ときてっと/日々ログ
■■■■
人形ログ:ドール等
雑記から適当に抜き出しただけなので文章の前後が妙ちくりんになっているかと思います。


□Bluefairy Tiny Fairy Special Jasmine(タイニーフェアリー ジャスミン)


□針金関節強化

←new/old→
▼7月/▼6月/▼5月/▼4月/▼3月


▼7月
 



 
ウィッグを直したい時、ひと房ずつ挟んでおくのにクリップが欲しかったのです。












▲TOP

▼6月
 
  
 
 
 
                 

          

              
▲TOP



  
      

             

                 

▲TOP


□お人形さん・強化改造編
 ででーん。
こう言うお人形さんの中身ってどうなってるか知ってます?
詳しく無い人は意外に思うかもしれませんが、何と各部位がゴムで繋がってるだけ!
勿論、中にはフレームが入っていて自在に可動するドールもあるのですが、タイニーフェアリーはゴムのテンションが全て。
なので例えば腕を上げようとしても手を話すとゴムに引っ張られてシャコっと戻ってしまいますし、複雑なポーズ等決まる訳が無い・・・。
そこで、最もポピュラーなカスタム方法として、内部に針金を引いて関節を強化する方法があります。
今日はそれに挑戦・・・。
用意したものは“頑固自在”の2.6mm。
“自由自在”と言う針金を使うのが定石らしいのですが、見つからなかったのでこっちにしました。パケもカッコいいし。
“頑固自在”の方が良いとするサイトもあったのでまぁ好みでしょうか。
色は乳白。関節の隙間から見えちゃうので出来れば蛍光カラーとかは止めておく方が無難っぽいですなー。
パケ裏見ると“色彩へのこだわり、特殊技術による格調高い日本初のマット仕上げ”とか書いてあってやたら厳かな針金であるなぁ・・・。
  
L字に曲げて良い感じの長さに調節した針金を左右用意。
本来は分解して仕込んでいくのですが、何か怖かったのでお腹を持ち上げてそこから手足に差し込んでいく事にしました。
 こんなかんじで。
結構力はいるけどなんとか入りました。中で捻じれ無い様に綺麗に引くのが若干難しいかもしれない。
これでカスタム終了。何と言うお手軽改造・・・。
 た・・・立った! らくらく自立! 
姿勢等綺麗に保持出来る様になりました。これは素晴らしい・・・。
 
今まではゴムに引っ張られて戻っていた腕も持ち上げた状態で固定出来るように!

 スタンドを使えばこんなアホの子ポーズも自在である。
 帽子も持てるし!  かわええ・・・。
 スカート持ち上げてもこの通り 
うむ。お手軽かつ効果抜群の小カスタムであった・・・これはするのとしないのとでは大違いですなぁ。
やっぱりポーズが付くと活き活きしますね。
 最後に大きく一枚。かわかわ。

▲TOP


 
 
▲TOP


  

▲TOP

□Bluefairy Tiny Fairy Special Jasmine
 箱可愛いですなー。
ずっと興味ありつつも、どうも敷居が高く感じられ、なかなか踏ん切りが付かずにいたのですが、
この度遂に購入・・・いや、お迎えしてしまいました。
タイニーフェアリーのジャスミンです。
正直比較的サポート等が受けやすい(と思われる)ボークスから入る方が無難では・・・等とも思ったのですが、
どうも直ぐに購入出来そうなもので好みのタイプが居なかったので思い切って前から気になっていたTFをお迎え。

これはキャストドールと言う類のものであります。その名の通りレジンキャスト製のドール。
製造方法的にやはりパーティングラインが目立つなぁ、と言う印象もありますね。気になる人は頑張って消したりするんだろうなぁー。
 スタンドはこちらを用意しました。
SELEN'Sという所のMSD用サドルタイプアクリルベース。
最初はアマゾンで安いの買おうと思ってたんですが、あんまり良いのが無かったので・・・。
やっぱりうるさく無い透明スタンドの方が良いと思うんですけど、案外無いものですね。木製の奴が主流なのかな?
5000円と高価なので迷いましたが、なかなか作りもしっかりしていて余分なスペースも取らないし使いやすいので満足。

  








▲TOP

(C) 2007 ときてっと ※このサイトに使用されている画像の無断転載を禁じます。