ときてっと/モンコレ 食玩・セット
■■■■
←TOY
:モンスターコレクション

:ポケットモンスターソード・シールド

■他のサイズはこちら
■食玩・セット
:BOX1
モンコレボックスVol.1 モンコレ
ポケデルゼBIG
ダイマックスピカチュウ
( ダイマックスボール )
 


■ポケットモンスター モンコレ ポケデルゼBIG ダイマックスピカチュウ ( ダイマックスボール )

2020年2月15日発売 / ¥3,850(税込
ポケデルゼBIGがダイマックス仕様となって登場!

パケ裏〜。
前シリーズより一部新仕様となって再登場の新ポケデルゼ。

パケ台紙にはタイプタグシートがついているので忘れず切り取りましょう。

まずは付属のモンコレダイマックスピカチュウ。

モンコレダイマックスピカチュウ
ML仕様で登場の巨大ピカチュウモンコレです。

ただ大きいだけじゃない・・・!
ダイマックスピカチュウという事で頭の雲もばっちり再現されています。

物凄い存在感・・・。

造形も良い感じ。
ほっぺのぷにライン・・・でかくなってもたまらぬ・・・。

雲はクリアパーツぶっさしです。
この辺をきっちり再現してくるあたり抜かりなしと言った感じ。

トップ。

ボトム。

初見無くても良いんじゃないの?
と思った雲だけど実物かなりそれっぽく作られており気に入りました。

MSピカチュウと並べるとこのサイズ感・・・約11cmくらい。
アニメ登場のキョダイマックスピカチュウも(立体化難しそうだけど)モンコレ化期待です。

こちらはポケデルゼBIGダイマックスボール

ダイマックスの際にモンスターボールが変形巨大化するあの巨大ボールが初の商品化!

流石に格子状のエネルギー体は省略されていますが
発光状態をラメ入り赤クリア成型色で表現しておりなかなかそれっぽい感じ。

ラメラメ。

美しい・・・。

通常ポケデルゼBIGと同様、衝撃を受けて展開状態に自動変形。
小ポケデルゼと異なりボタン等は無く、スプリングで弾けるシンプルな作りです。

バトルポイントはシールを自由に貼る仕様。
一見コスト減に思えますが印刷だと外から透けて見えてしまい見栄えが悪くなるので、
単純にダイマックスボールの再現玩具が欲しい人はシールを貼らなくても良い嬉しい仕様。

剣楯ポケデルゼからの新仕様。
タイプタグでポイントをプラス出来ます。
パケ台紙に印刷してあるシートを切り取って組み込む事でタイプチェンジも可能。

サンムーンポケデルゼBIGと並べて〜。
新たにタイプタグ装着ギミックが追加されました。
新シリーズからの新規金型部分なのでマスターボールにタイプタグを装着する事は出来ません。

でかい・・・。

通常ポケデルゼと並べて〜。
衝撃のビッグサイズ・約14cm。

セット内容。
この存在感よ・・・実物は思ったよりも大きいです。

ずぅぅぅぅん・・・!

ぴかぁちゅぅううう・・・。

ダイサンダー!!

VSマックスレイドバトル!
ダイマックスピカチュウを撃破せよ!!

ずどーん!
捕獲チャンス!!

ダイマックスVSダイマックス!
これがガラル地方のバトルなのか・・・!?

似たような大きさのピカ並べて〜。
←ねんどろいど・ポケデルゼ・ハロピカ→

ピカチュウが怒ってる!

ダイマックスボールでピカチュウを捕獲せよ!

ずーん!

ポケデルゼBIG・ダイマックスピカチュウでした。
とにかくその大きさ・インパクト大!
初のダイマックスモンコレという事でこれまでにない存在感を放つ一品。
剣楯シリーズの注目アイテムです!


■TOPへ

□モンコレボックスVol.1

2019年12月9日発売。
一個400円(\380 税抜)の食玩トイ。
1BOX10個入り。

玩具版モンコレと同時展開で登場した食玩版モンコレ!
パケは中身の選べるオープン仕様です。

1.ピカチュウ

ウィンク顔が可愛いピカチュウ。
本商品に収録されているモンコレは全て新規造形となっています。

このぷにほっぺラインを見よ・・・!!!(かわいい
仕様・クオリティ共に玩具版と遜色ない出来です。

トップ・ボトム。

玩具版モンコレピカチュウ(コピー)と並べて〜。
またしても一回り大きくなっています。

2.サルノリ

ガラル御三家が一気にラインナップ。
スタンダードポーズの玩具版に対して、こちらの食玩版は動きのあるポージングです。

笑顔が可愛い〜。

トップ・ボトム。

玩具版と並べて〜。
食玩版は鼻の穴が塗られていません(モールドはあり
玩具版の方がやや値段が高めという事もあって少し仕様が豪華。

3.ヒバニー

アニメ主役級のヒバニー。
こちらも動きのあるウィンクポーズ。

かなり可愛いのでは・・・!?

トップ・ボトム。

塗装などもとても綺麗ですね〜。
首がロールする玩具版と違いこちらは固定ポーズです。

4.メッソン

おててを広げたポーズのメッソン。

かわいいぞ〜(おいしそう

トップ。

ボトム。

玩具版と並べるとやはり鼻の穴が塗られていませんがそのぶん癖のないビジュアルになっている感。
あと一つ気になったのが、玩具版では省略された瞳のモールド(原形にはあった)が食玩版では掘られている点。
この辺の仕様違いは何か理由があるんでしょうかね・・・不思議です。

5.カジリガメ

こちらは初のモンコレ化となるガラル新ポケモンのカジリガメ。

首をめいっぱい伸ばしたポーズでの立体化。

こちらは初集録という事で気合が入っているのか鼻(?)の穴も塗られています。

足をあげているのが可愛いポイント。

トップ。

ボトム。
食玩で初登場ですが通常モンコレと遜色ないクオリティです。

食玩なのでそれぞれにガム一粒が付属します。

食玩モンコレ第一弾・集合!

食玩新展開となったモンコレボックスですが、本家玩具版と遜色ない出来!
特に第一弾はピカチュウを除く全てがガラル新ポケモン、動きのあるポージングでみんな可愛いのも満足度高し!
今後の展開が楽しみなシリーズです。


■TOPへ



















(C) 2019〜 ときてっと ※このサイトに使用されている画像の無断転載を禁じます。