ときてっと/ポケモングッズレビュー

■■■■
←戻
玩具ログ:ポケモン




 
ポケモンボールチェーンマスコット
ガラル地方編
ポケモン
ぎらぎら☆サンシャイン
ポケモン
ゆきあそびだいさくせん!
ポケ盛
第1弾
 


■ポケ盛・第1弾

2019年12月19日より、全国の吉野家でコラボ商品「ポケ盛」が発売!
牛丼(小)・ジュース・フィギュア1体つきの「ポケ盛牛ドンセット」 498円(+税
ミニ牛丼・ジュース・フィギュア1体つきの「ポケ盛キッズ牛ドンセット」 448円(+税
ミニカレー・ジュース・フィギュア1体つきの「ポケ盛キッズカレーセット」 448円(+税
などのメニューが提供され、ランダムで特製フィギュア一体が付属するほか、
レシートを撮影して応募するとモンボデザインのポケ盛専用ドンぶりが抽選でプレゼントされます。

フィギュアはブラインドパッケージのランダム配布。
製造はクラフトコネクトと言うノベルティグッズ制作会社が担当している様です。

リザードン
ラインナップは名前に「ドン」のついたポケモンから6体が選ばれています。

言わずと知れた人気ポケモン。
振り向き背中が正面っぽい動きのある構図で格好良い。

パッケージが銀袋なので潰れ防止の為か翼が畳まれた状態。

トップ。

ボトム。
全てのフィギュアに「吉野家」ロゴが刻まれています。
いかにもキャンペーン品らしくて嬉しい仕様。

グラードン

どれもなかなかよく出来ており造形や色分けなど元イメージに忠実。
艶消し仕様でサイズなどもジェネリックモンコレ感あり。

違いと言えばモンコレよりやや硬質な手触りかな。

ぐるっと〜。

おしり。

こちらも人気の伝説ポケモン。

トップ。

吉野家。

ドン

まぬけかわいいヤドンもラインナップ!

こちらのポケ盛ですが予想を上回る人気で発売から一週間でフィギュア完売となりました。
初報では2020年秋の第四弾まで「ドン」のつくポケモン達が続々ラインナップされる予定でしたが、
好評からの発売休止、再販の目途が立たないまま新型コロナの影響が出始め
2020年6月現在第1弾の再販版がテイクアウト限定でようやく再開となった状況です。

予定では第二弾に「サイドン・シビルドン・ドンメル・カバルドン・ドサイドン・ドンファン・ドンカラス」
第三弾ではソード・シールド登場のポケモン達が、第四弾は「大注目のポケモン」がラインナップされる事がアナウンスされていました。

トップ。

吉野家。

ウツドン

ドンしばり・・・という事で普段フィギュア化されない様なポケモン達が多数ラインナップされています。

意図したものかはさておきひっかけて飾れるポージング。

一応自立も可。

吉野家。

トップ。
キャンペーン開始直後はファンが大挙して押しかけた為かグッズが混ざらないまま配布され、
複数注文して全部同ポケモンばかり・・・なんて悲劇が各地で起こった様です。

ボトム。
値段はかなり安いもののメインが牛丼、かつ混ざってないと高確率でダブるランダム配布という事で自力コンプはかなり困難。
自分はなんとなく牛丼屋に入るのが億劫でフィギュアだけちまちまとネットで買い集めてしまいました。
一回くらいは店舗のポケ盛ドンぶりで食べてみるべきだったかも・・・。

トリトドン(にしのうみ)

ぽわぐちょちゃん。

ぽけーっとしたお顔がかわいい。
しかし牛丼にジュースとフィギュアがついて500円って安すぎんか!?

トップ・ボトム。
吉野家。

トリトドン(ひがしのうみ)

これらも珍しいラインナップ。

両カラーともモンコレ化していない様なのでもしやかなり珍しい選出・・・?

トップ・ボトム。
吉野家。

カラー他造形も異なります。
左右反転ポーズなので並べて飾ると可愛さダイマックス!

ぽわーぐちょぐちょぐちょ。
気に入りました。

ポケ盛第一弾。
単体で出たらスルーしそうだけどキャンペーン限定フィギュアと言われると欲しくなる・・・絶妙なラインナップ。
このキャンペーンを企画した者・・・できる!

一時休止されていたポケ盛ですが5月14日より販売再開。
11時より20時まで、テイクアウトのみ、毎日数量限定販売、おひとり様三食までと制限付き。
期間は6月15日まで。
付属フィギュアは第一弾ラインナップに加えて"ドンはついてないけど"ピカチュウが追加されています。

丸顔のポケセンピカチュウ体系。
照れたお顔が可愛いですね。

トップ・ボトム。

ポケ盛第1弾・集合!
フィギュアのクオリティもなかなか高くモンコレなどと混ぜて遊べるサイズ感も良し。
特筆すべきはちょっと珍しいラインナップ。
まぬけ可愛いポケモンが多めで個人的にたいへん好み。
是非とも予定されていた第2弾以降も継続して欲しいところですね〜。
お腹にどっしり溜まる牛丼のおまけ、ランダム配布で販売制限ありと
自力コンプは難しめなのでトレードやネット購入などを駆使して地道に集める必要あり。
それにしても最近いろんな企業がポケモンとコラボして大人気な印象です。
可愛さは正義!
恐るべしポケモンコンテンツ・・・。


■TOPへ

■ポケモン ゆきあそびだいさくせん!

2020年1月発売。

タカラトミーアーツより発売の、一回200円のガチャポントイ。
冬にフォーカスした季節シリーズで、ラインナップはガラル御三家中心に全5種。

ピカチュウ 雪遊び大作戦!

めちゃくちゃかわいくないですか????

このぷにほっぺラインが人類を狂わせる・・・。

ぷにぷに。

ポケモン+雪玉、彩色も綺麗で驚きの価格200円!

ヒバニー 雪遊び大作戦!

ガラル御三家が全てラインナップされています。

さてはこのシリーズ外れ無しだな?

トップ。

めちゃかわ造形ですぞ。

サルノリ 雪遊び大作戦!

ニッコリ笑顔。

スティック装備でご機嫌なシーン。

トップ。

メッソン 雪遊び大作戦!

雪玉にボリューム感あり。

おしり。

おいしそうなカラー。

こっそり。

トップ。

ちら?

クマシュン 雪遊び大作戦!

大体メジャー所中心に一つマイナーよりが入っている事が多いですね。

お座りポーズがかわいい。

トップ・ボトム。

ゆきあそびだいさくせん!!
外れ無しラインナップ!5回回しても1000円と言うお手頃感!

モンコレより一回り小さめですがヒバニーなんかは同スケールと見れなくもないサイズ感。

季節のポケモンガチャ集合!
タカトミ200円ガチャシリーズ侮る事なかれ、満足感大でおすすめです。


■TOPへ

■ポケモンぎらぎら☆サンシャイン


2019年8月発売 / 一回200円

タカラトミーアーツより発売のガチャフィギュアシリーズ。
驚きの価格200円!

ピカチュウ。

サンムーンらしく夏!と言う感じのテーマ。

浮き輪がクリア成型&光沢仕上げで良い感じ。

接着されてるけどもしかしたら首もうちょっと奥まで嵌るのかも。

トップ・ボトム。
かわいいです。

ヤドン。

こちらもビーチボールがクリア成型色。

まぬけかわいい〜!

トップ。

アシマリ。

同じくボールがクリア。

お腹から尻尾にかけてのラインがセクシー。

ぐるっと。

大人気モクローもラインナップ。

緑の浮き輪にすっぽりはまっておねんね。

う゛〜む。
かわいい。

ビーチテーマなので御三家で唯一ニャビーがラインナップされていないのが面白いポイント。

ナマコブシ。

こちらはモンコレ化されていないので珍しいラインナップ。

かわゆし。

ナマコブシ!(ぱしゃっ

モンコレと並べて〜。
約4.5cmサイズで小物入れて同じくらいですね。

集合!ぎらぎらサンシャイン!
タカトミアーツからは定期的に出るポケモン200円ガチャシリーズ。
造形がとにかく可愛らしく、塗装などもそこそこ良し。
更に小物まで凝っていて満足価格の200円は驚きです。
また季節ものだったりシチュエーションだったり、テーマがはっきりしていて集めて面白いのもポイント。
メジャーポケモンにひとつふたつマイナーよりが混じってるラインナップも嬉しいですね。
ぎらぎらサンシャインはアローラの夏って感じではまりテーマでした。


■TOPへ

■ポケモンボールチェーンマスコット ガラル地方編

2020年1月27日発売
タカトミアーツの400円食玩。
BOX10個入り / ¥4,180(税込

中身の選べるオープンパケ親切仕様。

タイトル通りボールチェーン付きのマスコットフィギュア。
撮影ではチェーンを外しています。

それでは中身〜。
こちらはザシアン。

各フィギュア大きさは4〜5cmサイズ。

ザシアンザマゼンタはとにかくディテールが細かいのでかなり密度感あります。

パケ内は袋入り簡易梱包なので開封時は剣が曲がっている状態ですが、
ドライヤーなどで温める事で簡単に修正可能です。

おしり。

小サイズながらほぼ設定通り綺麗に塗り分け。

剣の鍔の一部とマフラーの裏側のみ塗装省略されていますがモールドはあり。
とは言え極小部分なので気にならず。

トップ。

ボトム。
にくきゅうもばっちりプリント。

続いてザマゼンタ。

こちらも綺麗に色分けされています。

伝説のイヌヌワン。

おしり。

逆サイド。

楯や兜の模様などもばっちり再現。

トップ。

ボトム。

ウールー。
400円食玩という事で結構ボリューミーでごろっと固まり感あり。

初フィギュア化。
元イメージにかなり忠実な立体物です。

もこもこからのぞく尻尾がかわゆい。

もふもふみ。

トップ。

ボトム。

ヒメンカ。

こちらも初立体化。
思ったよりも大きいぞ!?
と言うサイズ感です。

塗装などとても綺麗で文句無しの決定版クオリティ。

スタンダードなポーズ。
意外な事に自立可能。

トップ。

ボトム。

こちらも元イメージにかなり忠実な造形です。

ラストはワタシラガ。

こちらも初ラインナップ。

元イメージに忠実な造形。
全体の印象はゲームCGに似ていますが目のハイライトはイラスト準拠など、いい感じに立体に落とし込まれています。

トップ・ボトム。
頭のつぶつぶも綺麗に色分けされています。

かなりずっしりしています。
頭が重くて自立しないのでフィギュアとして飾る場合は汎用クリップなどでスタンドを作ると良し。

おいしいガムがついてるよ。

ラインナップ並べて〜。
剣楯看板の伝説ポケモン&初フィギュア化となる序盤の野生ポケモン収録で外れ無しラインナップ!

そしてなんと・・・本商品、ほぼジェネリックモンコレ仕様で完全にモンコレ補完フィギュアとなっているのです!

モンコレと並べても違和感なし!
頭の金具もねじねじすれば簡単に取り外し可能です。

ザシアン&ザマゼンタ並べて〜。

MLモンコレと並べると丁度MSサイズ。
ほぼ完全縮小版となっています。

かなりの小サイズながら忠実に縮小再現。

こちらも比較するとMSサイズの完全縮小版。

通常ポケモンならダイマックスごっこが出来た所ですが
残念ながらザシザマはダイマックスできないダイマックスキラーポケモンなのであった。

この完全縮小っぷりがマニア心をくすぐる一品。

ヒメンカ・ワタシラガは二体で進化形を網羅。
今の所新モンコレは各地方のメイン級、アニメレギュラー、キョダイマックスもちポケモンが中心にラインナップされているので、
本食玩のラインナップと仕様は完全にモンコレ補完を意図したものに思えますね〜。

モンコレモンボに入れて。

じわじわと充実してきたガラルポケモン!
食玩モンコレボックスと合わせてどんどん仲間を増やしていってほしい所です。

おまけの摘んだ食玩シリーズ。
こちらはバンダイの500円食玩「SHODO ポケモン」

パケ内が説明書。

2.ミュウ

他のバンダイ食玩同様受注時はCGモデルで製品写真が無いタイプなのですが、
こちらの製品版はCGと比べると分割やゲート跡などかなり目立ちます。

本体組み済み・一部パーツのみ組み立て式で凝ってはいるのですが・・・。

各部の可動が売り。

トップ。

ボトム。

本体色もくすんでおりいまいちかわいくないけどきちんと塗装と仕上げ処理をすれば化けそうなので腕に自信のある人向けかも。

ちょっぴり、

動きます。
おててと尻尾が2パターン選択式。

逆EVO仕様のミュウ。

アーツのおまけと並べて〜。

アーツミュウツーと丁度良いサイズ感。

映画を再現しよう!

同時期発売のタカトミ逆EVOミュウと並べて〜。
小可動の←と圧倒的かわゆさの→

4.アーマードミュウツー
5.拡張パーツセット

パケ裏。

パケ内側説明書。

完全に他のパケから予算吸ってそうな豪華内容です。

トゲトゲは4本同形状でやや簡略化。

アーマードミュウツー。

カチっとした作りで良い感じ。

ただ全身の細かい緑センサーなどは省略されておりあっさりめ。

可動が売りの食玩シリーズという事で申し訳程度に尻尾にボールジョイントがありますがあまり意味なし。

とはいえ500円食玩としてはかなりのボリューム感。

トップ。

ボトム。

一応腕と足の付け根はロールします。

アーマーパーツは残念ながら分離できないので同シリーズのミュウツーに装着は出来ません。

細かいところだと肩アーマーも角度を付ける事が可能。

トゲトゲも動きます。

拡張パーツの説明書。

他のパケと比べると値段合わせっぽい内容物。

装着。

謎の物体と化したシャドーボールはミュウツー用ですがアーマードにも装着可能。

共通軸のスタンド穴が開いています。

ミュウ専用スタンドパーツをミュウ付属のスタンドに合体!

これでようやく完全版になったと言う感じ。

ミュウは泡の中に収納も可能。
単体だといまいちなミュウですがこの泡モード再現は珍しく個人的にポイント高いです。

煽るミュウ。

本物とコピーの対決が始まる・・・!!

ミュウツーの逆襲
EVOLUTION!!

摘んだ食玩紹介続けてフルタの200円食玩「チョコエッグ ポケットモンスター サン&ムーン」
ニャビー・ニャヒート

何弾か出ていて適当に摘んでいたのでごちゃまぜです。
モクロー・フクスロー

このシリーズはアニメ仕様ポケモン(ナギサとか)が収録されていたり、なぜかシークレットがアローラディグダだったりちょっと面白いシリーズ。
ロトム図鑑・アローラロコン

むかーし食玩が100円で買えた頃はチョコエッグってちょっぴり高めの食玩の様なイメージでしたが
他がぐんぐん値上がりしていつの間にやらお手頃ポジションに・・・。
カビゴン・黄昏ルガルガン

しかしBOXに大量にだぶりが混ざって居たりと鬼の様なアソートなのでコンプが激むずなのであった。
キテルグマ・グレイシア


■TOPへ














































































































(C) 2020 ときてっと ※このサイトに使用されている画像の無断転載を禁じます。