ときてっと/日々ログ
日々の雑記から抜き出したあれこれをカテゴリ別に
レビューと言うよりは買い物日記
■■■■
戻:デジモン玩具一覧
玩具ログ:デジモン

デジモン超進化シリーズのレビューというか買い物日記。国内版、海外USA版などなど。コンプしたシリーズは別ページにまとめています。
雑記から適当に抜き出しただけなので文章の前後が妙ちくりんになっているかと思います。


Digivolving(海外版超進化シリーズ)
海外で展開されたシリーズ。1年目は日本版のデジモンアドベンチャー超進化シリーズがそのまま(一部塗装省略あり)発売されたが、
2年目以降は独自の設計・ラインナップで展開された。
豊富なラインナップと大味なギミックが魅力のシリーズ。
再販時にメッキ化・クリア化され、リミテッド版として販売された物もある。


:Season2 Digi-Eggシリーズ
■Flamedramon(フレイドラモン) ■Raidramon(ライドラモン) ■Magnamon(マグナモン)
■Halsemon(ホルスモン) ■Shurimon(シュリモン)
■Submarimon(サブマリモン) ■Digmon(ディグモン)
:LimitedEdition メッキバージョン
■Flamedramon-LimitedEdition
(フレイドラモン・リミテッドエディション)
■Digmon‐LimitedEdition
(ディグモン・リミテッドエディション)
:Digivolving(アーマー体)
■Rapidmon
(ラピッドモン アーマー体)

:Season2 DNAシリーズ
■Paildramon(パイルドラモン) Sylphymon(シルフィーモン)
:Season2 Digivolving/DX Digivolving
■Imperialdramon(インペリアルドラモン) ■DX ImperialDramon(DXインペリアルドラモン)


:星原玩具
□星原玩具 Gargomon(ガルゴモン)




□Digivolving Rapidmon
 パケ。珍しくラピッドモン形態でパッケージングされています。
Season3のDigivolving Gargomonのカラバリで、02劇場版のアーマー体バージョン。
海外版超進化ラピッドモンにはクリアverとかあるんだからきっとゴールドverもあるはず・・・と思って密かに探していたのですが、やっぱりありました!
これはネットにも全く情報が無いので見つけた時はかなり驚きました。
 パケ裏。細かい所ちゃんとしてるのに、微妙に間違ってるこの適当さ。
どうもアジア版の様ですなー。
実は放送当時の2chのログを調べてる時に、海外版Digivolvingマグナモンのパケ裏に金のラピッドモンが載ってるって書き込みがあったんですよね。
でも本当に発売されたかどうかは不明ともあって、気になっていたのですが、多分これがそうなんでしょう・・・。
当時の書き込みでもそんな感じなので、まさに幻のアイテムと言えるのでは無いでしょうか。
ひょっとしたら国内にあるのはこれ一個だけかもしれない・・・それは言い過ぎか・・・。
 劇場版ガルゴモン。
そんな大変貴重なアイテムですが容赦なく開封していきます。まずはガルゴモン形態から。
 金型はテイマーズのものと全く一緒です。
 裏面の隠せていない率もそのまま。
 この豪快さ。
 潔い・・・!

←アーマー体ver/完全体ver→
テイマーズのものと並べると、ガルゴモン形態のカラーも全体的に変更されている事が判ります。
顔の緑部分他、ズボンの色も変更。全体的にふんわりしたイメージになりました。
そして不思議なのですが、耳の白と緑の塗り分け部分のモールドが何故か金で塗られているのです。
ちょっと凝っていて気付いた時嬉しくなりました。
 ダダダダ〜・・・じゃ無いか。
  かわいいです。
変形ギミック等は通常のラピッドモン参照。
 ラピッドモンアーマー体。
02劇場版に登場したガルゴモンが運命のデジメンタルで進化したアーマー体。全身ゴールド塗装です。
深めのメタリックレッドが綺麗ですなー。顔の大部分が黒で塗装されているので完全体とはイメージが大分違います。
 腰の紋章もばっちりプリントされています。
 背面は大きくつき出るので自立は困難です。
 ガトリングのボタンもゴールドに。
これを押すとガルゴモンの手がスプリングで飛び出します。
 せなか。
 銃口の内側も黒で塗装されています。

 ゴールデントライアングル!
 マグナモンと。
 黄金のデジメンタルコンビ。

ラピッドモンが玩具になっているという事は、アニメのアーマー体で玩具になっていないのはネフェルティモンだけですが・・・。
実は玩具化は検討されてたみたいで試作はあったんですよね。塗装済みの奴。
演出の角銅さんがツイッターに写真upしていて知ったのですが・・・是非商品化して欲しかった・・・。

海外版DRealことDigiWarriors版と並べて。どっちも貴重なアイテムです・・・。
と、よく見ると紋章が←と→とで上下逆になっていますね。正しいのはDigiwarriors版の方です・・・う〜んパケでは合ってるんだけどなぁ・・・惜しいです。
 と言う事で海外版超進化ラピッドモンアーマー体でした。
個人的に02の映画の雰囲気ってすごく好みで、ラピッドモンもかなりお気に入りのデジモンなのでこう言う玩具があったらな〜って思ってたので、
その妄想が具現化した様なアイテムでした。発見した時の衝撃と言ったらないです。やっぱあったんだ!!と。
それにしても、Digivolvingのおいしい奴はもう殆ど持ってるつもりだったんだけど、まだまだネットにも情報が無い奴がありそうだなぁ・・・。

▲TOP

□Digivolving Flamedramon LimitedEdition!

 
海外版超進化フレイドラモンのメッキver。いつも通りおまけのカード付き。
  
勇気のデジメンタル。
炎のレリーフと赤メッキが相性ばっちりですなー。格好良いです。
 

通常版と比較。背中アーマー以外赤い部分はほぼメッキ塗装されていますね。
イエローラインも渋めのメタル色に変更されています。
 変形は差し替え変形。
 
フレイドラモン形態。
ボディのみ青メッキ仕様。炎のレリーフや爪等結構塗装個所が多いキャラですが丁寧に塗り分けされています。
模様等は省略される事が多い海外版ですが、このフレイドラモンは拘りが感じられて良いですね。
 
 
裏面から見るとアーマーの中はすかすかです。


リミテッドverと言っても一部メッキ部分以外は通常版からの流用が多いDigivolvingシリーズですが、
フレイドラモンは頭部もラメ仕様に変更されています。

と言う事でフレイドラモンメッキver、他のリミテッドverと比べても豪華に感じられる仕様でした。
あと02シリーズのメッキverはどうやらマグナモンが出ている様なのですが、かなり人気が高い様でまだお眼に書かれた事がありません・・・。

▲TOP


□Digivolving DX IMPERIAL DRAMON
インペリアルドラモン・ファイターモード
こちらは海外版DXインペリアルドラモンと言う事で、国内版のカラバリ仕様になります。パケ無しで購入したのですが説明書を見るに各国共通パッケージだった模様。
 説明書の一部
WarpDigivolvingシリーズの一部がブリスターで無くボックス入りで“DX”と銘打って販売されたバージョンがあるのですが、これもそれの流れでしょうかねー。

 

 最終必殺技・・・
 ギガデス形態!
両手に接続軸があるのでDXインペリアルドラモンを2つ持ってるとこんな遊びも。
 ダブルポジトロンレーザー!
変形してドラゴンモードに。
 インペリアルドラモン・ドラゴンモード




 並べて
←からDXインペリアルドラモン、海外版DXインペリアルドラモン、DXインペリアルドラモンパラディンモード、海外版インペリアルドラモン。
都合4つ所有しています。恐らくインペリアルドラモンのカラバリと仕様違いはこれで全てでは無いでしょうか。
並べると判る様に、海外版DXインペリアルドラモンは国内版よりも落ち着いたカラーリングになっております。
蛍光イエローが金色になっている他、写真では判りにくいですがボディカラーもメタリックブルーに変更されており渋いです。
国内版よりも断然格好良くなっております。このカラーが一番好みかも。


▲TOP



□Digivolving Paildramon ExVeemon and Stingmon DNA digivolve to Paildramon!
海外版パイルドラモン。
DNA Digivolvingはジョグレス前の2体と合体後の1体を一つの玩具で再現してしまおうと言う面白シリーズ。
シルフィーモンは盛大な余剰っぷりと無理矢理加減が素敵でしたが、こちらは02ものでは珍しく余剰無しの完全変形。
 
 
 パイルドラモン形態。
エクスブイモンとスティングモンがジョグレス進化した姿。
全体的に丸みを帯びていますが綺麗にまとまっています。ここから進化前の2体にそれぞれ変形するのだから驚き。
 ギミック。
変形そのものは割とシンプルで、頭部を2つ搭載+羽が3つ目の頭部に変形、あとはいつもの前後ろひっくり返しと言う力技。
 
エクスブイモン形態。
何だかきぐるみの様ですが緑成分が背中に集中する事で結構それっぽく再現されています。
 

 可動はイマイチ。
  スティングモン。
更にもう1パターンの変形。頭部は割と似ていますがボディ部分は青色成分が見えちゃっていて苦しい面も・・・。
かなり強引ですが完全変形なのは良いですね。
 
 裏表ひっくり返し変形は可動が死ぬのが残念。
パイルドラモンに関しては国内版の出来が素晴らしいので海外版はかすみ気味。ただ一つの玩具で3形態も再現すると言う力技には相変わらず感心させられます。


▲TOP



□Digivolving Flamedramon Digivolve to Digi-egg of Courage
  
海外版超進化勇気のデジメンタル←→フレイドラモン。
まずは勇気のデジメンタル形態からですが・・・元デザインとは掛け離れたシルエットで、正直再現出来ているとは言い難い無茶苦茶変形です・・・。
 
横から見ると顔が収納出来ていませんし、爪も仕舞えません。
海外版DigivolvingのDigi-Eggシリーズの他アイテムはデジメンタル形態で安定して自立するのですが、この勇気のデジメンタルに限っては自立出来ません。
並べて飾る事が出来ないのでちょっと残念・・・。
このシリーズを振り返ってみると、デジメンタル形態のサイズがほぼ統一されているんですよね。
するとディグモンやホルスモン、マグナモンが足を仕舞えないのは他のデジメンタルと高さを揃える為なのかも。
これで勇気のデジメンタルも自立できればずらっと並べられて良かったのですが・・・。
 国内版との比較。
どちらも結構無茶なのですが、再現と言う意味では国内版の方が頑張っています。
 変形は差し替え変形。
 フレイドラモン形態
 
 
デジメンタル形態を捨てているだけあってプロポーションは良好。ただし中身はスカスカです。
 燃え上がる勇気!フレイドラモン!!

初めに手に入れたのがホルスモンやディグモンだったのであんまり集める気がし無かったのですが気づけば全部揃えてしまいました。
個人的にはデジメンタルの方が好きなので、差し替え変形で自由度高そうなのに元デザインを再現出来ていない点等が気にかかりましたが、
何だかんだで揃ってみるとそんなに悪く無いかな、と思いますねー。

▲TOP


□Digivolving Submarimon Digivolve to Digi-egg of Reliability
  誠実のデジメンタル
海外版超進化誠実のデジメンタル←→サブマリモン。デジメンタル形態は設定と異なりつつも綺麗にまとまっています。
 
 裏面。それなりにイメージから掛け離れずに玩具化アレンジされていると思います。
 国内版と比較。
曲面が綺麗な元デザインを変形玩具に・・・と言うのがまず難しいと思いますが、どちらもそれなりに落とし込んできたなぁという所。
 変形は差し替えで行います。
これはギミックがかなり面白く、工夫が見られます。
内部に仕舞ったパーツを外に出すだけなのですが、足の隠し方や首元のパネルを回転させてカラーをチェンジしたりと楽しいです。
 サブマリモン形態。




サブマリモン形態でもかなり良く出来ていると思いますねー。
元デザインをそつなく再現しており、元々可動部が無いと言う事もありますが荒がありません。

どの角度から見ても破綻無く出来ています。個人的にこれはオススメですなー。
 渦巻く誠実!サブマリモン!!

▲TOP


□Digivolving Raidramon Digivolve to Digi-egg of friendship
  友情のデジメンタル
  
 このシリーズはアニメ設定画イラストのカードが2枚付いてきます。
 国内版と並べて。
←Digivolving/国内版→ 両方似たような感じですが国内版は一応目元が収納されています。
カタマリ感は海外版の方があって、パーツがカッチリ嵌まるので安定感もあり。
 ギミックは差し替え変形。
中に収納している物を表に出してパーツ位置を付け変えていく方法。
 ライドラモン

 

 おしり。各部を展開しただけですが無難な出来。
 わんこ座りも可能。
パーツ脱落も無く、それなりに遊びやすいです。
 轟く友情!ライドラモン!!
ギミックの意外性では国内版が、遊びやすさでは海外版が良し、と言う感じ。足が細いのを除けばシルエットも海外版の方が似ているかな。

▲TOP

□Digivolving Digmon Digivolve to Digi-egg of Knowledge!

知識のデジメンタル形態から。
海外版超進化知識のデジメンタル→ディグモン。こちらは以前にリミテッドverを載せましたがそのノーマル版。
デジメンタル形態ではまとまりは良いものの設定とは似ても似つかず・・・このシリーズは脚部の収納を諦めているものが多いです。
 
 国内版と比較。
比べるべくもなく・・・国内版は設定とそっくりですね。
 変形は差し替えです。各部展開&頭部回転のシンプル変形。
 
ディグモン形態。デジメンタル形態時にしわ寄せがきているだけあってデジモン形態では破綻無くまとまった造形です。
ボールジョイントなので腕の可動は良好です。
 
 結構ずっしりしているので足がヘタってきそうなのが怖いかな。
 鋼の英知!ディグモ〜ン!
▲TOP


□Digivolving Shurimon Digivolve to Digi-egg of Sincerity
パケ  パケ裏
海外版超進化シュリモン。他のデジメンタルシリーズ同様、差し替えでデジモン→デジメンタルへ変形します。
 純真のデジメンタル。
元デザインを上手く落とし込んで立体化されています。
 
 
国内版と異なり紋章が塗装されていますなー。また表から見た時にモールドが一部を除いて合う様になっていて見栄えが良いです。

国内版と。どちらも似たようなものですが海外版の方が綺麗かな。
葉っぱの線に関しては元デザインの公式絵では微妙にずれがあり、アニメ設定ではずれの無い線なので一概にどちらが正解とは言えない部分もあります。
 変形は他のものと同様差し替えにて行います。
肩葉アーマーを付け替え、各部を引き出し背中に手裏剣を背負わせる、という感じ。
  シュリモン。

破綻無くまとまっていて元のイメージに忠実です。シュリモンは国内外版ともに出来が良いですなー。
 中の人 
デザイン的な事もあり可動はいまいち。アーマーを外しても最低限・・・という所です。各部手裏剣は着脱可。
組み換えは簡単で遊びやすく、全体的にそつなくまとまっている玩具です。
 弾ける純真!シュリモン!!

▲TOP



□Digivolving Imperialdramon[FighterMode] Digivolve to Imperoaldramon[DragonMode]!
海外版超進化ことDigivolvingシリーズのインペリアルドラモン。
 インペリアルドラモン・ファイターモード
この玩具は要するにDXじゃない超進化インペリアルドラモン。
ギミック等は国内版とほぼ同等ですが、サイズが縮小されてDigivolvingサイズに統一されています。
 



←からDigivolving、DX、DReal。海外版インペリアルドラモンはDRealとほぼ同サイズ。
それでいてギミックもDXから受け継いでいるので、インペリアルドラモンの決定版的フィギュアと言えるかもしれません。
 勿論ポジトロンレーザーの伸縮や、
 ギガデス形態の再現も完備。
 ドラゴンモードへの変形も可能。
昔はこっちがメインスタイルで、人型の方をファイターモードと呼んでこっちは便宜上ドラゴンモードと言う事はあっても、
カード名称等には書かれなかった様な気がしましたが、近年だと普通にインペリアルドラモンドラゴンモードと振られていますね。
この玩具もパッケージにちゃんとDragonModeと書かれています。





この玩具の良い所は、軽くて小さくて遊びやすい事。スタンドで飛行ディスプレイも軽々出来ます。
国内版のDXは重量が結構あってスタンドで支えるのが結構辛かったので、手ごろなサイズなのはありがたいです。


▲TOP


□Digivolving Magnamon Digivolve to Digi-Egg of Miracles!
 つまるところ海外版の超進化マグナモン。緩衝材にポップコーン入ってて!?となった思い出。
まずはデジメンタル形態から。
奇跡のデジメンタル=デジエッグオブミラクル。
これは良くまとまっていますねー。特に上部の紋章が再現されているのが良いです。ポイント高し。
 しかし写真マジック。
1枚目の様に俯瞰の写真で紹介される事が多いので国内版よりも人気が高い海外版奇跡のデジメンタルですが、
現物は他の海外デジメンタル同様下半身が収納されないと言う微妙に中途半端な仕様・・・これで足が全部収まれば完璧だったのですが・・・。


 紋章。
 ←海外版/国内版→
海外版のスタイルに国内版の収納具合を足して割れれば良かったのに・・・。
 ちなみに変形を間違われがちですが頭部と腕は前方に折りたたみます。
確かに後方に折りたたむと上半身が正面から見えなくなるのですが、今度は足が前に出過ぎてしまうので・・・。
 ギミック。差し替え変形です。
アーマーの中に折りたたまれた本体が収まっているシンプル構造。
 更に紋章部分は2つに分割して足裏に収納。気の効いたギミックです。
 奇跡の輝き!マグナモン!!
 
 
これはスタイルも良くてカッコいいですな〜。ただ、見ての通りパーツ同士がぎちぎちに隣接しているので可動は微妙な所です。
ちなみに肩と腰のアーマー、つまりデジメンタルの外装部分は成型色、他の部分は塗装となっています。
例によってリミテッド版の金メッキverもある様ですが、そっちは人気が高いっぽいですなー。
 背中で語る漢。


 エクストリーム・ジハード!

▲TOP


□Digivolving Digmon Digivolves to Digi-Egg of Knowledge! LimitedEdition!
海外版超進化ディグモン。これはリミテッドエディション版で、一部メッキ塗装されているバージョン。

知識のデジメンタル。これはこれで何かのオブジェ的にまとまってはいますが、元の設定とはだいぶ異なる形状です。
 下半身が隠せていないのが大きいですな。
 紋章部分。
 通常版と並べて。
色の強いメッキが大変綺麗ですなー。他の部分の色味は通常版と同様です。
 差し替え変形でディグモンに。
背中から隠している腕を取り出し、各部を展開。頭部を回転させるという極めてシンプルな作りです。
 
ディグモン形態。
デジメンタル形態を捨てているだけあってこれはなかなかの再現度。カッコよろしいです。
毎度このリミテッドエディションはメッキが中途半端なのですが、変形の際に擦れる事等を考えると仕方が無い部分もあります。
 
 せなか。何の意味も無いけど翅は軸ぶっ刺しなのでひっぱると簡単に抜けます。
 鋼の英知!ディグモン!!
 ゴールドラッシュ!!


▲TOP


□Digivolving Sylphymon Gatomon and Aquilamon DNA digivolve to Sylphymon!
 海外版超進化シルフィーモンです。
これは超進化シリーズの中でも屈指のインパクトを誇る伝説の玩具であります。
まずはシルフィーモン形態。
テイルモンとアクィラモンがジョグレス進化した姿。いかにも大味な作りですがヒーロートイっぽさはあります。
シルフィーモンは国内超進化のラインナップには入らなかったので、海外限定ですね。
 


 変形の都合上、あちこち動きます。
 続いてアクィラモン形態。
 
 
 お顔は胸から展開。顔はなかなか良い感じかと。
 姿勢を変えればそれなりに似て見えます。

何にせよ、此処まではまだこれまでの超進化シリーズの範疇にある変形ギミックです。
さて、DNA‐Digivolvingシリーズはジョグレス前の2体と、ジョグレス後の完全体の3パターンを変形で再現した玩具。
と言う事はこのシルフィーモンにはもう一つ、テイルモン形態があると言う事になります・・・。
が、恐らく初見の方は一体ここからどうやってテイルモンに変形するのか想像もつかないと思われます。

そう・・・テイルモンへの変形にはまさかの余剰パーツを装着するのです・・・!
と言うか、テイルモン部分は全て余剰パーツと言っても過言では無い。
 
禁断のテイルモン形態。
テイルモン頭部に収納された耳を展開し、変形させたシルフィーモンと合体。さらに尻尾を付ければ出来上がり。
名状し難い何かになりつつありますが・・・お顔が割と再現されているお陰で・・・じわじわと可愛く見えてきます・・・後ろ脚は見無かった事にする。
 
 なんだか良く判らないお尻。
一つ言えるのは、海外で無ければこの玩具は絶対企画が通らなかったであろう・・・と言う事。
自分は結構気に入っている一品です。





▲TOP

□Digivolving Halsemon Digivolve to Digi-Egg of Love!
 要するに海外版超進化ホルスモン。  やっぱりカードが付いてきます。
愛情のデジメンタル。
 

 う〜ん。
完全に変形がおまけになってしまっていますなー。申し訳程度にあるギミックが逆に・・・その程度なら要らないだろ・・・と思えてしまいます。

元デザインに忠実な国内版と比較。下半身が仕舞えないのが痛いです。
 変形は差し替えにて行います。
 ホルスモン形態。




ギミックを犠牲にしているだけあってこちらは再現度高いです。

 羽ばたく愛情!ホルスモン!!

▲TOP


□星原玩具 DIGIMON 第二代 Gargomon 
 これは何と紹介して良いものか・・・シリーズカテゴリにも分けられないし・・・。
この間香港版Digivolving他を買うついでに購入したものです。中国のニセモノ玩具。
この星原玩具と言うのはトランスフォーマー等の変形玩具のパチモノを売っている所のようですなー。
しかしどんなものかと思って購入しましたが凄まじく汚い。全体的に埃と言うより砂を被った様で、黄砂でも浴びたのかと言うほど・・・。
古いものなので半ばゴミ扱いだったのでしょう・・・と想像。
 パケ等。
第二代と言う事でシーズン2、つまるところデジモンアドベンチャー02の玩具の様ですなー。
 ガルゴモン。
 パケ裏〜。
 
見るからに偽物なカラーリングです。この色が安いプラなんでしょうか?一部だけとんでもない色を使う理由が謎です。
一見Digivolving等のコピー商品の様ですがギミックはほぼオミットされており、サイズも縮小されているものと思われます。
ナンバーが9000台なのは他のニセモノ玩具との通し番号だからでしょうか。
 パケ右上のカプセルにはブイモンのプラモ(?)が・・・。
 付属の小冊子。家庭用コピー機で印刷した様な荒さです。
 中身はアニメのキャプ。
では肝心の中身の方を・・・。
 コレジャナイ 
この写真だけだと混乱されるでしょうが、ガルゴモン形態表/裏の写真です。
・・・もう見ての通り形状はDigivolvingのコピーですが細かいギミックは全てオミット。中身はほぼ空洞ですっからかんです。
 ラピッドモン 
02映画からの出典なので運命のデジメンタルで進化したアーマー体ver(色だけ)となります。
変形(?)は上がっている腕を入れ替えてガルゴモンの腕を見えなくするだけ・・・と言う事で最早変形トイですら無い有様。
写真の左右入れ替えただけでも通用するまさにひっくり返しただけ玩具・・・。
塗装は非常に雑で、素人がスプレーで吹き付けた様な処理です。
 本物と。
正規品と比べるとかなり縮小されているのが判ります。
 横から見ると雑さが丸判り。
これで完コピ縮小品だったらまだ面白くはあったのですが、完全に劣化コピー品なので何とも言い難し・・・。
ネタ的に購入したものなので同シリーズの他のアイテムのレビューは期待しないでください・・・。
 せっかくなので最後に02映画組を並べて。
トンデモ偽物玩具的にも残念賞な出来。こんなんレビューしてんのはうちくらいでしょう。

▲TOP

(C) 2007 ときてっと ※このサイトに使用されている画像の無断転載を禁じます。