ときてっと/ポケモングッズレビュー

■■■■
←玩具レビュー目次にもどる
玩具ログ:ポケモン




ジョウト地方はこちら→
■ポケモンスケールワールド カントー地方
 
ポケモンスケールワールド
カントー地方
ポケモンスケールワールド
カントー地方
オーキド博士セット
ポケモンスケールワールド
カントー地方
グリーン&ウインディ
ポケモンスケールワールド
カントー地方
リーフ&ピクシー&ゲンガー
 
ポケモンスケールワールド
カントー地方
シルフカンパニーセット
ポケモンスケールワールド
カントー地方2 セット
ポケモンスケールワールド
カントー地方
ワタル&カイリュー
ポケモンスケールワールド
カントー地方
レッド&カビゴン&ポケモンの笛


■ポケモンスケールワールド カントー地方 レッド&カビゴン&ポケモンの笛

2020年8月22日着 / 4,950円(税込)+送料
ポケモンスケールワールドの高額パケ。
プレバン受注他、ポケセン販売もあり。

ポケモンスケールワールドに再び登場のレッド。
シロガネやまverという事でパッケージビジュアルには手持ちが参戦(でもなぜか4体

(レッド・カビゴン以外は別売りです)
ほかパッケージはいつものデザイン。

解説もあり。

今回もブリスター付き!
これはもう限定物は完全に簡易梱包を脱したのでは〜(嬉しや
いつものガム一粒つき。

レッド(シロガネやま)

HGSSのドット絵が元となっているポージング。

基本的な服装・装備は第一弾のレッドと共通ですが、今回のレッドは手持ちのモンボが省略されていません。

これまでどのトレーナーもボールは省略されていた為、初の再現!
ただしリュックのワッペンが省略されているので元絵完全再現はならず・・・。

トップ。
H約80mm×W約35mmサイズ。

ボトム。
台座は着脱可。

首がボールジョイントで角度をつける事が可能。

帽子のつばを指から外す事が出来ます。

カビゴン。

H約105mm×W約117mmサイズのでっぷり体系なのでボリューム感あり。

尻尾や翼が無い分スペースは食わない感じ。

ぐるっと〜。
今回は目立つ分割もありません。
美しいフォルム・・・。

せなか。
シンプルながら塗装も綺麗。
爪なんかも柔らかさを感じさせつつもシャープなライン。

トップ。
お口にすみ入れ欲しかった(シリーズ一貫してモールドは基本未塗装が共通仕様

ボトム。
にくきゅうかくにん!

おや?
謎のスタンドパーツが付属します。
これは受注時に記載の無かった付属品ですが・・・。

なんとおねんねポーズ用の枕!

なくても自立しますがこの枕パーツを使用する事でお休み状態で飾る事も出来るのでした。
気の利いた仕様ですのう。

しなりがないので横から見ると変な姿勢で寝てるけどご愛敬。

ポケモンの笛。
H約24mm×W約6.7mmの小サイズ。

流石に穴はあいてない。
ボールを除いてはシリーズ初のアイテム系ラインナップですが、特にギミックは無く同梱のレッドに持たせる事も出来ません。
床に置くしかないのでちょっと持て余し気味。

セット内容。
シリーズ開始時は食玩カテゴリだとボリュームのあるカビゴンのラインナップは難しそうだな〜などと思っていましたが、
まさかシロガネやまverレッドとのセット高額パッケージで出してくるとは・・・。
こうなるともう何が出てもおかしくないですね〜。

第一弾レッドと並べて〜。
三年経って成長しました。
今回は受注高額パッケージだけあって全体的に塗装など綺麗め〜。

もみあげの位置など違うけど後ろ髪の本数などは一致してそうなので、
完全新規造形ではなく←のモデルをもとに→を作ってそうな気配もあります。

カビゴンフィギュアいろいろ。
手前←からモンコレS、H。
後ろ←プライズフィギュア・本商品・海外TOMY可動フィギュア。
という事でカビゴンはかなり立体物豊富かつ小さいのから大きいの、可動ものまで揃っているのであった。
どれもお手頃価格で入手できる事を考えると、本商品はそこそこのお値段でなんならプライズより小さくやや割高な感もあり。
とは言えレッドは細部造形まで再現されており、
カビゴンもゲームCGの立体物という点では珍しく、分割がなくぽてっと感が可愛いなど見所もあり。
地味ながら良く出来たパッケージと言う印象です。

何気にポケモンの笛も良く立体化されているアイテムなのだ。
←からカバヤの食玩ポケモンふえ(2015年7月発売・385円)、プチフィギュアコレクション Pokemon World Market、本商品。
カバヤ版は見ての通り本物の笛、PWMverは可動フィギュアサイズでfigmaなどに持たせる事が可能です。
本商品は今のところ持て余し気味だけど、そのうち使い道ができるのかなぁ・・・。

今回のラインナップで、ポケモンスケールワールドでシロガネやまレッドの手持ちが再現可能に!

ラプラスinでリメイク版もばっちり再現。

三年経ってもレッドさんはいつもの服着てる。

三鳥降臨!
圧倒的強者感・・・!

最強コンビ!
ダブルバトルだ!

気付けばHGSSデザインが充実してきましたが、とりあえず本パッケージでいったん終了。
ここ数か月は飢餓感の無いラインナップが続いて若干退屈気味でもあったので、
次弾より開始のガラル編は新鮮で待ち遠しいです。

ポケモントレーナーの レッドが
しょうぶを しかけてきた!
レッド二体目、シロガネやまver&カビゴンセットでした。
前述の通り地味ながら丁寧仕上げなパッケージという印象。
キャラ人気はありつつもレッド、カビゴン共に立体物が充実しており、選択肢が沢山あるのであえて本パッケージを選ぶ人は相当なファンなのでは〜。
ポケセン販売もあるとはいえ、大事にしてたら後々結構レア化したりして・・・。
ここまでのポケモンスケールワールドは
¥78518(食玩


■TOPへ

■ポケモンスケールワールド カントー地方 ワタル&カイリュー

2020年7月22日着 / 4,950円(税込)+送料
ポケモンスケールワールドの高額パケ。
プレバン受注他、全国のポケセンでも販売する模様。

パッケージ。

箱サイド。

いつものコンセプト解説。

なかみ。
今回もブリスター付き!
一般版は簡易梱包でも良いけど限定物は毎回この仕様にして欲しいですね〜。
いつものガムが一粒付属します。

ワタル。

最強のドラゴン使い・ワタルがスケールワールドに登場!

HGSS仕様・ジョウトチャンピオンスタイルでの立体化です。

ポージングも公式絵準拠。
地味にこのスタイル&ポージングで過去にも「PPP ワタル&カイリュー」としてノンスケールフィギュア化されています。

もと絵ありのポージングですが単体だといまいちしまらない感。

台座は着脱可能。

トップ。

首がボールジョイントで可動します。

多少表情をつける事が可能。
塗装なども綺麗めの8.75cm。

つづいて同梱のカイリュー。

ワタルの相棒といったらこのポケモン。
11cmサイズ。

何気に尻尾が長くてスペース食い虫。

翼が組み立て式です。

せなか。

機嫌良さそう。

台座は乗せるだけ。

トップ。

ゲームモデルが元という事で浮遊状態。
微妙に接地ポーズじゃないので台座が無いと不思議な姿勢になってしまいます。

四天王兼チャンピオン!

超えろ、最強の壁!!

チャンピオンの ワタルが
しょうぶを しかけてきた!

サイズ感。
ぱっと見カイリューはさほど大きくもないような印象ですが、奥行きがあるのでそこそこ存在感あり。

トレーナー高さ比べ。
そろそろ撮影ブースに並ばなくなってきたので全員集合写真はこの辺にしておこうかな。

悪の野望を打ち砕け!!

新アニポケでもゲスト登場しダイマックスを披露しました。
劇中では赤いギャラドスをダイマックスさせていましたが・・・、

カイリュー! ダイマックスだ!!(ずどーん
スケールワールドは今後ガラル編を続々投入してくる模様。
みんなもダイマックスポケデルゼを確保しておくべし!

マックスレイドバトルだ!!

カイリュー並べて〜。
ほか、並べ忘れたけどMSモンコレも最近出たばかり・・・という事でカイリューフィギュアは近年充実しまくりなのであった。
前述の通りワタルももっと出来が良いPPP版が出ているし、
このパッケージを買う人は余程熱心なファンだと思いますね・・・強気なラインナップと言えよう。

カイリュー、はかいこうせん!!!
スケールワールド・ワタル&カイリューでした。
2017年のPPP版が結構驚きのラインナップだったのにまさか同衣装・同ポーズのフィギュア化で被るとは・・・。
新アニポケもこの衣装だったのでダンデが出ればアニメ再現で遊べますねー。
ここまでのポケモンスケールワールドは
\73568!(食玩


■TOPへ

■ポケモンスケールワールド カントー地方2 セット

2020年6月29日発売 / ¥3,300(税込
再びカントーへ舞台を戻してのスケールワールド一般販売パケ。

カントー地方編2という事でカントーポケモン&トレーナー11体を収録。
こちらはダブり無しのコンプセット版。
単品500円パケ10個入りのアソートボックス¥5,500も同時発売されています。

相変わらず販売方法がややこしいですがコンプ狙いの人はセット版購入で間違いありません。

中身。
今回も単品パケをそのまま詰めただけなので、外箱を揃えたい人も安心してセット版を購入できます。

パケ仕様。
中身の判るオープンパケ。
いつものデザインですね。

1.ポッポ&コラッタ&コイキング&草むらパーツ

袋。

ポッポ。
1.5cmサイズで今回の極小枠。

足の指が二本の現行デザイン仕様です。

トップ・ボトム。

コラッタ。

1.5cmサイズですが尻尾含まずなのでそこそこのサイズ感。

台座は着脱可能です。
にくきゅう確認!

トップ・ボトム。

台座無くても普通に自立。

コイキング。

4.5cmサイズ。

初代でもコイキングは色んな意味で印象深い一体。

台座は着脱可能。

トップ。

ゲーム内では無造作に置かれてびちびちしているので寝かせて飾るのも正解かも。

いつもの草むらパーツが三つ付属します。
今回は単品で摘む事が出来るので草むら目当てにこの箱だけ狩りまくる人も出てくる・・・かもしれない・・・。

パケ中身並べて〜。
三体に加えて草むらパーツも付属する豪華内容。

2.ロコン&サンダース。

中身。

ロコン。
かすれてて判りにくいけど、鼻の向き▼が正しい所▲にプリントミスしてるっぽいですね・・・。
たぶん仕様でどれもこうなってるみたい。

3.0cmサイズ。

かわいい(しかし鼻の向き逆

ぐるぐるしっぽ。

おしり。

トップ。

ボトム。
にくきゅう確認!

サンダース。

4.0cmサイズ。

今回のセットには初代ブイズ進化形が全て収録されています。

トップ。

ボトム。
肉球確認!

パケ中身並べて〜。
これも人気がありそうな箱ですね。

3.ナゾノクサ&シャワーズ。

なかみ。

ナゾノクサ。
一応口のモールドが薄っすらあるのですが溶けてほぼ見えず。
何なら傷の方が目立ってしまうスケールワールドいつもの仕様。

2.5cmサイズ。
台座は着脱可能です。

トップ・ボトム。

シャワーズちゃん。

5.0cmサイズ。
こちらも見えにくいですが口のモールドがあります。

後ろ足めちゃ接地してない。

にくきゅう確認!

なが〜い尻尾。

全長で言えばかなりのボリューム感。

造形はゲームCGが元で全体のバランスも良くかわいい仕上がり。

4.メタモン&ブースター。

メタモン。

1.5cmサイズでこちらも小さめ。

うしろ。

トップ・ボトム。
メタモンはポケセンガチャシリーズなどでもフォーカスされているので立体物多めですね。

ブースター。
元となったゲームCGと比べるとお顔のイメージがやや異なる印象。
かわいさが足りない!

耳まで4.5cmサイズ。

尻尾のボリュームがあるので存在感あり。

硬そうなもふもふ。

にくきゅう確認!

中身並べて〜。
今回は立体物多めのポケモンばかりであまり飢餓感ないラインナップかも。

5.ピジョット。

今回のアタリパケ・・・にしては地味なラインナップな気もしますが大き目枠。

ピジョット。

それで言うとこのピジョットのラインナップは珍しいのでは〜。

7.5cmサイズ。
グリーンのパートナーとしての収録ですね。

うしろ。

色分けも綺麗〜。

トップ。

ボトム。
台座は着脱可能です。

なくても自立可能。
翼を広げたらかなりのサイズになるところを待機ポーズでコンパクトに商品化。
これならスペースを取らず飾りやすいし鳥ポケも色々ラインナップ出来そうですね〜。
三鳥セットもこじんまりと出してくれないかな〜。

6.グリーン。

今回のトレーナー枠。

グリーン(HGSSver.)
8cmサイズ。

HGSSverという事でリメイク金銀キャラデザでの立体化。

元絵よりやや幼い印象かも。
プレバン限定もののここ数弾は塗装が粗めでしたが、今回は一般販売ながら結構綺麗め。

トップ。

ボトム。
台座は着脱可能。

イケイケポーズ。

トレーナーズ並べて!
プレバンラインナップ連発なのでそろそろ脱落した人も多いのでは・・・。

グリーンは二度目のラインナップ。
三年経って成長した・・・という事ですが、
相変わらずキャラデザのすり合わせが行われていない感あり。
なんなら←の方が大人っぽいかも。
この辺ポケマスが出てからのシリーズ展開だったらまた違ったかもしれないと思うと勿体無いかも。

大人キャラと並べて〜。
個人的に色んなキャラを集合させたいのでグリーンの再ラインナップはもうちょい先にして欲しかったかなぁ。
人気どころが出尽くした後の再集録ならもっと歓迎できたかも。

HGSS組と並べて〜。

トキワジムリーダー・グリーン!

本セットで金銀までのブイズが揃いました!
思うに並べて違和感があるのは同族・同カテゴリのポケモンなのに頭のサイズがばらばらだからじゃないかしらん。
アニメ・ゲームだともうちょいすり合わせされている印象です。

草むらパーツもだんだん増えてきたぞ。

数あってなんぼなアイテムなので草むらはどんどん配って欲しいですね。
毎回ついてきてもいいくらい。

立札とかマップ系アイテムも欲しいな〜。

ジムリーダーの グリーンが
しょうぶをしかけてきた!

ジムリーダーの グリーンが
しょうぶをしかけてきた!

セット並べて〜。
いつもプレバンで3000円4000円の小さいパケ買わされているのでこんなに入って3000円台だと感動してしまうよ。
ポケモンスケールワールド一般パケカントー編第二弾でした。
ここまでのポケモンスケールワールドは
\68618(食玩)!



■TOPへ

■ポケモンスケールワールド カントー地方 シルフカンパニーセット

2019年12月21日着 / \8800(税込)+送料
プレミアムバンダイ限定商品として登場のポケモンスケールワールド限定セット。
相変わらず何買ったかバレバレダンボールで着弾!

「POCKET MONSTERS BALL COLLECTION(ポケットモンスターボールコレクション) GAME EDITION SYLPH COMPANY」
でも使った初代のゲームドット絵をここぞとばかりに再利用したパケ。
今回はシリフカンパニーセットという事で初代ポケモンよりシルフカンパニー関連のキャラがセットになっています。

セット内容。

パケサイド〜。

こっち側。
思いの外コンパクトな箱。

ぷちぷち&ビニールのみの簡易梱包。
申し訳程度のガム一粒を付けて食玩と言い張る度胸(8800円)

ロケット団ボス・サカキ!

H約87.5mm×W約38mm

シンプルデザイン。

カラバリでレインボーロケット団verを出せそう。

トップ。

ボトム。
クリア台座は着脱可能。

アップ。

このシリーズの人物キャラで一番出来が良いかもしれない・・・。

オーキド博士に続いて今回も頭部は固定で動きません。

(たぶん)シリフカンパニー製という事でラインナップのポリゴン!

例の事件のお陰で商品化が少な目・・・と思いきや、
近年立体物がいくつか出ている為、実は他のさもないポケモンと比べて商品化の機会は多め。

カチッとした出来で良い。

H約40mm×W約25mm
足が本体から浮いているので接続用の柱が見えます。

素立ちが多いこのシリーズの中でなぜかポリゴンだけ動きのついたポーズです。
ゲームの待機モーションの一コマが元。

造形はゲームモデルのディテールアップ版。

かわゆい。

トップ。

ボトム。

浮かせて〜。

一応薄っすらへこみはあるものの、サンプルCGではあった目枠のモールドは省略されてあっさりめ。

続いてニドクイン。

H約65mm×W約56mm
意外と小さい。

なんでニドキングじゃなくてニドクイン?
と言うのはシルフカンパニーで戦うサカキの手持ちがニドクインだからですね。
ニドキングはジムリーダー時の手持ち。

今回は悪目立ちする分割も無く綺麗。

せなか。

サンプルCGではあった目のモールドが省略されています。

トップ。

ボトム。

ラプラスは足のヒレが組み立て式。

初代ではシルフ職員から貰えるラプラス。

H約125mm×W約76mm
シリーズ最大級のサイズ感。

かわゆい。
こちらもサンプルCGから目や体の斑点模様のモールドが省略されています。
多分プリント合わせるの大変だからかな・・・。

ぐるっと〜。

背中。

ゲームモデルからの立体化。
見本CGから顎や胴体の分割が増えていますがそんなに気にならず。

トップ。

ボトム。

本セット収録フィギュアを並べて〜。
ニドクインをはじめ怪獣系は背中に乗れるくらいのサイズがありそうなイメージですが実はこじんまり。
サイズ設定を知った時思いの外小さくて驚いた人も多いのでは。

シルフカンパニー関連ポケモン集合!

モンコレと並べると親子サイズでかわいい。
モンコレは目や模様までモールドがあって情報量多め。
スケールワールドはプリントのみであっさり。

ラプラスの群れ。

特大サイズのフシギバナと並べて〜。
シリーズ最大級のサイズ感です。

VSサカキ!
シルフカンパニー戦!!

ミュウツーの逆襲!!

ここまでの人物フィギュア並べて〜。
賑やかになってきました。

レインボーロケット団編の前にはこんな戦いもあったかもしれない・・・。

最凶×最強!

全ては大いなる野望の為・・・!

ラプラスに乗って。

挑め!フルバトル!!

恩赦ピカねぇ・・・。

ニドクインちっちゃかわいい。

ポケモンスケールワールド・カントー編!
ここまで\33000(食玩

カントーはこれで完結・・・と思いきや、2020年にブイズが出るらしいですね・・・。
人物フィギュアがセットになるのか気になるところ。

一先ずシリーズ開始時に発表されていたラインナップはこれにてコンプ!
したのも束の間、休む間もなく来月からはジョウト編が発売開始。
受注ものが多いので見落としできないし追いかけるのが大変です。


■TOPへ

■ポケモンスケールワールド カントー地方 グリーン&ウインディ

2019年11月21日着 / 4,400円(税込)+送料
プレミアムバンダイ限定商品。

スケールワールドカントー編、初代ライバル・グリーンがプレバン限定で登場!

パケ。

4000円超えの食玩。

中身。
やっぱりブリスター等ない簡易パケ。

グリーン。

初代ライバル・グリーンが1/20サイズで登場!

サイズは約7cm

ぐるっと〜。
プレバンだからか、デザインがシンプルだからか、レッドより塗装などやや綺麗めな印象。

皮肉屋っぽい表情。
公式絵からの立体化ですがハイパーボールは省略されています。

トップ。

ボトム。
台座は着脱可能。

首がボールジョイントで可動します。

表情をつけられるのは良い。

口元など、サンプルCGの繊細さはやはり無くなっているお顔。

同梱のウインディ。
ぷちぷちぐるぐるまき。

初代のイヌヌワン。

受注時のサンプルCGでは二色だったおめめが一色に・・・。
他モールド等も省略されています。
パケCGは製品よりに修正されていますね。

初代ポケモンのうちではあんまりフォーカスされない印象。
大きめフィギュアは珍しいのでは〜。

ぐるっと〜。

おしり。

逆サイド。
高さ約9.5cm

トップ。

ボトム。

ゲームCGモデルからの立体化。

グリーンと並べて〜。

スケールワールドカントー編ですが、一般版のコンプセットが3月発売予定で新たに登場するそうな・・・(BOX買いしちゃった人

同時発売のリーフセットレビューに続く↓


■TOPへ

■ポケモンスケールワールド カントー地方 リーフ&ピクシー&ゲンガー

プレミアムバンダイ限定 / 4,950円(税込)+送料

こちらはリーフ、ピクシー、ゲンガーのセット。

パケ小さい。

5000円の食玩。

簡易梱包に申し訳程度のガム一粒。

ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーンの女主人公・リーフちゃん。

公式絵からの立体化ですがワッペンとボールは省略されています。

約7cm

ぐるっと〜。

ふともも。

トップ。

ボトム。
台座は着脱可能。

首がボールジョイントですが髪が干渉する為ほぼ動かず。

お口がはねちゃってるのとても残念・・・。

ふむふむ。

なるほど。

同梱のピクシー。

約6.5cm

ゲームモデルからの立体化。

見本CGには無かった分割がぱっくりと。

尻尾を支える台座が付属します。
乗せるだけ。

背中。

逆サイド。

トップ。

ボトム。
何気に肉球がある。

続いてゲンガー。

ゲームCGからの立体化。

こちらも見本CGには無かった分割がぱっくり。

結構目立つ。

約7.5cm

せなか。

にやり。

トップ。

ボトム。

無くても自立するけど尻尾を支える台座が付属。

セット内容。
このパケの収録フィギュアはどれも中サイズなのでやや割高な印象。

戦闘シーンを再現しよう!!

ゲンガーをくりだした!

なんでこの二体がセットなのか謎。
ポケスペブルーの手持ちや、ピクシーに悪霊が憑りついたのがゲンガー説を汲んでいるのでは、などなど、
コアなネタを拾っているのかもしれない・・・。

個人的にはゲームの立体物と言う認識なのでOP再現でニドリーノや、
劇中最もドラマ的に掘り下げのあるカラカラガラガラなどを収録してくれた方が嬉しかったかも。

同時発売の2パッケージ並べて〜。
この5体でだいたい1万円の食玩(ガム2粒

ブルーVSグリーン!

ここまでの人物フィギュア並べて〜。

旅立ちの日!

パートナーを選ぼう!!

ポケモンバトル!!

再会!

ブルー。

ミュウツーの逆襲!!

アローラメルタン。

ぬい。

VSルザミーネ様

ブキヤピッピと並べて〜。

目指せ、チャンピオン!!

カントーポケモン集合!!
ここまで
\25000(食玩
スケールワールドカントー編は12月のシルフセットにつづく。


■TOPへ

■ポケモンスケールワールド カントー地方

2019年10月28日発売 / ¥5,500(税込
ポケモンを約1/20スケールでコレクションできる新食玩シリーズ「ポケモンスケールワールド」第一弾!
こちらは一般販売です。

一個500円のオープンパケ。
全6種だけど1BOX10個入り。
アソートは御三家×3orミュウツー×3があるみたい(?
せめて全部1or2にして欲しかった・・・。

単体パケ。
誤飲防止とか完全無視の対象年齢15歳以上!
ハイエンド食玩シリーズです。

パケトップ。
選べるオープンパケなので売り場で揃えるのは難しそう。

パケサイド。

ビニールのみの簡易梱包。
一部組み立てが必要なポケモンや、台座が付属するものもありますが説明書等なくコスト減。

フシギダネ。
受注ページでは見本CGのみの公開だったので実物がどうなるか不安でしたが、500円食玩らしく塗装・仕上げ等それなりに綺麗。

お顔薄い。

このシリーズの造形はXY以降のゲームで使われてる3Dモデルが元になっている様です。
数揃えられる為にこの辺もコスト減なのかも。

テクスチャで描かれている部分などはモールドが掘られてディテールアップされている模様。

ヒトカゲ。

分割が目立ちますが尻尾の炎にクリアパーツが使われているなど力が入っています。

ポケモンの炎は塗りかクリアかで好みが別れそうな部分。
スケールワールドでは全てクリアパーツで統一するみたい。

トップ・ボトム。
クリア台座が付属、着脱可能です。

ゼニガメ。

このセットの中だと一番ちんまい。

背中。

トップ・ボトム。

1. ヒトカゲ&ゼニガメ&フシギダネ
並べて〜。
ポケモン図鑑のたかさ設定に準ずるサイズ感、1/20という事ですが・・・。
アニメやゲームだともうちょい1画面にいても違和感なくすり合わせされている印象なのでだいぶ違和感がありますね〜。
これはこれで数字的には正解の一つという事で。

2. ピカチュウ&リザード

ピカチュウ。
かなりの小サイズ・・・なので指が溶けてます。
尻尾が厚めなのも珍しい。

横顔かわいい。
ちょっとほっぺの印刷がずれた個体を引いてしまいました。

背中。

トップ・ボトム。
透明台座は着脱可能。

リザード。

前述の通り尻尾の炎はクリアパーツです。

めらめら。

おしり。

トップ。

ボトム。

かなりサイズ差のある二体。
一律500円ですが中身のボリュームはばらばらです。

3. イーブイ&カメール

イーブイ。
こちらもかなり小さい・・・!
指の先程のサイズです。

キャラクターフィギュアで成立するぎりぎりのサイズ感と言った感じ。
ややプリントがずれていたり塗りむらがあるけど、食玩だしここまで出来てたら十分かな〜という、そのくらいちっちゃい。

おしり。
ちっちゃイーブイ。

トップ・ボトム。
肉球はピンクの筈ですが塗装省略されています。
単体フィギュアとしてのクオリティよりも並べて価値を持つアイテムです。

カメール。

サイド。

イーブイと比べるとかなり大きめ

トップ。

ボトム。

この体格差ではバトルにならないでしょ・・・!

4. ミュウ&フシギソウ

フシギソウは一部組み立てが必要です。

幻のポケモンミュウ。
尻尾は歪んでいたのでドライヤーで温めて直しました。

こちらもかなりの小サイズ。

背中〜。

トップ・ボトム。
台座は着脱可能。

フシギソウ。

進化してもたねポケモン。

サイド。

ぐるっと〜。

おしり。

つぼみ。

ボトム。

並べて〜。

5. ミュウツー

尻尾が組み立て式です。

本商品の中では一番ボリュームがある当たり商品。
でもBOXに2〜3あるのでむしろ余りそう。

個人的にゲームモデルのミュウツーはちょっと違和感があったんですが、
こちらはゲームモデルを元にしつつも目がアニメ風になっていて印象が良いです。

大きい分傷や汚れが目立ちますが500円食玩ではかなりのボリューム感。

尻尾浮いてます。

おしり。

一番人気であろうミュウツーがBOXに複数あるのは単品買いする人には嬉しいアソート。
もしかしたら大きいのより小さい奴の方が塗装コストが高いのかも・・・?

ゲームモデルより瞳が大きめになっています。

トップ。

ボトム。
クリア台座は着脱可能。

6. レッド

トレーナーとポケモンを同スケールで並べられる・・・!というのが本商品最大の売り。
第一弾からは初代主人公のレッドがラインナップされています。

500円で人間キャラを食玩ラインナップできるのか・・・!?と発売まで疑問だったのですが、

見本CGのシャープさは失われたもののそこそこの出来なのでは〜という感じ・・・。

個人的に気になるのは最重要の主人公キャラが今後も一般販売ラインナップになると言う所ですね。
プレバンならもう少し綺麗だったかも・・・。

トップ。

ボトム。
台座は着脱可能。

頭部がボールジョイントになっています。

角度変更が可能。

元絵ではモンボを投げているのですが本商品には付属しない為謎のポーズになっちゃってます。
リュックのワッペンも省略されていますね。

サイズ比はこんな感じ。
アニメでも一応、ピカ>ブイなのは変わらない筈ですが、近年の映画やゲームピカブイなどでは完全に同格として描かれているので
イーブイこんなに小さかったの!?みたいな違和感。

並べて劇中を再現しよう!

旅立ちの三匹。

幻のポケモンミュウを求めて・・・。

成長する仲間達!

モンコレと並べて〜。
基本、スケールワールドの方が小サイズです。
そしてお気づきでしょうか・・・本商品のポケモン、みんなお口閉じてる!!!!!
口開けると色数が増えちゃうからね。
コスト減です。

海外TOMYアクションポーズフィギュアと並べて〜。
これは完全にスケールワールドの方が小さめ。

モンコレ通常サイズ、カプセルアクトと並べて〜。
流石に1/40の立体ポケモン図鑑ほどではありませんが、小ポケモンは極小と言って良いサイズです。
キャラ商品として成立するぎりぎりのサイズ感・・・。
完全にトレーナーと並べる為の1/20スケールですが、このサイズだと小ポケモンは極小に、大ポケモンは際限なく巨大になってしまうので、
金銀以降のパッケージ伝説ポケモンなどはまずラインナップされなそうです。
今後のラインナップとしては既にジョウト編が予約受付中なので、
地方コンプなどは目指さず、各主人公トレーナーや御三家進化形などを中心に広く立体化していくのではないでしょうか。

いろんな世界のピカチュウ。

色んな世界のミュウツー。
流石に仕上げはモンコレの方が綺麗ですが500円なのにサイズで上回ってるスケールワールド。

figmaレッドと並べて〜。
大体半分くらいのサイズ。

ポケモンスケールワールド第一弾・集合!

コンプ前提アイテムなのにBOX10個でアソート偏ってるのはメーカー側も良くないと認識しているのか、
第二弾のジョウト地方編からは一般販売版のコンプセットも別売される事になりました。

一応食玩なのでガムが入ってます。
↓オーキド博士セットレビューにつづく。


■TOPへ


■ポケモンスケールワールド カントー地方 オーキド博士セット

2019年10月30日発売 / 9,999円(税込)+送料
プレミアムバンダイ限定商品です。

こちらは一般販売の大型食玩3種に受注限定フィギュアをセットしたプレバンアイテム。
ポケモンフィギュア界に突如スケール統一で参入した食玩「スケールワールド」ですが、
第一弾発売前に続々と9種も予約開始し、更にそのほとんどがプレミアムバンダイ限定の高額食玩という地獄のラインナップ!
実物の出来が判明する前なので予約した人は戦々恐々としていたのでした。

パケサイド〜。
組み立て説明書になっています。

それにしても最初からこんなにプレバン限定を連発すると脱落する人も多そう・・・。
そもそも剣楯発売目前で、新シリーズのグッズが沢山出る時期にとんでもない食玩が始まったものです。

ポケモンスケールワールドとは・・・!?

中身。
本セットのうち、「フシギバナ」、「リザードン」、「カメックス」はそれぞれ単品パケが一般販売されています(全部買うとだいたい8600円)
しかし一部のアイテムは本セットにしか収録されない為、コンプするにはこのオーキド博士セットをプレバンで定価+送料の割高で買う必要があるのです。
こういう売り方やめて・・・。

ぱかっと中身。
専用パケはなくただのダンボールでした。
せめて単品売りがあるものはパケも付けて欲しかった。
申し訳程度のガム一粒・・・。

オーキド博士とオプション各種は本セット限定。
高額アイテムですがブリスター等はなく簡易梱包です。

オーキド博士。

小物もセットになっていて情報量多め。

ぐるっと〜。

ポッケのペンや本の付箋など細かいですね。

トップ。

ボトム。

一般販売のレッドより塗装など綺麗かな?

こちらは頭部固定で動きません。

付属のテーブルパーツ。
組み立てが雑でボールが分離しちゃってます。

研究所で最初の三匹を見せられる、あのテーブルですね。

トップ。

足が組み立て式。

直せないかな?と思って引っ張ったら抜けました。
接着されてないみたい。
ボールは台座と一体なのでレッドに持たせる事は出来ません。

世界観を演出する小物は嬉しいですね。

草むらが三つ付属します。
初立体化・・・!?
と言いたいところですがカプセルアクトなど過去にも草むらが付属した事があるのだった。

続いてフシギバナ。
前述の通りこちらは¥3,960(税込)で一般販売されています。

これが4000円の食玩だ・・・!!!!!

食玩の常識を突破した超絶ビッグスケール。

花と葉っぱがぴーんとしているのはフシギバナ立体物としては珍しいのでは。
ボーン入れる前のCGモデルみたいになってる。

どっしりと樹脂の塊です。
お菓子売り場でこんなのおねだりしたらちびっ子怒られるよ〜。

おしり。

4000円と高額だけど500円のやつ溶かして合体させてもこの質量にはならんでしょ・・・という迫力あり。

めちゃでかい。

トップ。

ボトム。

一般販売版と異なり高額アイテムはちゃんとお口の中も造形されています。

続いてリザードン。
単品売りの一般販売パケは¥2,178(税込)です。

リザードン。
お顔汚れた奴引いちゃった。

おまえ・・・!

その尻尾は飾る時スペースを食って困る奴・・・!!

ゲームの待機モーションが元ですね。

尻尾はクリアパーツ。

何気に翼を持ち上げた状態での立体物は珍しい気がする。

顎分割が目立ちます。

でもお顔はイケメン。

トップ。

ボトム。
クリア台座は着脱可能。
台座焼けちゃいそうだな〜と思ったけど高額版のはどれも最初から黄色がかってる。

お顔アップ。

逆サイド。

カメックス。
一般販売単品パケは¥2,420(税込

どっしり構えの最終形態。

おめめのプリントがややずれた個体を引いちゃいました・・・高額セットだけど結構仕上げにむらがある。

サイド。

ぐるっと〜。

背中。

逆サイド。

トップ。

ボトム。

オーキド博士セット。

ここに三つのモンスターボールがあるじゃろ?

レッドと並べて〜。
オーキド博士だいぶがっしりしてますね。
あとやっぱりこのセットの台座は黄ばんでる。

ゲームの導入シーンを再現!

旅立ち!!

初代のパートナーは全てラインナップされています。

草むらパーツで遊ぼう。

三つだけは寂しいですね・・・今後も大型セットにボーナスパーツとして付属してくれると嬉しいのですが・・・。

野生のイーブイが飛び出してきた!

ヒトカゲ・リザード・リザードン。

ゼニガメ・カメール・カメックス。

フシギダネ・フシギソウ・フシギバナ。

大型モンコレと並べて〜。
リザードン、カメックスはそこまで大きくないです。
とにかくフシギバナだけ規格外サイズ。

モンコレ、artsと。

カメックスは新解釈のキャラデザです。
→のartsカメックスは爪の本数が異なります。
丁度同月に「Arts Remix」として新解釈版が発売されたばかり。

やっぱり→の方が良く見慣れたフシギバナと言う感じ。
元になってるゲームモデルでももうちょっとしなってる感じなんですけどね。

御三家最終進化並べて〜。
フシギバナ巨大すぎない・・・?
諸説ある様なので高さの解釈が間違ってる・・・と断ずることはできませんが・・・。

イメージとしてはこっちの方が近い。

ギャラドス、カビゴンなどのラインナップは厳しそうですが海外アクションフィギュアがそれっぽいサイズ。

今、冒険が幕を開ける!!
持っててよかった自転車&ポケモンセンター。

ポケモンスケールワールド大集合!

いきなり賑やかな開幕です。
カントー地方編としては、11月にグリーンセット、ブルーセット、12月にシルフカンパニーセットがプレバン商品として発売予定。
更に続く1月、2月にはジョウト地方編一般販売版に、3月コトネセット、シルバーセットが予約受付中。
以降も続々予定されている模様です。
かなりハイペースなリリースなのでついて行くのが大変ですが気になるシリーズが始まりました。


■TOPへ































































































































(C) 2020~ときてっと ※このサイトに使用されている画像の無断転載を禁じます。