■■





































































































































































































































































































































←もどる


玩具レビューはこちら

■特撮のDNA―『ゴジラ』から『シン・ゴジラ』まで― 東京展

2018年12月19日(水)〜2019年1月27日(日)まで、日本工学院専門学校「ギャラリー鴻」にて開催の「特撮のDNA・東京展」に行ってきました。
怪獣王、蒲田来襲!

ゴジラ 第四形態2号雛型(着色検討用) / シン・ゴジラ
当日券は大人1,600円、子供1,000円。

第二形態・第三形態雛型
売店は会場前にあるのでチケットが無くても購入可能、少数限定ものは初日でほぼ売り切れた様子。
限定ソフビ等はまだ沢山ある様でした。

ゴジラ・第五形態雛型 / シン・ゴジラ
太っ腹な事に会場に展示された品は全て撮影可能!(フラッシュ・動画撮影は禁止
さらに当日に限り再入場可なのでゆっくり見る事が出来ます。

ゴジラの逆襲
と言う事で撮影した中から個人的に気になったものをピックアップ。

ゴジラ頭部撮影用オリジナル / ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決戦
展示品は撮影用のものから復元ものまで混在していました。

メカゴジラ2スーツ 撮影用オリジナル / メカゴジラの逆襲
2日目の朝に行って来たのですが平日なので空いており快適でしたねー。

人いないのでばしばし撮れる。

小美人&トランクケース 撮影用オリジナル / モスラ ・ 三大怪獣 地球最後の決戦

キングギドラ 復元

モスラ幼虫 撮影用オリジナル(ロングショット用) / 怪獣総進撃
かなりくたびれたモスラ幼虫

ぼろぼろです。

鎧モスラ・エターナル 撮影用オリジナル / モスラ3 キングギドラ来襲
これを見に来た!
と言う事で以下ほぼモスラ

かわかっこいい

もふみ。

翅にラメがついていますね

あおり構図の印象だけど図録に頭部の俯瞰写真が載っていてそれがすごくかわいい。
超全集にも載っていないレアな構図かも。

ボディ。

虫感のあるおなか。

おしり〜。

アップ。

翅。

モスラ成虫 撮影用オリジナル / ゴジラvsモスラ
親モスラ・・・では無くvsバージョンのモスラ。

すごいもふもふしている。

かわいい。

アップ。

美人さん。

綺麗に残ってますね。

バトラ 撮影用オリジナルモールドより制作

こちらはオリジナルでは無く複製もの。

かっこいい!

アップ。
吊り展示ものはオリジナルか復元か記載が無かったような気がします。
図録で確認しました。

バトラ頭部 オリジナルモールドより制作
お顔。

モスラの卵 撮影用オリジナル

ゴジラザウルス頭部 撮影用オリジナルモールドより制作 ・ KIDS 撮影用オリジナル / ゴジラVSキングギドラ
生で見るとかなりあっさりしていてこんなもんだっけ?って感じのKIDS

ビオランテ触手 撮影用オリジナル / ゴジラVSビオランテ
ほか、撮影直後に製作されたビオランテのレジンモデルも展示されていました。

92式メーサービーム戦車 撮影用オリジナル
メカものも結構ありましたね。
轟天号とか。

ゴジラスーツ頭部メカニック 撮影用オリジナル / ゴジラ1984

アンギラス検討用雛型 / ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃
ボツネタだけどかなり有名な護国聖獣アンギラス。

同バラン

あのカメラに金色の柱が三本映って・・・ってやつアンギラスの尻尾らしいですね。
なんでカットしなかったし。

バラゴン
個人的に怪獣はSFよりもやっぱり怪奇オカルトものが好きですね〜。

キングギドラ

モスラ成虫 検討用雛型

平成で唯一かわいくないモスラ。

キングギドラ 首ギニョール 撮影用オリジナル

生ギドラ!

ほか、ダメージを受けたキングギドラの首パーツが展示されていました。
首がぶってされてるやつ。

ギドラが味方になるパターンには燃えましたね〜。

うしろ。

ゴジラ頭部 撮影用オリジナルモールドより制作
白目ゴジラ。

バラゴン頭部 撮影用オリジナルモールドより制作

ゴジラ上半身スーツ 撮影用オリジナル / ゴジラ2000 MILLENNIUM
ヒロイックなゴジラ。

うしろ〜。

MOGERA頭部 撮影用オリジナルモールドより制作 / ゴジラVSスペースゴジラ
意外とドリル造形があっさりしてるモゲラ。
ケリはモゲラでつけるぞ!!
ほかスペースゴジラ頭部もありました。

ヘドラの眼 撮影用オリジナル / ゴジラ対ヘドラ

レインボーモスラ / モスラ3 キングギドラ来襲

これが本物のモスラだ!!

3バージョンのレインボーモスラですね。

1や2関連のモスラも見たかった・・・。

モスラ展やって・・・。

かわいい。

格闘戦があった為か結構汚れています。

H400×W2610×D1150mm

アップ〜。

おしり。

デストロイア頭部&両手 撮影用オリジナル / ゴジラVSデストロイア
デスタムーアにされたデストロイア

リトルゴジラ 撮影用オリジナルモールドより制作
他貴重なリトルのデザイン検討初期モデル等も展示。

白亜紀型キングギドラ 首ギニョール / モスラ3

所謂ヤングギドラ。

この存在感・・・。

鎧モスラ 撮影用オリジナル
ぽこっと出てくるシーンですね。

ソフビで出して欲しい。

かっこいい〜。

これを見に来た。

H320×W280×D600mm
図録にはサイズも載っています。

キングギドラ 首ギニョール 撮影用オリジナル
本物のグランドギドラ。

一番かっこいいギドラ。

美しい・・・。

ぐるっと〜。

お顔。

眼。

ゴジラ上半身スーツ 撮影用オリジナル(水中) / ゴジラVSメカゴジラ
水中撮影用だからかぼろぼろでした。

カメーバ 撮影用オリジナル / ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS
・・・の死体。

3式機龍 撮影用オリジナル / ゴジラ×メカゴジラ
初期装備のメカゴジラ。

本物にそっくり〜(本物です

最近プラモでましたね。

機龍の眼 撮影用オリジナル

モスラ幼虫 着彩検討用 / ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS

検討案では模様があったみたい。

モスラ幼虫 撮影用オリジナル
中に手を入れて操る為尻尾がありません。

三匹いました。

ゴジラの表皮 撮影用オリジナル / ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃

キングギドラの鱗
タイトルバックのあれですね。

ゴジラの骨格 撮影用オリジナル & ゴジラ上半身スーツ / ゴジラ×メカゴジラ
機龍の素体のやつ。

撮影コーナー ゴジラとモスラが夢の競演!

お判りいただけただろうか。

うしろにメガニューラが飛んでいます。
ほか、ジオラマ内に卵も。

こちらも3レインボーモスラ(撮影用オリジナル)

1/1サイズは四体作られたらしいのでそのうちの二体ですね。

ここはスペースが広いので自由に記念撮影できるポイントですね〜。

自分はものだけ撮ってたけど。

あとブース入口に関係者サインがありました。

かわいい〜。

アップ。

ゴジラスーツ。

見上げて〜。

平日お昼前なのでスペースに誰も居なくなる瞬間も・・・。
快適でした。

会場はそれ程広く無く、展示品の密度もほどほどなのでゆったり見てまわれます。
空いていたので一通り撮影後じっくり鑑賞する事ができました。
立体物の他にはポスター、メイキング、映像、中には実際に手で触れるゴジラの皮膚なんてものもあり2〜3時間はあっという間です。

最後はオキシジェンデストロイヤー(撮影用オリジナル)で〆!
主だったところだけざっと紹介しましたが個人的にはやはりモスラ関連が豊富で嬉しかったですね〜。
他にも載せてない展示品が沢山あるのと、実物はまた違った感触なので是非実際に足を運んでみる事をオススメします!
特撮のDNA・東京展は来年1月27日まで。
12日だけおやすみなのでご注意を〜。

東京展限定公式図録
オールカラー/192ページ/ハードカバー 予価3,200円

数量限定の会場限定販売。
展示内容が網羅されているので帰宅してからの復習に最適。
会場では作品名まで記載されていなかったのですが、図録には詳細がきちんと載っているのでありがたいです。

なんかお土産に立体物を〜と思ったけど限定ものはどれもシンゴジばかり。
悩んだ挙句お手頃サイズのこちらを購入。

キャスト/特撮大百科Mini ゴジラ第2形態(蛇行)
864円

おひとり様1会計につき1個とのこと。

彩色済みレジン製というニッチなアイテム。

手作り感。

怪獣ものはどれも巨大で飾るの大変なのでこういうお手頃サイズのアイテムは需要あると思う。

ほか限定ものだとムビモンの2種、ゴジラ像、ギドラストア限定版など並んでいました。
ムビモンはそんなに売り切れないと思うけど会場限定ものが欲しい人は早めに行った方が良いかも〜。


■TOPへ


(C) 2018 ときてっと ※このサイトに使用されている画像の無断転載を禁じます。