バードラモン尻尾を再現していると言う芸コマ。
 全身の羽や毛のモールドが非常に細かく作り込まれていて良いです。
  
超進化してガルダモンに変形!
 これは格好良い!! 
 シャドーウィング!!
いやーこれは凄いですね。後ろから見ても破綻が無いし、ガルダモンのアクションフィギュアとしても十分いけるレベル。
  
   

▲TOP

□DX超進化シリーズ インペリアルドラモン パラディンモード
 こちらも見つけてゲットゲット。 
2001年の劇場版公開記念に発売されたインペリアルドラモンのリペイントカラー+オメガブレード版。
限定ものらしくパケは通常版にシールを貼ったものになってます。
 インペリアルドラモン パラディンモード
 DXと銘打っているだけあって超巨大です。
 せなか
大きくて迫力があり、可動も変形ギミックの弊害で若干の制限があるもののそれなりに優秀なのですが、いかんせんサイズの分大味な部分が目立ちますなー。


 設定上は未装備のポジトロンレーザーも付属します。
この余剰パーツのポジトロンレーザーを使用してドラゴンモードに変形も可能。
パラディンモードにはモードチェンジの設定が無いので、白いドラゴンモードは玩具限定の姿です。
 ドラゴンモード。
 おしり
 正面。
 大迫力の玩具です。
  
  

▲TOP


(C) 2007 ときてっと ※このサイトに使用されている画像の無断転載を禁じます。