ときてっと/日々ログ
日々の雑記から抜き出したあれこれをカテゴリ別に
レビューと言うよりは買い物日記
■■■■
戻:デジモン玩具一覧
玩具ログ:デジモン

デジモン超進化シリーズのレビューというか買い物日記。国内版、海外USA版などなど。コンプしたシリーズは別ページにまとめています。
雑記から適当に抜き出しただけなので文章の前後が妙ちくりんになっているかと思います。


□ミニモン シリーズ
ミニサイズのアクションフィギュアシリーズ、各500円。
それぞれスイッチ連動のワンギミックがあり、ラインナップも豊富。


□1.アグモン □2.ガブモン □3.パタモン
□4.メタルグレイモン □5.エンジェモン □6.トゲモン
□7.ガルダモン □8.ワーガルルモン □9.テイルモン
□10.ウォーグレイモン □11.メタルガルルモン □12.グレイモン
□13.ガルルモン □14.メラモン □15.ヌメモン
□16.バードラモン □17.カブテリモン □18.もんざえモン
□19.デビモン
□20.ブイモン □21.ホークモン □22.アルマジモン
□23.ワームモン □24.フレイドラモン □25.ホルスモン
□26.ディグモン □27.ペガスモン □28.ネフェルティモン
□29.ライドラモン □30.シュリモン □31.サブマリモン
□32.エクスブイモン □33.スティングモン □34.パイルドラモン








□ミニモン 20 ブイモン
 ブイモン 
海外オークションでパケ無しを購入したので恐らく海外アクションフィギュアシリーズ版だと思います。中身は多分国内ミニモン版と同じ。
と言う事でミニカード写真等はありませぬ・・・。
 尻尾を回すと両腕をブンブン回すというワンアクション。

▲TOP

□ミニモン 21 ホークモン
 同上 
尻尾がスイッチになっており、連動して両腕がばたつきます。
 かなり開く 

▲TOP

□ミニモン 22 アルマジモン
 同上
 パタモンローラーと同じ機構。
お腹のローラーを回転させる事で両腕がばたつくと言うワンギミック。
 

▲TOP

□ミニモン 23 ワームモン
 同上
 メインキャラにしては挑戦的なデザイン・・・。
こちらもパタモンローラーと同じ仕組み。お腹のローラーを回転させると胴体がうねります。

写真では伝わりにくいですが体のフシの部分がカタカタ可動する感じ。
一気に紹介してしまいましたがとりあえず手持ちのミニモンシリーズはこれで全てです。
残りは偶然見つけるか、気が向いた時にでも集めたいと思いますー。

▲TOP


□ミニモン 25 ホルスモン
 パケ  説明
ホークモンアーマー体。
デジメンタルで進化出来るうち、乗り物パターンの方。
 
こうして改めて見ると前足と後ろ足で爪の色が違うのは何故なのでしょうね。
超進化玩具の変形用か・・・と思ったけどホークモンの足は胴体ジョイントに使われているから違うし・・・。
何か別の変形案があったのかもしれません。
 ミニカード付き 
尻尾がスイッチとなっており、引っ張ると連動して翼が開くと言うアクションギミックあり。
 かなり広がります。 

▲TOP

□ミニモンシリーズ 30 シュリモン
 パケ  説明
ホークモンアーマー体。
デジメンタルで進化出来るうちの人型パターンの方。
 シュリモン 
なかなかの再現度です。
 ミニカード付き 
手裏剣を回すと連動で肩アーマーがぱたぱた動くと言うアクションギミックあり。
 開いた状態で保持する事も可能 
▲TOP


□ミニモン 9 テイルモン
   ミニカード付き
アドベンチャーからのラインナップなのでホーリーリング付きです。
 テイルモン 
正面からだと目線がずれていて怖いかも。
尻尾がスイッチになっており、倒すと顔と右手が連動して招き猫ポーズになります。
 実はネズミデジモン 

▲TOP

□ミニモン 28 ネフェルティモン
   ミニカード付き
テイルモンアーマー体。
アーマー超進化で唯一国内外で立体化されなかったキャラなので、そう言う意味では貴重な立体物。
 ネフェルティモン 
 背中のスイッチを倒すと顔と翼が連動して可動すると言うワンアクションギミック付き。
 人気無いけど格好良いと思いますね 

▲TOP


□ミニモン 15 ヌメモン
 レギュラーを差し置いて立体化。
 ミニカード付き 
 ヌメモン  せなか
ver1の汚物系デジモンですね。ほっとくと確実にこれになるので世界で最も育成されたデジモンな気がする・・・。
自分も愛着があります。キモカワイイって奴ですね(?
 アクションギミック 
背中のレバーを押すと目玉が飛び出るというワンアクション。かなりシンプルな構成ですがカタマリ感があって良いです。

▲TOP

□ミニモン 18 もんざえモン
 アニメではゲストキャラですが何故かラインナップ。
一応ver1の最強デジモンと言う事でのチョイスでしょうか。ミニモンシリーズはアニメシリーズとver1から摘まんで選ばれている様な気がしますね。
 ミニカード付き 
 もんざえモン  せなか・・・チャックが・・・。
 アクション 
背中のレバーを下げると両腕と口が連動して動くと言うアクション。凝ってます。

▲TOP


□ミニモン 3 パタモン
 ミニモンシリーズ 
 ミニカード付き 
 
そんなに似て無い訳じゃ無いけど目と口のバランスでそこはかとなくブサイク・・・。

お腹にローラーが付いていて転がすと耳をぱたぱたさせます。このギミックは他の4足系ミニモンにも多様されている仕組み。

▲TOP

□ミニモン 5 エンジェモン
 パケ  説明
 ミニカード付き 
 エンジェモン 
細身な分翼と合わせて他のミニモンより少し大きめサイズ。腕は手動でそれぞれ持ち上げる事が可能。
 スイングギミックあり 
背中のボタンを押すと連動して両腕が持ち上がります。

▲TOP


□ミニモン 14 メラモン
 ミニモンシリーズその14 
アニメ的にはゲストキャラなのですがメインキャラを差し置いてラインナップ。
携帯ゲームver1のキャラですね。こう言う変化球が来るのがこのシリーズの良い所です。
 ミニカード付き 
 メラモン 
火球パーツは取り外し可能。造形的には可もなく不可も無く・・・と言う所です。なかなか再現が難しいキャラだと思いますね。
 アクション 
腰のスイッチを回すと腕が持ち上がるギミック・・・との事ですが、スイッチはただの摘まみで、
実際には腰の軸の回転に合わせて腕が連動する、というアクションギミックです。

▲TOP


□ミニモンシリーズ 6 トゲモン
 
普段だとスルーされがちな女の子キャラの立体化。
と言ってもアドは食玩とか沢山あったし、トゲモンはぬいモンにもなってたから特別珍しいと言う訳でもないかもしれません。
 ミニカード 
 トゲモン 
そつなく立体化・・・と言いたい所ですが肝心の・・・肝心のトゲが無いじゃない・・・!
流石に糸の様なトゲトゲは無理でしたか。
 ギミック 
頭の髪の毛(?)をダイヤルの様に回すと両手が連動して開くワンギミック。

▲TOP


□ミニモン 16 バードラモン
 バードラモン  パケ裏
ver2に登場のお馴染みのキャラクターですな。
男の子ウケするデザインだからか、超進化も出たし無印メインの中では女の子キャラの割に優遇されていますねー。
 ミニカード付属  アニメでは飛んでる時のSEが印象的でした。
 バードラモン
翼を広げている分かなりボリューム感あります。大体他のミニモンシリーズ2体分くらいの幅。飾る時スペース喰い虫。
 背中。体毛モールドが非常に細かいですなー。
 正面。
 背中レバーを倒す事で羽ばたきギミック。
レバーと翼は手を離すと自動で開いた位置に戻る為、閉じたまま飾る事は出来ません。これもまたスペースを喰う要因。

▲TOP


□ミニモン 7 ガルダモン
 ガルダモン 
バードラモン完全体。CDのライナーノーツで漢っぽい外見を突っ込まれていた記憶が・・・。
 ミニカード付き 
 ガルダモン 
かなり格好良いです。このシリーズ、500円ミニフィギュアなのであんまり期待出来ないかと思いきや造形は結構忠実なので侮りがたし。
 背中レバーで必殺のシャドーウィング再現!
翼は手を離すと閉じた位置に戻るので飾る時も小スペース。

▲TOP



□ミニモン 4 メタルグレイモン
 パケ  裏
ミニモンシリーズのメタルグレイモン。ワンギミック入りのミニフィギュアです。
 メンコの様なミニカードが付属。 

メタルグレイモン。頭部アーマーの目枠が塗られていないのが若干目立ちますが、ディテール等は細かく格好良いです。
背中のボタンと連動してトライデントアームが持ち上がるギミック入り。
 トライデントアーム!
ナンバー4と若いからか、後発のグレイモンの様に口が開いたり、と言う様な凝ったギミックは無し。

▲TOP

□ミニモン 8 ワーガルルモン
 パケ  裏
ワーガルルモンのワンコインアクションフィギュア。
 付属のミニカード  

ワーガルルモン。
成型色が明るいのでディテールが見えづらいですが、かなり細かく掘られています。
ズボンのどくろマークプリントも綺麗。もうちょっと全体の再度を落としたらもっとイメージと近かったのですが。
 ワンギミックはアッパーモーション。
背中のノブを回すとの事ですが、特にスイッチ等がある訳で無く、実際には腰の回転と連動して腕が持ち上がると言う仕組みです。

▲TOP



□ミニモン 12 グレイモン
 初代グレイモン  
丁度箱裏が1期シリーズの全ラインナップでした。これを見てもらえれば判る通り、グレイモンはナンバー12とかなり後発。
メタルグレイモンどころかウォーグレイモンにも抜かれて終盤になっての発売だったようです。
そのくせナンバー6にトゲモンが居たりとかなり変則ラインナップ。
またメラモン・ヌメモン・もんざえモンと言う初期携帯機キャラがラインナップされるなか、ゴマモンの系譜は一切ラインナップされず、
人気がありそうなリリモンや、超進化では玩具化されたアトラーカブテリモン等も未発売。
アニメゲストキャラが発売されるのは非常に嬉しい所なのですが、メインキャラで立体化されていないキャラが居る等、
ミニモンシリーズは何だかラインナップが偏っています。
 それはそれとしてグレイモン。
設定画ではもうちょっと太っている様な印象もありますが、劇中のイメージに忠実な立体化だと思います。
塗装も綺麗です。顎したのラインも塗ってあれば完璧だったのですが・・・。
 背中にはギミックスイッチが。
 おまけのミニカード  
アグモンは1999年10月発売ですがグレイモンは年を越してからの発売だったようですなー。2000年3月発売だったようです。
ギミックは背中のスイッチ連動で口と両腕が持ち上がると言うもの。
 小さいながら良く出来ています。 

▲TOP

□ミニモン 1 アグモン
 ミニモンシリーズのアグモン 
各500円でデジモンアドベンチャー〜02の時期に展開されたシリーズ。全34種(?)
これは熱心に集めている人があまり居ないし、コレクターが居ないと言う事はオークションに出してもたいした値が付かない為出回りにくい・・・
と言う事で正直全て集めるのは投げています(それでも20種程は回収したのですが・・・)
また国内では34種ですが、海外ではアクションフィギュアシリーズとしてテイマーズ以降も同規格の玩具が出ていますし、
カラバリまであるのでラインナップが把握できず、そう言う意味でもコンプは投げています。
 このシリーズはブリスターが凝っていて、この様にデジヴァイスのイメージになっています。
 ミニカード付き。ボール紙のメンコみたいな奴ですね。 
 アグモン  おしり
このシリーズはミニサイズで集めやすい上に全てのデジモンにワンギミックが設けられているので玩具としては非常に魅力的です。
 ギミック  
アグモンのギミックは背中のレバーを押すと腕が持ち上がり、ファイティングポーズを取ると言うもの。
レバー連動軸の他腕は手動で動かす事も出来、また足の角度も付くので頭を抱える様なお座りポーズも出来ます。
造形も悪く無いですね。成長期はD-Realと並べるのも良いと思います。
▲TOP


(C) 2007 ときてっと ※このサイトに使用されている画像の無断転載を禁じます。