■■

























←もどる


玩具レビューはこちら

■ゴジラじゃない方展

デザインコンセプトモデル・ビオランテBタイプ
ゴジラと戦ってきた歴代怪獣にフォーカスした、ゴジラがほぼ出て来ない異色の展示会
「ゴジラじゃない方展」!

GW期間の2019年4月27日〜5月6日まで、西武渋谷店モヴィーダ館7階特設会場にて開催されています。

オキシジェンデストロイヤー・レプリカ
特撮のDNA展ではオリジナルが展示されていましたがこちらはレプリカ。

クモンガ(FINAL WARS)
開催直前の告知でしたが、展示規模もこじんまりとして内容もマニアック。

驚くべきことにこれらの展示物が狭い空間にどん!と置いてあります。

もうゼロ距離で侵入防止のロープなどもほぼ無く普通に触れる距離感・・・。

お触り禁止の札とかも無かったような・・・。

カマキラス(FINAL WARS)
代わりにお客様のお願いとして諸注意他"ゴジラはほとんど出てきませんのでご了承ください”との張り紙があるユニークさ。

こんなに近づいても怒られない!

GWの渋谷は物凄い人混みで、これはゴジラ展もやばいぞ・・・!と覚悟して行きましたが・・・。

まぁ・・・人いるなぁ・・・くらいの感じ。
怪獣展なんてこんなもんです。
ゴジラいないし

会場各所には西川伸司氏の手によるイラストが描かれており、これも見どころの一つ。

バラゴン(ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃)

GMKバラゴンが目の前に・・・!

こじんまりとしている。

なかなか可愛いお顔です。

かなりくたびれています。

何枚も撮っちゃう。

角などはぼろぼろ。

あおり〜。

モスラ。

なんかしら成虫の造形物がいるんじゃないかと思いましたが今回はいませんでした(残念

モスラ幼虫(ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS)

双子の一匹が展示されていました。

グリーンでライトアップ。

目の前にモスラ幼虫が・・・!

これほんと触れる距離感。

もうぼろぼろだし的な・・・?

ファイナルウォーズ成分多め。

エビラ(FINAL WARS)

下半身が画面に映らない様に人が入って演技するそうな。

ヘドラ(FINAL WARS)
劇中ほんの一瞬しか登場しないヘドラもじっくり鑑賞出来ました。

機龍。

マンダVS轟天号(FINAL WARS)

こちらはぐるっと回り込んで鑑賞できます。

一番動きのある展示物。

歴代ポスターなども展示。

3式機龍(東京SOS)

フル装備の機龍が展示されていました!

特撮のDNA展では初期装備のスーツが飾られていましたね〜。

年表。

メカゴジラ飛行形態(ゴジラvsメカゴジラ)

こちらは小型モデル。

君たちは一応"ゴジラ″なのでは・・・。

MOGERA(ゴジラvsスペースゴジラ)

なんとモゲラの全身スーツが展示!!

これは嬉しいですね〜。

かなりのボリューム感。

リトルゴジラ(vsスペースゴジラ)

メガニューラ(ゴジラ×メギラス G消滅作戦)
なぜか特撮のDNAでも推されていたメガニューラ。

フェアリーモスラ(ゴジラvsスペースゴジラ)

なんとフェアリーモスラがおりました。

モスラの化身としてちょこっとだけ出てくる奴ですね。

他台本なども展示。

ゴジラではありませんが平成モスラ三部作もちょこっと。

元のモスラよりちょいグロテスクな造形。

デストロイヤ(ゴジラvsデストロイア)

ファイヤーラドン(ゴジラvsメカゴジラ)

キングギドラ(レプリカ)

今回はゴジラじゃない方が主役なので最新ゴジラの像は会場外にぽつんと飾られていました。

たまには脇役でもいいじゃない。

おまけ。
今回の展示は本当に小規模なもので、一応限定ソフビなどの販売もありましたが例によってごく少数の抽選販売で初日に売り切れ(各5〜10個程度・・・
おみやげといえばクリアファイル(500円)とアクリルキーホルダー(520円)くらい。
令和!(ちなみにこのレポの更新は平成最後の日

チケットは前売り(1200円)と当日券(900円)があり、前売りを買うと全10種より好きな絵柄のポストカードが貰えます。
自分はわざわざ紀伊国屋によって前売りを買っていったのですがなんと当日会場入口でも売ってました。
コースターは今回のイベント限定では無くゴジラストアなどで扱っているアイテムっぽく4枚1組400円。
好きな絵柄を選べます。

来場者特典として入場時に三池敏夫監督による書き下ろしコメント付き特製トレーディングカードが全8種から好きな絵柄を選んでもらえます。
先着5000枚。
今回はGMKバラゴンが間近で見られたと言う事でバラゴンを選んでみました。
人気はやはり機龍とかでしょうかね〜。
ゴジラじゃない方展、マイナー(?)怪獣をほんの目と鼻の先で見る事が出来る、マニアックな展示会でした。


■TOPへ


(C) 2018 ときてっと ※このサイトに使用されている画像の無断転載を禁じます。