ときてっと/日々ログ
日々の雑記から抜き出したあれこれをカテゴリ別に
レビューと言うよりは買い物日記
■■■■
戻:デジモン玩具一覧
玩具ログ:デジモン


デジモン超進化シリーズのレビューというか買い物日記。国内版、海外USA版などなど。コンプしたシリーズは別ページにまとめています。
雑記から適当に抜き出しただけなので文章の前後が妙ちくりんになっているかと思います。


□ランディングアクション/Action-Digi-warrior
D-Realの後継的シリーズ。
最低限の可動ポイントを残しつつ、進化シーンのアクションを再現するというコンセプト。


:ランディングアクション
ランディングアクション アグニモン ランディングアクション ヴリトラモン ランディングアクション ヴォルフモン
:Action-Digi-warrior(海外版)
■Action Digi-Warrior KaiserLeomon
(海外版 カイザーレオモン)
■Action Digi-Warrior KendoGarurumon
(海外版 ガルムモン)
■Collectors set 1
AGUNIMON LOBOMON&LOWEEMON
(海外版アグニモン/ヴォルフモン/レーベモン)


■COLLECTORS SET 1 Digi-Warrior AGUNIMON LOBOMON&LOWEEMON

 パケ
海外版ランディングアクション、Action Digi-warriorシリーズのセットボックス。
このひと箱でヒューマンスピリットの闘士が全部揃います。
Drealサイズのフィギュアが3つ並んで入っているので箱は凄く巨大です。豪華。
  Digivolvingの紹介が載ってる箱サイド。
 箱裏。
こちらはセット2で、ビーストスピリットの闘士のコンプセット。
2つ合わせるとランディングアクション&Aciton Digi-warriorはフルコンプできます、しかもプレ値付いて無いので安い。今まで頑張って集めて来たのは何だったのか・・・と言う。
 国内版と並べて。
まずはアグニモンから。国内版ランディングアクションと同じ物ですが、塗装がかなり省略されています。
←AGUNIMON/アグニモン→
色数が少ないだけですが、国内版とはかなり印象が違いますなー。
 せなか。
 大きく違うポイントは付属のエフェクトパーツ。
←海外版/国内版→
国内版ではクリア仕様だったものが海外版では塗装で処理されています。

これは国内版と同じものが付いているよりは嬉しいかも・・・。

続いてヴォルフモン。こちらも国内版ランディングアクションのカラバリ・・・と言うか塗装省略verです。
←LOBOMON/ヴォルフモン→
これで武器がクリアパーツになってたりしたら嬉しかったのですが、こちらは国内版と同仕様。
 せなか。全体的にかなり色が減ってます。
 
そして個人的にはこのセットのメインとなるLOWEEMON=レーベモン。
国内版ランディングアクションでは発売されなかったキャラなので、海外限定の玩具です。
今回はセット版での紹介ですが、勿論海外では単品パッケージも発売されました。
 
文句無しに格好良く、イメージにも忠実だと思います。
 
背中にはレバーが付いており・・・
 これをツマミに腰を捻ると、右腕が持ち上がると言うギミック付き。
ミニモンのワーガルルモンみたいなギミックです。まぁ正直おまけ程度かな〜と。
 お約束ですが肩が開かないのでポーズは付け難いです。
ギミックの都合上腕関節がギア状になっている為、こちらも可動を妨げる原因となっています。何せ腰を捻ると連動してしまうので・・・無理やり動かす事は可能ですが。
また、このシリーズにしては気の効いた事に足の接続がボールジョイント・・・なのですが、ちょっと開くとすっぽ抜けちゃうと言う・・・。
 正直素立ち推奨。
 と言うかそのままでも十分格好良いです!
 闇の闘士!
 ダスクモンと。

これにてフロンティアのランディングアクションはフルコンプです〜。
まさかの半数が海外限定と言う不遇のシリーズでした・・・仕方無い気もしますが、造形は結構格好良いと思うんだけどなー。
個人的にはこのシリーズはとても気に入っています。

▲TOP


■ACTION DIGI-WARRIOR KENDOGARURUMON

要するに海外版ランディングアクション、ケンドーガルルモンことガルムモンです。ブリスター台紙は共通。
国内未発売の商品。こちらは単一パッケージ版ですが、ボックス仕様のビーストスピリット3体セットverも発売されました。
どちらかと言うとセットverの方が安いのでそっちを買った方がお得なのですが・・・今となっては海外オークションで探すしかない為色々とタイミングが合わず・・・。
まぁ他の2体は既に入手済みですしね。
 おまけのカードは何故かグランクワガーモン。毎回全然関係無いデジモンなのは何故なのだろう。
 
ケンドーガルルモン=ガルムモン
まず注意せねばならないのがこの金色のラメっぽい塗装・・・長期間ブリスターの中に居たからか、溶けだして他の所に飛び散っていました。
サウンドリアライズデュークモンの様に金色が全部ドロドロに溶けだしている、と言うほどではありませんが、この手の塗装はやはり劣化する模様。

造形は可もなく不可も無くと言った感じ。アクションフィギュアとしては可動面がいまいちですが、元々ガルムモンは四肢を動かして走る、と言うキャラでも無いのでこんなものでしょうか。
  あ、剣がずれてる・・・。
国内版ランディングアクションに相当するシリーズなので、このガルムモンにもワンギミック仕込まれています。
尻尾がスイッチとなっており、これを下に倒すと・・・・。
 ブレードが外に展開!!
ガルムモンのフィギュアは剣が外側に展開できないものばかりで、ちゃんと開くのはこのフィギュアくらいでは無いでしょうか。
重要なポイントなので再現してくれたのは嬉しいですなー。
 自動でこのくらい開きます。
 スピードスター!!
 格好良いです。
 良く似たSpiritDigivolvingと。
サイズは似た様な感じだし、可動もブレード以外は同等。違いと言えば変形する/ブレードが開く程度と言う・・・完全に食い合ってるアイテム・・・。

ランディングアクションシリーズ ビーストスピリット揃い踏み。
何と全3種中国内販売されたのは真中のヴリトラモンのみ・・・!光と闇の2体は海外版ActionDigi-Warriorシリーズのみとなっております。
 脚部ローラーも別パーツだったらもっと良かったですなー。
 ダブルスプリット・エボリューション!!

▲TOP

□ACTION DIGI-WARRIOR KaiserLeomon
 
要するに 海外版 ランディングアクション カイザーレオモン。パケ裏は国内未発売の3体です。
海外でもD-Real=Digi-Warriorの続編的位置づけで、“Action-Digi-Warrior”と銘打たれて発売されました。
カイザーレオモンは国内未発売の商品で、海外では国内版の3体他ガルムモン・レーベモン・カイザーレオモンの3体も発売されました。
また、ボックス仕様でヒューマンスピリットとビーストスピリットの3体がそれぞれセットになったパッケージも発売されたようです。
と言う事でこのシリーズはパッケージに拘らなければ比較的入手が簡単。
 付属のカード。何故かムゲンドラモン。
海外の玩具に時々付いてくるカードは何でか全然関係ないデジモンだったりするのですが、もしやランダム・・・?
 闇の闘士 カイザーレオモン。
一応、後期キャラと言う事で出荷数が少なくレア化している・・・と言う当時の情報も目にしていたので、
それにしてはやけに安価で取引されていて妙だな・・・と思いましたが実物を目にして納得。
ランディングアクション枠と言う事で可動はほぼ無し、後から追加で造形したからか全体的なシルエットも微妙な感じがします。
思えば国内発売の3体はDigivolvingシリーズに一部パーツを流用している気配があるので、それも踏まえて造形に気合が入っていたのかもしれません。
 
各部はそれなりに再現されているのですが・・・頭が大きいのでしょうか。なんだかデフォルメ体型に見えてしまいます。

 
 見ての通り可動関節が仕込まれていません。
 
ランディングアクションのワンギミック。背中のボタンを押すと頭部が前に飛び出ます。頭突きアクション?
う〜ん、これは非常に微妙な動きなので写真では伝わりにくいですなー。他のランディングアクションと比べると正直イマイチかも。

辛うじて肩の付け根がロールします。また足も若干角度を付ける事が可能。

スピリットエボリューションと並べて。

正直出来は今一つですが、D-Realサイズのカイザーレオモンと言う事で手ごろな大きさで他のと並べる事が出来るのは良いですな〜。

▲TOP

□ランディングアクション ヴォルフモン
   
光のヴォルフモン。パケ裏にはディースキャナ用のバーコード付き。
  
 
 
ヴォルフモンには武器パーツが付属。クリアパーツで無いのが少し残念です。ワンアクションは腰を捻ると右腕が持ち上がると言うギミック。

今回も進化シーンの再現アクション・・・は良いのですが、腰と腕が連動している為可動フィギュア的には少々扱いが厄介な点も。
どちらにせよ肩、腰が開かない為ポージングは難しいのですが・・・。
 造形は格好良いと思いますねー。

▲TOP

□ランディングアクション ヴリトラモン
  
ランディングアクションシリーズ国内唯一のビーストスピリット。
 炎のヴリトラモン
 
 
 格好良いです。塗装も豪華。こう言うキャラは飾る時尻尾の分で幅を取るのが地味に辛い・・・。
 アクションギミック搭載 
肩のスイッチを押すとコロナブラスターがくるっと展開するワンアクション。これにより進化シーンで印象的だった着地&ポーズを再現すると言う事ですなー。
しかしこのギミックが中に入っているお陰で腕が一体成型となり肘は固定となります。一長一短。



こちらもやはりDigivolvingにパーツが流用されていると思います。翼とかそのまんまだし。
 ダブルスピリット・エボリューション!!

▲TOP

□ランディングアクション アグニモン
 パケ  裏
フロンティア期に発売されたDRealの後継的玩具。パッケージやサイズもDRealとほぼ同仕様となっています。
 懐かしのD-LINKマーク 
ブリスターの下にはディースキャナで読み取れるバーコード付き。フロンティア期の玩具にはカード含めほぼこのバーコードが付属していました。
 炎のアグニモン。
  
 
 DRealよりも更に可動域は狭く、最低限と言った所。
ただパッケージにもある様に進化シーンのポーズ再現と言う事なので割とコンセプトははっきりしていて好感が持てます。
 このシリーズはDigivolvingにパーツを流用している様で頭部形状などがほぼ一緒です。
 
炎エフェクトが付属。手のひらの穴に差し込んでスイッチを押す事で炎エフェクトを発射する事が可能。
これが最大のウリの進化シーンの“アクション再現”ギミック。
 腕の黒い部分が発射スイッチとなります。
割と勢い良く飛んで行くので楽しいです。こう言うギミックは王道ですなー。
アクション&ワンギミックと言う事で、感じとしてはD-REAL+ミニモンの合体豪華版と言った所。 
 バーニングサラマンダー!!

▲TOP

(C) 2007 ときてっと ※このサイトに使用されている画像の無断転載を禁じます。