■■







































































































































































































































































←もどる


玩具レビューはこちら

■特撮のDNA 〜平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮

2019年12月13日〜2020年1月26日まで、日本工学院専門学校「ギャラリー鴻」にて開催。
前年のゴジラに続き、今回は平成ガメラを中心とした展示会となっています。

関連イベントレポはこちら
特撮のDNA(2018) レポ ゴジラじゃない方展 レポ


当日券1800円
Eチケット1500円+手数料+発券料(1940円)
11月1日〜12月9日までの期間、先行Eチケットが販売され、こちらで入場すると「当時風“復刻”鑑賞券」4枚セットが貰えました。
実際はスマホ表示のデジタルチケットで入場する為、こちらの4枚はチケット風の記念ペーパーですね。

会場入り口前から早速ガメラスーツがお出迎え。

こちらはイベント用スーツだったかな・・・?

今回も分厚い図録(¥3,850)が発売されていますが、一般書店でも扱う為自分は通販でポチりました(持って帰るの重いから・・・
なんで展示物の詳細は図録を確認して後日追記する・・・かも・・・(撮影用か、レプリカか、など

ガメラヘッド。

入ってすぐ「大怪獣空中決戦」コーナー

メカニカル・マペット頭部達。

ガメラ ひな形

ガメラ 飛行モデル

展示物豊富だった前回と比べて、今回はほぼ平成ガメラのみの展示会。
なので様々な怪獣が見られる、と言うよりもガメラガメラギャオスギャオスガメラ!と言った感じでより濃密でコアな空間となっています。

パネル。

ガメラ腕部。
かなりぼろぼろです。

ガメラ マペット

勾玉

会場の様子。
平日だったので人もまばら。

写真を撮りたい人は平日がおすすめです!

スケッチ。

ギャオスコーナー。

ギャオス アップショット用スーツの頭部

不気味にてかるギャオス・・・!

超遺伝子獣!

飛行モデルのガメラ。

ぐるっと〜。

正面。

ギャオスのパーツ。

ギャオス 高空飛行モデル

ヤリギャオス。

翼を畳んだ高速飛行形態!

こちらは小さめの模型。

東京タワーに陣取るギャオス 遠景用

シリーズ屈指の印象的なシーンが間近で見られる・・・!

おすわり。

後ろから〜。

続いてガメラ2コーナー

ガメラ アップショット用スーツ
かなりくたびれたご様子・・・。

ガメラ 飛行モデル

イケメンです。

2から登場のウミガメの様に前肢を広げて飛翔する形態。

内部メカ。

ガメラ メカニカル・マペットの頭部

生々しい表情。

今にも鳴き声が聞こえそう!

巨大レギオン ひな形 / ガメラ ロングショット用ミニチュア ウルティメイト・プラズマ仕様

最終必殺技を放つガメラの勇士・・・!
おなかの中は空っぽです。

シルエットから斬新なデザインのマザーレギオン。

俯瞰で。

ミニチュア。

ジオラマと並んで。

ガメラ腕部。

ソルジャーレギオン スーツ

みんなのトラウマ・・・!

何を考えているのか判らないおめめ。

ウルティメイト・プラズマ用のスーツ腹部。

炭化したガメラ。

こちらも間近で見る事が出来ます。

2コーナー。
平日は各コーナーだーれも居ない瞬間があるので快適・・・。

こちらは小サイズのソルジャー。

おめめ素材。

ソルジャー各部。

草体。

ミニチュア達。

セットの草体はまさかの書割・・・!!

マザーレギオンダメージver。

巨大レギオン 飛翔体
翅はCGの為造形物は存在せず。

巨大レギオンのダメージパーツ。

折れた角。

巨大レギオン 頭部 完全形モデル

美しくすらある・・・。

エッグチャンバー

造形部パネル

そして3コーナー。

ガメラ 展示用スーツ

凶悪なフォルムに変貌した最終形態!

どしっとしたフォルムがたまらん!

密度の高い甲羅デザイン。

イケメン〜。

甲羅〜。

ガメラの墓場。

会場の様子。

ハイパーギャオス。

ギャオスハイパー マペット頭部レプリカ

ガメラ ひな形ほか

ギャオス幼体 屍体 ひな形

イリス。

ガメラ頭部。

ガメラ 右手パーツ バニシング・フィスト用

羊ちゃんたち!

イリス 頭部から胸部 完全形モデル

ガメラ頭部。

イリス各部パーツ。
触手の先っぽが完全に電球そのまま・・・!

そして本展示最大の見どころとも言えるのがこちら!

イリス スーツ

あのイリスを間近で見る事が出来る・・・!

怪獣・・・と言うにはあまりにも異質な強敵!!
触手も広く空間を使って飾られています。

むきむき。

あんよ。

イリスの卵。

中に何かいる・・・。

大迫力。

柳星張の文字・・・。

触手など結構ぼろぼろ。

それがかえって生々しい。

凄い密度感。

見上げ〜。

イリスと融合する綾奈。

混ざりあっている・・・。

ガメラ頭部。

トラウマガメラ スーツの頭部

小さき勇者たち〜ガメラ〜のコーナー。

トト 展示用スーツ

トト ひな形

ジーダス ひな形

ぐるっと〜。

対峙する構図での展示。

ジーダスの頭部。

ごつごつ。

ジーダスの尻尾。

オリジナルギャオスのパーツ。

オリジナルギャオス マペットの頭部

ガメラ(アヴァンガメラ)スーツの頭部レプリカ

赤い石 アップショット用

トト 3尺モデル

トトの眼 彩色検討用バリエーション

トトの頭部。

円らなおめめ。

ソフビ類が飾られていました。

他歴代シリーズの資料など。

昭和ガメラはタンク車しか残っていないそうな・・・。

当時のセットを再現したジオラマ。

大魔神シリーズもちょろっとありました。

同スペースではガラシャープやマルコブガラッパの再現映像(特典ムービーのやつ)が流れていました。

展示の最後には雲海を飛ぶガメラ・ギャオスの撮影スペースが。

カメラが回っていて設置されたモニターにリアルタイムで映し出されていました。

ギャオスを追うガメラ!

背景にはちょっとしたお遊びも。

ギャオス。

会場の様子。

図録とは別に公式パンフレット(1,320円)発売されています。
こちらは簡易版と言った感じですが金子修介監督ロングインタビューなども掲載されておりファン必読の内容。
物販では各メーカー立体物他、バンダイから発売予定の新作ムビモンのサンプル(!)も展示されていました。
とにかく展示物が豪華だった前回と比べると、平成ガメラを中心とした今回はややこじんまりとした感は否めませんが、それでも各スーツなどを間近で見られるのは貴重な体験!
特にイリススーツは一番の見どころとなっています。
特撮のDNAは来年1月26日まで!
こぞって行くべし・・・!!


■TOPへ


(C) 2019〜 ときてっと ※このサイトに使用されている画像の無断転載を禁じます。