ときてっと/日々ログ

■■■■
←戻
玩具ログ:ポケモン





 
ポケモンテラリウムコレクション サトシのモクロー大好きコレクション
 


■サトシのモクロー大好きコレクション

2017年8月発売。
全四種全てがモクローと言うバンダイの200円ガチャ。

全部モクローです。
ポーズと表情はアニメのシーンを再現したもの。

ミニブック。

アニメでは大人気のモクロー。
こういう商品はフットワーク軽くて良いですね。

きらきらモクロー。
羽根を広げて目を輝かせたポーズ。
邪魔なのでキーチェーンは外しています。

造形はとても良いかと〜。
塗装や仕上げは200円なので十分なクオリティ。

おとぼけモクロー。
キャラを知らないとやや怖い印象も。
最近はガチャも300円が普通だったりするから200円だと安く感じますね〜。
昔は100円が基本で200円だと豪華だったんだけどな〜。

このおとぼけモクローだけなぜか体を貫通する大穴が空いています。
謎です。
しばらく考えて誤飲対策の穴かなと思い当たりました。
たしかにこのモクローだけすっぽりハマっちゃいそうな形をしております。

どやがおモクロー。
えっへん、という顔がたいへん可愛らしいです。

そして個人的に目玉のすっぽりモクロー!
色数も多く4種の中では一番のアタリでしょう。

サトシのリュックにすっぽりはまったモクローです。

ちゃんとモンボマークもプリントされております。

メーカー違うけどモンコレと並べても良し。

表情豊かなので色々組み合わせて遊ぶ時に便利です。

普段ガチャは割とスルーするのですが、今回はコンプ買いしてしまいました。
その理由こそがこれ!
すっぽりモクローのリュックがモンコレサトシと丁度良いサイズなのです!!

背負わせてみたり。
モンコレには付属しなかったリュックですが思わぬところで立体化されました。

他のモクローもモンコレサトシと組み合わせると楽しさ倍増。

アニメのイメージを再現出来ます。

この顔怖い。

サトシのモクロー大好きコレクションでした。
表情豊かなモクローのみのラインナップ。
ファンにはたまらない一品では無いでしょうか。
個人的にはモンコレ用小物としてリュックが立体化されたのが一番嬉しいポイントでしたー。


■TOPへ

■ポケットモンスター テラリウムコレクション


リーメントから発売の食玩「ポケットモンスター テラリウムコレクション」
2017年8月14日発売 / 1個750円(税抜

大人なのでオトナ買いしました。
BOX買いだと約5000円と食玩としてはやや高め。
1BOXで全て揃うので安心です。

BOXサイド〜。

ラインナップが書かれています。

ポケモン達の生き生きとした姿を再現したテラリウムが新登場!

パッケージがたいへん可愛らしいです!
ピカテラリウムの周りの装飾は箔押しで綺麗。
このまま飾りたくなります。

パケサイド〜。

パケ裏。

パケトップ。
リーメントはリラックマのテラリウム食玩なども出しているので今回はそれのポケモン版ですね。
モンボモチーフが上手くハマっていると思います。
モンボテラリウムは二次創作などでも人気のモチーフなので良い所に目を付けたな〜と。

中身はこんな感じ。
フィギュアはぷちぷちに包まれてすぽんと箱に入っています。
写真撮り忘れたけど一応食玩なので申し訳程度にガムが一粒付いています。

二つ折りのラインナップ。
細かい所までデザインが凝っておりまする。

全種共通のモンボテラリウム。
クリア成型のカプセルです。

では中身を〜。
こちらは「1.ピカチュウ」。

切り株のある草原を丸く切り抜いたイメージ。
土の下には岩が隠れています。

ピカチュウ。
ポケモン達はみんな原作イメージに忠実と言うよりはちょい癖が入っているかも。
もっとも原作イメージに忠実なフィギュアは沢山あるので個人的にはむしろアリです。

環境+ポケモンをカプセルに入れたら完成です。

ピカチュウのテラリウム。

環境、ポケモン共に固定するピン等は無いので自由に置く事が出来ます。

自然の中のポケモンのイメージ。

草・土・岩の層が見えます。
ポケモンより環境の方を見ちゃう・・・。

続いて「2.ラプラス」

こちらは水もカプセル状になっており、中にもう一つ小袋が封入。

一部組み立てが必要です。

ラプラスのフィギュア。

水、水底、ラプラスをカプセルに入れて完成します。

深い海を泳ぐイメージでしょうか〜。

クリアパーツでぼんやり見える水中。

水面が非常に良く出来ておりゆらゆら揺れる波が見えるようです。

雰囲気出てるかと〜。

続いて「3.カビゴン」

こちらも背景を組み立てる必要があります。

カビゴン。
背中はアーチ状に窪んでおります。

やっぱり橋を塞ぐカビゴン。

背景がとても良いですね〜。

みずポケモンが住んでいそうな橋の下。
このシリーズは水中の表現が綺麗で見ていてわくわくしますね。

かなりのボリューム。

ぱんぱんです。

続いて「4.フシギダネ」

花を地面にさして完成。
こちらも草原でしょうか〜。

ピカチュウと似た地層。

フシギダネ。
見本よりややツタが内向きなので温めて直した方が良いかな〜と思いつつそのまま撮りました。

花は固定されておらずツタに差すだけなので好みで入れ替える事が出来ます。

フシギダネのテラリウム。

花を摘んで遊ぶ姿。

地面の表現。

かわいいですね〜。

こちらは「5.ハクリュー」

背景はシンプルに一パーツですがグラデーション塗装が綺麗です。

ハクリュー。
結構珍しいポーズの立体化かも?

尻尾。

波の中でぽかーんとしてるハクリューです。

動きのある背景。

これはシリーズ内でも人気が出そう。

水の表現が綺麗ですね〜。

最後は「6.イーブイ」

どこかの街をイメージした背景です。
花壇の花のみ組み立てが必要。
花壇は固定されず自由に置く事が出来ます。

そしてなななんと!
地面の下にはディグダが穴を掘っています!!
これは面白いですね〜。
気付いた時「箱買いして良かった〜」と大満足。

イーブイ。

イーブイのテラリウム。

テラリウムと言うかヴィネット。

階段を上ったりしても良し。

おしり。

6種並べて〜。

情報量が多くて見ているだけで楽しいフィギュアシリーズです。

ポケモン達は固定されないのでお互いの環境に遊びに行っても良し!
他シリーズのフィギュアと組み合わせると可能性無限大。

上から〜。

並べて〜。

ポケモンテラリウムコレクションでした。
食玩としてはやや高めの値段設定ですが内容はとても充実しており超おすすめ。
箱買い推奨です!
これは結構話題になっていたので沢山売れたら第二弾があるかもしれませんね〜。
個人的にはゲームやアニメをモチーフにした環境が欲しいかな〜と。
アルトマーレのラティとか・・・鉱国のディアンシーとか・・・。



■TOPへ

(C) 2007 ときてっと ※このサイトに使用されている画像の無断転載を禁じます。