ときてっと/日々ログ
日々の雑記から抜き出したあれこれをカテゴリ別に
レビューと言うよりは買い物日記
■■■■
戻:デジモン玩具一覧
玩具ログ:デジモン

デジモン超進化/クロスフィギュア等。コンプしたものまとめ。
雑記から適当に抜き出しただけなので文章の前後が妙ちくりんになっているかと思います。

□ハイブリッド超進化シリーズ
2001年デジモンテイマーズ放送時に展開された。
従来の超進化シリーズからパワーアップした点として、金属パーツ使用がある。
基本的には国内のみで展開した商品であり、バリエーションも少ない。

■メガログラウモン ■ラピッドモン ■ベルゼブモン ■デュークモン



□ハイブリッド超進化 デュークモン
 HYBRID超進化シリーズの最終商品。
どちらかと言うと携帯機やカードに力の入った展開で、変形ものはこれを含めて4つしか発売されませんでした。
 まずはギルモン形態から。

 凄く・・・豪快です・・・。
 盾とマントは一つに収納して余剰パーツ。
実質ハイブリット超進化のリメイクにあたる海外版では盾を足の裏に接続して台座にするギミックがありました。
 
最早似てる似て無いの次元ではなく、変形する事に意味がある玩具。
 ギミックはこんな感じでシンプル。
 
イージスとグラムを装備してデュークモンに!
 メッキが豪華ですなー。


  マントは布製。
 
装備の下にはちゃんと手が造形されています。
 お顔も似てる。
ただ金属パーツを使用したハイブリット玩具と言うコンセプトは破綻気味・・・デュークモンでは遂に金属パーツは顔のみに。
 なかなか格好良いです。

▲TOP

□デジモンテイマーズ ハイブリット超進化シリーズ メガログラウモン
 メガログラウモンパケ。
 まずはグラウモン形態。
 
正面から見ると太り気味ですが、なかなか雰囲気は捉えていると思います。
 背面も意外にすっきり。
 思ったより良く出来ている印象。
 お腹と背中が開いて変形。
 メガログラウモン形態。
テイマーズの超進化シリーズは“ハイブリット超進化シリーズ”となっているのですが、何がハイブリットかと言うと、一部に金属パーツが使用されているのですなー。
たしかに玩具としての作りは前シリーズよりもしっかりしているのですが、何となく使い方がイマイチ。
変形ギミックに関しては、脚部の付け根がスライドして頭身が変わる等所々感心させられる部分もあります。

以前よりも遊びやすさは向上しています。
ただ個人的にあまり好きでは無いのが、腕ブレードのパタパタ変形。
このギミックはハイブリット超進化のみに見られるギミックですが、正直あまり洗練されていない印象。ここだけ好みで無いですなー。あとは味があって良いです。

▲TOP


□デジモンテイマーズ ハイブリット超進化シリーズ ラピッドモン
 ハイブリッド超進化の第2弾。
 まずはガルゴモン形態。
お腹のベルトが省略されています。塗装で良いから再現して欲しかった所。
 
 お約束の裏面。
 この形態だと全くと言っていいほど動きません。
 ギミック。
変形は割と複雑で、頭身がかなり伸びたりとなかなか面白いギミックです。ただズボンがぱたぱた変形で見栄えが悪いのがちょっと残念。
 ラピッドモン形態。 
この形態だと腕のロックが外れる・・・かと思いきやそもそも関節が無いと言う。と言う事でやはり殆ど可動できません。
しかしガルゴモンから想像も付かない様なシルエットになる所は一見の価値あり。
 

▲TOP

□HYBRID超進化シリーズ ベルゼブモン
 珍しく敵キャラ・・・と言ってもライバル的存在ですが・・・が最終商品にラインナップ。
 まずはインプモン形態。
顔等なかなか劇中イメージに似ていて良く出来ています。体型がちょっと苦しい感じです・・・が、個人的には気に入っている一品。
 
 背中もすっきり。
 変形は中身を展開する感じ。都合上腕と足が若干外れやすいですなー。
 ベルゼブモンに進化!
とても劇中イメージに似ているとは言えませんが・・・ぼんやりと似ている・・・みたいな。
インプモンの顔裏が翼になっていますが、陽電子砲は付属せず。ただし瞳は緑色・・・と言う中途半端な仕様。
デュークモンには余剰があるので、ここは余っても良いから海外版の様に武器を付属して欲しかった所です。
 

 ノーマル状態のベルゼブモンの武器・ベレンヘーナは付属。
なんとインプモンの耳の中に収納されています。これは気の効いたギミック。




▲TOP


(C) 2007 ときてっと ※このサイトに使用されている画像の無断転載を禁じます。