ときてっと/日々ログ
日々の雑記から抜き出したあれこれをカテゴリ別に
レビューと言うよりは買い物日記
■■■■
戻:デジモン玩具一覧
玩具ログ:デジモン


デジモン玩具ページ。ガチャを初め食玩やその他カテゴリのもの。


□食玩
■デジモンクロスウォーズ
フィギュアコレクション
■デジモンセイバーズ
フィギュアコレクションBURST!
:森永 デジモンマスコットシリーズ
□森永 デジモンマスコット(1) □森永 デジモンマスコット(2) □森永 デジモンマスコット(3) □森永 デジモンマスコット(4)

□ガチャポントイ
■デジモンセイバーズ エボリューションフィギュア ■ミニミニカードダス/自販機 ■サウンドアクションなりきりデジモンリスター ■アクションクロスウォーズ
■デジモンクロスウォーズ デジモンストラップ


□森永 デジモンアドベンチャー02チョコスナック デジモンマスコット(4)

 上箱のみ入手  懐かしい・・・。
デジモンマスコットの続編、02編となります。全11種+α。

ブイモン/ワームモン/ホークモン・アルマジモン。

お馴染みの?ポーズ。

せなか。

フレイドラモン/ライドラモン/エクスブイモン/パイルドラモン

大きさは3cmくらい。ぷるぷる素材です。

02編はSDっぽいアレンジがあまり無い印象。エクスブイモンとかムキムキです。

ホルスモン/ペガスモン/サブマリモン/ウォーグレイモン

+αのシークレットはブラックウォーグレイモン。カラバリなので・・・と言う事でしょうか。
台座の名前もウォーグレイモンになっています。

ブレイブシールドのモールドは埋められています・・・けど、食玩のブラックウォーグレイモンはちょっぴり紋章のモールドが残っている?事が多いです。これもそう。

02を並べて〜。
02編はこの1弾で終了・・・と言う事で究極体等の後期キャラが網羅されていないのが少し寂しいですね。

▲TOP

□森永 デジモンアドベンチャーチョコスナック デジモンマスコット(3)

森永食玩デジモンマスコットの第三弾。
デジモンアドベンチャー完結編!(と言ってもヴァンデモン編のキャラまでですが・・・

ガルダモン・アトラーカブテリモン・テイルモン・モチモン・トコモン。
仕様等は(1)、(2)を参照。

アトラーカブテリモンのお口が凶悪です。

タネモン、プカモン、ウォーグレイモン、エンジェウーモン、ヴァンデモン

究極体が登場。

ヴェノムヴァンデモンも入れて欲しかった所です。

せなか。

ウィザーモン、メタルガルルモン、リリモン、ピョコモン。

ウィザーモンが入ってるのが嬉しいですね。もっと立体化されてても良い様なキャラなのですが・・・。

おしり。

全部連結で!
えー、この弾はウィザーモンが収録されているかわりに・・・はい、足りないキャラがいますな・・・う〜ん不憫。
途中までは順当なラインナップだと思ったんですが・・・。

▲TOP

□森永 デジモンアドベンチャーチョコスナック デジモンマスコット(2)
 森永デジモンマスコットの第二弾  上箱
 下箱  こちらにお菓子が入っていました。
上箱と下箱が連結した縦長のパッケージ。
この第二弾付属のマスコットは、デジモンアドベンチャー序盤〜中盤のキャラクターです。
下箱裏面のラインナップを見れば判る様に、今回から“ひみつのデジモン”としてシークレット扱いのデジモンがいます・・・が、
上箱の窓から中に何が入っているか一目瞭然の為全然シークレットではありません・・・!良心的なのか何なのか・・・!

メタルグレイモン・ワーガルルモン・ガルルモン・バードラモン
完全体が2体収録。今回は大型デジモンが多い為か全体的にかなりデフォルメされています。
前弾グレイモン等は目がちゃんとアニメっぽかったのですが、今回からはなんだか独特な・・・何だろう・・・田舎の民芸品みたいな・・・。

一応今回は箱があるのでナンバー順に並べてみました。ナンバーはシリーズ連番で無く、弾ごとにリセットの模様。

おしり。

エンジェモン・カブテリモン・レオモン・デビモン

1クール目のボスであるデビモンも収録。台座がすごく反っています・・・。

おしり。

イッカクモン・トゲモン・エテモン・スカルグレイモン

エテモンとスカルグレイモンは“ひみつのデジモン”です。

おしり

第二弾を連結。
成熟期を完全収録して完全体に差し掛かろうか・・・と言う所。
このシリーズは順当にラインナップしてくれるうえ、敵もちゃんと網羅してくれるのが嬉しいポイントです。
また、この彩色版の他にカラバリも何種類かあったと思われるので、第一弾と第二弾を合わせると凄まじい数に・・・。

▲TOP

□森永 デジモンアドベンチャーチョコスナック デジモンマスコット (1)
  
森永から出ていたチョコスナックのおまけマスコットシリーズです。これは当時集めていた人も沢山いるのでは無いでしょうか。
上下に判れた縦長の箱に入っており、上の小さな箱にマスコットが、下の箱にはチョコスナックが入った形で販売されていました。
しかも上の箱には窓が付いていて中身が選べると言う良心的な仕様・・・!!
かと、思いきや・・・。
なんとこのマスコットシリーズには通常の彩色版の他に、暗闇で光る夜行仕様や、ゴールドver、シルバーver等など・・・とにかくバリエーションが豊富なのです!
これをコンプしている人は恐らく居ないのでは・・・?と言う様なシリーズですが、今回は第一弾の彩色版10種類を紹介します。
 アグモン・ガブモン・パタモン
こんな風にマスコットには名前入りのコレクション台座が付いており、連結させる事が可能です。
 ひっくり返すと台座裏にはジャンケンマークが!
ボードゲームのコマとして使ったりしても楽しいと思います。

なんかこのマスコット、全体的にぷにぷにした質感です。もうちょっと行くとぷるぷるしてしまうのではないかと言う柔らかさ。
 おしり。
 テントモン・ピヨモン・ゴマモン・パルモン

ラインナップが豊富なだけあってメイン成長期はここで網羅。
 せなか。
 コロモン・ツノモン・グレイモン

流石にメイン中のメインと言う事もあって成熟期のグレイモンが1対体だけラインナップされています。
 食玩系は謎ラインナップも多いですが、このシリーズは順当な感じ。
 第一弾連結。
ちなみに紹介した順番は適当です。下箱が入手出来なかった為正確な並びが判らなかった為です・・・。
上箱だけ見ると、どうもテントモンが1番っぽいのですが・・・何の順番だろうか・・・。

▲TOP

□デジモンセイバーズ フィギュアコレクション BURST!

ラムネ菓子入り食玩。

前弾の“デジモンセイバーズ フィギュアコレクション”がアニメ前半のデジモン、そしてこのBURST!ではアニメ後半のデジモンが立体化されています。

←からマッハガオガモン、ライズグレイモン、ヤタガラモン、ファルコモン。

3〜4センチのミニフィギュアですが、劇中頭身で良く再現されています。

←からミラージュガオガモン、シャイングレイモン、ロゼモン、レイヴモン。

シリーズ後半と言う事で究極体もラインナップ。

全員揃うのは嬉しい所です。
 シャインはジオグレイソード持ち。
 レイヴモンなんかは貴重な立体物。

そしてこのシリーズの目玉、BURSTの名の通りバーストモードもラインナップ。

←ミラージュガオガモン・バーストモード、シャイングレイモン・バーストモード→

エネルギー部分はクリアパーツで再現。

バーストモードはこの商品が唯一の立体物。
なかなか格好良い造形だし、なにより1弾2弾合わせるとセイバーズの味方キャラはほぼカバーできると言うのが嬉しいです。

▲TOP

□サウンドアクションなりきりデジモンリスター

一回300円のガチャポントイ。
クロスウォーズ劇中で使用された通信機・デジモンリスターのなりきり玩具です。

形状は劇中のまんまかと。ブルーフレア&トワイライト仕様は玩具オリジナルのカラーリング。しっかり電池交換も可能。
 てっきりボタンを押したらサウンドが流れるだけかと思いきや、アクションギミックが入っています。
ボタンを押すとデジメロディが再生、その後本体に衝撃を加えると音声が再生されると言うギミック。
バリエーションは3色、クロスハートのみ音声別が2バージョン存在。
1.クロスハート verA(タイキ) 「この世界を放っておけない!」/「いくぞデジクロス!!」(交互に再生)
2.クロスハート verB(シャウトモン&スターモン) 「俺はシャウトモン、良くハートに刻んでおきな!」(通常再生)/「すげーぜ、マイブラザー!」(5回に一回再生)
3.ブルーフレアver(キリハ) 「実力の差を見せていやる!」/「これで終わりだ」(交互に再生)
4.トワイライトver(ネネ) 「さぁ!戦いをはじめましょう!」/「お行きなさい!」(交互に再生)
この4種なのでとりあえず本体カラーが3色揃えば良いや・・・と思って回したのですが、2バージョンある筈のクロスハートがなかなか出ず・・・。
結局3色揃うまでにキリハ×2、ネネさん×3もダブってしまったと言う・・・。
セット買いを逃していて運良くガチャを見つけたので回したのですが、やっぱりすぐにまとめて買っておくべきですなー。

おまけでミニミニカードが付属。デジモンクロスアリーナ等で使用できるコードが付属。

クロスローダーと並べて。300円するだけあって結構大きめですね。思っていたよりも凝っていて満足。

▲TOP

□デジモンクロスウォーズ アクションクロスウォーズ

1回200円のガチャフィギュア。サイズは4〜5センチくらい、割と大きいですね。

全5種。←からダークナイトモン、シャウトモンX3、シャウトモン、グレイモン、メタルグレイモン。
かなり出来が良いです。デフォルメフィギュアが好きな人にはたまらん一品では無いでしょうか。

みんな可愛らしくアレンジされていますなー。

また、“アクションクロスウォーズ”と言う事で手足頭の付根がロールします。

これは可愛らしい・・・存外に楽しめます。
 
おまけでミニミニカードが付属。表は公式絵、裏は例によってコードですね。フィギュアのラインナップはX3ですが、カードはX4のものです。
これは可愛らしくて出来も良いし、結構オススメですなー。

▲TOP

□デジモンクロスウォーズ デジモンストラップ

200円のガチャストラップ。全6種。デジモンフィギュア+軍団プレートと言う構成で、プレート裏にはコードがあってクロスアリーナ等で使用可能です。
←からドルルモン/シャウトモン/バリスタモン

コード側。

グレイモン/シャウトモンX3/モニタモン。
X3はプレートだとX4となっていますが、このコードで召喚できるのがX4で、フィギュアはX3であると修正アナウンスされました。

裏。
 プレート表には軍団マークが。

▲TOP

□デジモンクロスウォーズ フィギュアコレクション
 いつものガムがついて200円。
セイバーズの頃も同名食玩が出ていましたが50円値上がりしてますね。
クロスアリーナと連動と言う事でパッケージを開けるとARコードが印刷されています。
 
ラインナップはクロスハートとブルーフレアから7種類。


1,シャウトモン、2,バリスタモン、3.ドルルモン。
小さいながら割と劇中イメージに沿った造形。特にシャウトモンはクロスローダーのCMに出てくるCGに印象が近い気がしますなー。

7.シャウトモン×3、4.キュートモン。
武器が無いので×3としてのラインナップ。キュートモンは立体物がこれくらいしか無いので嬉しいところ。
丁度サイズ的にもクロスフィギュアと並べられる大きさです。
 5.グレイモン、6,メイルバードラモン。
 メイルバードラモンがやたらデカイ。
小さいながら割と良く出来ていると思います。格好良い!
このうねりがたまんないっすね・・・。
 並べて

▲TOP


□ミニミニカードダス デジタルモンスターカードゲーム
 これは流石にもう手に入らなそう。 
カードダスの筺体をミニミニサイズで再現したガチャポントイです。
詳細は出てこないだろうなぁ・・・と思ったらバンダイのサイトに載っていた(!
侮りがたし・・・100円ガチャだったみたいです。
最近はガチャポンも高くなってきたし、今は100円で出せないでしょうなー。

勿論カードもミニミニ再現。
確かミニミニカードダスのシート(自分で切り出す)が基本ラインナップで、カードダス筺体がアタリ扱いだった様な気がします。
 凄く・・・やっつけ仕事です・・・。
 中身はこんな感じでセットします。
表のハンドルを捻ると連動して内部のベルトが可動し、カードが排出口から出てくると言う仕組み。
小さいのになかなか良く出来ておる!
 
めっちゃ小さいです。

▲TOP

□デジモンセイバーズ エボリューションフィギュア
 2006年11月に発売された200円ガチャフィギュア。
デジモンの進化シーンをクリアパーツ塗装で再現したフィギュアなんですが、ご覧の通りやたらと格好良い。
何だかんだ言ってセイバーズは玩具のクオリティ高いです・・・。
 シャイングレイモン&ミラージュガオガモン。主役2種はアタリです。 
 これで200円は安過ぎでしょう・・・。400円くらいしそう。もっとか。
 そしてハズレの皆さん・・・。
ロゼモン/ジオグレイモン/ヤタガラモン アタリと比べるとパーツ数少なくてちっちゃいのですなー。
 とは言えそこそこ格好良いかと思います。
あとガワッパモン(!)もラインナップされているのですが、何故か見つからず・・・てっきり自分コンプしている物だと思ったけど、思い違いか。
多分ガワッパモンなら良いか・・・と思ってスルーしちゃったんでしょう。貴重なマイナーキャラ立体化を・・・当時の自分バカバカっ! orz
台座はアタリ2種はデジヴァイスバースト。それ以外はデジヴァイスic型。裏面にはD-αコードが付いています。 
これはゲーセンのバトルターミナルで読みこんで遊べるもので、セイバーズの玩具やカードには大体印刷されていました。
そう言えばバトルターミナルって国内では2008年で終了しましたが、中国ではまだ稼働しているそうですね。youtubeにも動画がありました。
セイバーズが海外で放送された時期を考えると、別に不思議でも無いのですが、日本では結構ブランクあった様に思うので不思議な感じです。
すると、クロスウォーズとデジカ大戦の制作時期も納得が行きますね。
バトルターミナルと連動する海外の携帯機、デジモンNEOが2010年発売で、クロウォが国内放送終了後に海外で放送されると考えると、
向こうではそんなにブランク無く新しいコンテンツが展開される訳ですし・・・仮にクロウォが海外放送したら、の話ではありますが。

ところで、何で急にそんな事を思い付いたかと言うと、最近香港のデジモン玩具を取り寄せようと思って色々調べていたのですなー。
毎週1〜2個ずつくらいデジモン玩具を紹介し続けてもうかなり経つんですが、ごっそり取り寄せたのでまだしばらく続きそうです・・・。

▲TOP

(C) 2007 ときてっと ※このサイトに使用されている画像の無断転載を禁じます。