ときてっと/日々ログ
日々の雑記から抜き出したあれこれをカテゴリ別に
レビューと言うよりは買い物日記
■■■■
戻:デジモン玩具一覧
玩具ログ:デジモン


デジモン超進化シリーズのレビューというか買い物日記。国内版、海外USA版などなど。コンプしたシリーズは別ページにまとめています。
雑記から適当に抜き出しただけなので文章の前後が妙ちくりんになっているかと思います。


□Digi-Warriors
公式絵を元にした可動フィギュア。
国内では2000年12月から2002年2月まで展開された他、海外ではDReal・あるいはDigi-Warriorsシリーズとして、国内未発売のものも含めて幅広く展開された。
可動面に難があるものの、造形が非常に良く今でも人気のあるシリーズ。



:Digi-Warriors(海外版)
■Digi-Warrior Rapidmon
(海外版 ラピッドモン アーマー体)
■Digi‐Warriors SaberLeomon
(海外版 サーベルレオモン)
■Digi-Warriors Andromon
(海外版 アンドロモン)
■Digi-Warriors Gallantmon[Crimson Mode]
(海外版 デュークモン クリムゾンモード)
□Digi-Warriors Growlmon
(海外版 グラウモン)
□Digi-Warriors Gallantmon
(海外版 デュークモン)
□Digi-Warriors MegaGargomon
(海外版セントガルゴモン)



□Digi-Warriors MegaGargomon
 
Drealセントガルゴモンの海外パッケージ版。
国内版と同じものですがちょいちょい仕様が違います・・・とは言えそれ程差も無いので細かい部分は国内版参照。
 メガガルゴモン。造形等は国内版と差はありません。
基本的なカラーも一緒・・・ですがやはり細かい部分の塗装は省略されており、また海外版には弾丸類以外のオプションパーツが付属しないので、
このメガガルゴモンにも非飛行形態用の頭部パーツが付属しません。
 さわり程度に別角度 

国内版と比較。←海外版/国内版→
二重塗装部分が省略されています。細かい点ですが、目立つのは目。
国内版では青で塗られた後に瞳やハイライトがしっかり入っているのに対して、海外版ではただの黒点で処理されています。
これに関しては基本のカラーも一緒だし、海外版を手に入れるメリットは全く無いと言っても良いかも・・・。

▲TOP

□Digi-Warriors Gallantmon

要するに海外版Drealデュークモン・・・ですが国内版とは仕様が違います。
パケ台紙はテイマーズ後期シリーズのものは皆共通なので前にも載せましたが、一応。
 デュークモン!
 
ぱっと見て国内版と違う所が判りますでしょうか。
実は全体的にカラーが変更されているのです。
 
造形的には国内版と差はありません・・・と言いたい所ですが一点微妙な所が・・・。
頭の飾りなんですけど、後ろにすらっと伸びている国内版と違ってカーブが付いています。
ただこれはずっとブリスターに入っていた事で付いた癖の様な気もするし・・・それにしても曲がり過ぎな気もするし・・・う〜ん?
  飾りがすっかり→に寄っているのが判ると思います。


そう言えばグラムのこの形状は設定と違うと言う話を以前Drealの方に書きましたが、どうやら進化バンクのCGモデルがこの形状らしいですね。
モデルと玩具の造形、どっちが先なのだろう・・・?


国内版と比較。←海外版/国内版→
海外版お約束の塗装省略に加え、ボディ成型色が白に変更。赤部分も国内版のメタリックレッドから朱に近い赤に変更されています。
また海外版にはオプションの腕パーツが付属せず、グラムとイージスを外した素の状態にする事は出来ません。

アップで比較。←海外版/国内版→
国内版の方が細やかに塗装されているのが判ると思います。
海外版では成型色が白になって劇中イメージに近くなった一方、モールドが目立たずちょっと寂しい事に。
こうして並べると色の違いだけで国内版の方がずっと高級そうに見えます。
国内版ではグレーに近い色なので違和感を覚えた人もいるかと思いますが、モールドを目立たせる為なのかもしれません。成程良く考えられています。
 腕のジョイントは左右共通なので2体あるとこんな遊びも・・・。
 Digivolvingと並べて。
Digivolvingクリムゾンモードの素体はどうもDrealから設計を流用した拡大版の様なのですが、成型色が白になった事でますますそっくりに・・・。

と言う事で海外版DrealデュークモンことDigi-Warriors Gallantmonでした。
国内版と比べると若干グレードダウンしている気がしないでも無いですが、純粋にカラバリとして入手する価値のあるアイテムだと思います。
特にデュークモンは人気キャラなのでファンなら両方押さえておきたい所。
 知る人ぞ知るマニアックな一品かもしれませんなー。

▲TOP

□Digi‐Warriors Growlmon special Digi-Battle Card Includet!!
 パケです 
果たしてここまで見たい人は居るんだろうか・・・?と思ってなかなか載せられずに居たアイテム。
見ての通りDrealグラウモンの海外パッケージです。と言う事で中身はほぼ国内版と一緒。
 パケに書いてある通りカード付き 
何とこのカードプラスチック製です。透けて居る訳では無いけど若干透明感があって、ツヤツヤ。かなり分厚くて硬いです。
D‐アークに通すと国内版のカードはすりきれてくるので、スラッシュ用に良いかもしれません・・・厚みがあるから通らないかな?試してませぬ。
絵柄は国内版の初期デジモンカードst-393と同一のものですなー。
 中身。
言うまでも無く←国内版/海外版→
見ての通り黒いラインやデジ文字等かなり塗装が省略されています。
成型色も一緒なので国内版を持っていると海外版まで購入する意味はあんまりありませんなー。
 
一応サイドとお尻も。
マニアックなアイテムの紹介でした。

▲TOP

□Digi‐Warriors Andromon
 
パッケージ裏はseason3後期シリーズのものと共通です。
 要するに海外版Drealアンドロモン。国内未発売の商品です。
日本では存在を把握している人すら少ないと思われます・・・自分は海外版Digiwarriorシリーズを買うまで知りませんでした。
そんな訳なので国内外共に情報が全然出てこなくて探すのに苦労しました。
  
造形は非常に良く出来ていると思いますねー。アンドロモンフィギュアの決定版と言えるのでは無いでしょうか。
塗装部はいつも通り若干省略されている感じですね。
 
 胸部ハッチが開閉します。 
オプションとして生体ミサイルが2個付属。ラピッドモンの様に発射口に差し込んだりは出来ませんがこう言うオプションは嬉しいですなー。






可動は最低限と言った感じです。特に首は背中とチューブで接続されているので固定。




アド組と並べて良し!テイマ組と並べて良し!クロスウォーズでも偽物が敵として登場しましたね。
アンドロモンはグロテスクな容貌に反してアニメでは頼もしい仲間デジモンとして活躍したので、出来の良いフィギュアがあるのは非常に嬉しい所です。

▲TOP

□Digi-Warriors SaberLeomon
パケ  裏
またまた国内では存在すら知られていない様なアイテムです。要するに海外版D-Realサーベルレオモン。
これはDigi-Warrior版ですが、尻尾が分解されてパッケージングされているDreal版も存在していた模様。
Season3時に出たものなのですが、サーベルレオモン自体はテイマーズには未登場。この時期だとむしろアドベンチャーからの出典でしょうか。
パッケージ裏を見て判る通りガードロモンの初登場時の姿であり完全体のアンドロモンが同時にラインナップされているので、
テイマのレオモンが最終進化を遂げたら・・・と言う事なのかもしれません。
ちなみに以前取り上げたクリムゾンモードのパケ台紙もこれと同じものでした・・・がネタバレになるかな、と思って内緒にしていました。
 香港版には煽りがあるかな・・・と思って探したけど無いっぽい?
 

 
サーベルレオモン。
ペンデュラム1で登場した初めての究極体と言う事もあって、個人的にかなり好きなキャラクター。
マイナーキャラ・・・と言いたいところですが僕が所持しているだけでもDigivolving、Playsetと合わせて3つ目のフィギュアなので、
かなり人気がある事が窺えます。このD-Real(DigiWarrior)に関してはテイマ終盤の商品で、更にメインキャラで無い事もあって、
相当出荷数が少ない様で、海外オークションにもめったに出品されない貴重なアイテムの様です。

可動に関してはかなり疑問がありますが、造形自体は非常に良く出来ています。
サーベルレオモンのフィギュアでは一番再現度が高いのでは無いでしょうか。このサイズでは決定版と言えるでしょう。
鬣が広がっているのと、四足デジモンの中でもボディや足腰ががっしりとしているので、D-Realサイズと言えどもかなり大きく感じます。
想像していたものより一回りくらい大きな印象ですね。
 首の可動はこの様にボールジョイント軸で接続。
ある程度上を向かせる事が出来るのと、首を捻る事も可能。
 上向き。
 下向き。
 
更に分割から判る通り口も僅かに開きます。
脚部はあちこち干渉する為あまり動きません・・・が、膝の根元は軸ぶっさしの様で若干ロールします。
ほんの僅かにですが足を外に向ける事が出来るので踏みしめる様なポーズが可能。
 尻尾は動きが付いていますが非可動。
このシリーズでは定番ですが、やはり腕と足の付け根が開かないと意味のあるポーズは付け辛いですなー。


 風よ!光よ!サーベルレオモン!!
と言う事でD-Realサーベルレオモンでした。
海外版D-Realはコアな人が一部カラバリを把握しているくらいだと思いますが、実は国内で未発売のものもちらほらあるようです。
この辺りは出荷数が本当に少なく(と言うかそもそもDigiWarriors自体あんまり見かけない)、更にマイナーキャラとなるとかなり入手困難な模様。

▲TOP

□DIGI-WARRIOR RAPIDMON
 
要するに海外版D-Real ラピッドモン アーマー体です。Season4での発売だったのでパケ裏は海外版ランディングアクションの写真。
シリーズ後期に発売され、更にマイナーなカラバリと言う事で出荷数が少ない様で、入手困難な一品。
国内では存在すら知られていない様なマイナー玩具。

 

デジモンアドベンチャー02の劇場版 デジモンハリケーン上陸!!/超絶進化!! 黄金のデジメンタル にて登場したラピッドモン。
通常進化によって進化したテイマーズのラピッドモンとは異なり、グミモン(テリアモン)が運命のデジメンタルで進化した聖騎士型のアーマー体。
印象的なゴールドボディは一部メッキにて再現され、渋めのレッドと合わさって豪華な印象。
 付属物としてラピッドファイヤの弾丸が2つ付きますが、国内版と異なり塗装はされていません。
 
腰アーマーには運命の紋章がしっかり再現。本来であればカラーリングや紋章の有無以外にも細部デザインが異なっている筈なのですが、
D-Realのラピッドモンから金型の改修等はされいない模様。
▽モールドがそのままだったり、足のホーリーリングが再現されていない等・・・ある意味思い切りの良いカラバリです。
 ゴールデントライアングル!!
上述の通り造形等は元のラピッドモンのままなので可動域等も同様。結構癖があります。



 
 元々の造形が良いのでこちらもかなり格好良いですねー。
劇場版ラピッドモンは個人的に大好きなキャラなので大満足。02劇場版は作家性が強く出たアニメで、結構ぐっと来るものがあるのですよ・・・曲も良かったし。

通常進化体ラピッドモンと並べて。見ての通り完全なるカラバリ。
同時に発売されたのは恐らくインペリアルドラモンパラディンモードと、ブラックメガログラウモンでどちらもカラバリです。
インペリアルドラモンには新規造形のオメガブレードが付属しましたが、
ラピッドモンの場合本気で再現しようとするとほぼ全改修になってしまうので、紋章のプリントのみで折り合いを付けたと言う事でしょうか。
ともあれ貴重なアーマー体ラピッドモンのフィギュア、今後も立体化される事は無いでしょうしこれが決定版となりそうです。


▲TOP

□Digi-Warriors Gallantmon[Crimson Mode]
 要するに海外版D-Realデュークモン クリムゾンモードです。
Digi-Warriorsシリーズは国内版D-Realの海外向けパッケージ。
国内版との差異は塗装工程が省略されている点と、一部オプションパーツが付属しない場合がある点。
このデュークモンクリムゾンモードも若干塗装個所が国内版より減っています。二重塗装する箇所が省略されているのかな?
と言う事でことさら海外版を狙う必要は無いのですが・・・デュークモンクリムゾンモードはクリアパーツを多様しており、
これがとにかく日に焼けて変色してしまうのですな。国内版で出回っている物は、クリアパーツが曇った赤色に変色しているものが多いです。
今回は海外版で特に状態が良いものを見つける事が出来たので購入してみたと言う訳。
 最終究極紅蓮騎士 デュークモン クリムゾンモード



青紫のクリアパーツの羽と武器が非常に美しいです。こんなに綺麗に残っている物は稀では無いでしょうか。これもそのうち焼けてしまうのかなぁ・・・。
 
 

 国内版ではボディと同色の頭飾りもクリアパーツ。
翼は↑の様に着脱可ですが割りと硬く刺さっているので無理に抜かない方が良いかも。


自由度のある関節ではあるのですが、アーマーや翼にかなり干渉するのでほぼ動かないと言っても良いかも。
手首が固定なため大きな武器も取り回し難く、意味のあるポージングは難しい様に思います。
とは言え静かなポージングでも文句無しに格好良いです。




 進化の系譜

▲TOP


(C) 2007 ときてっと ※このサイトに使用されている画像の無断転載を禁じます。