■
ほしい物リスト / Youtube / Fantia /  /  / 
/【■TOKITETO : 自己紹介 / ■PROJECT : 創作・自作ゲーム / ■GALLERY : イラスト / ■Note : 日々の雑記(ドール/玩具ページ) / ■LINK : リンク集 / □WEB拍手
:INFORMATION
■「リズベルルの魔」シリーズ(完結) 「1+2」、「3+4」、「5+6」、「7完結篇」 パッケージ版&DL販売中
:Note
■7月24日
最新作「黄昏の君 ヴォルフィーネ〜真昼の国と月の国〜」 今夏公開!


今週のサンプルCG・ファンティアで先行公開中!

C90頒布&委託販売のパッケージが出来ました。
単巻版「リズベルル」はずっと暗めな色のパッケージでしたが今回は2本とも青空が入って明るめ?にぎやか?な感じです。
 委託版「リズベルルCC」はディスク2枚組。
ディスク上は3.5G、ディスク下は4.2GでDVD容量パンパンに詰まっています。
恐らく同人ゲーム界でも最大スケールの作品の一つではないでしょうか・・・!?(知らんけど
 シリーズ全巻を並べた所。
「1+2」を先行委託販売した事を除けば全て2016年発行と言う事実・・・。
今年は「黄昏の君〜」の制作とパッケージ版製作に注力したので新作は1本のみかもしれません。
出来ればもう1本新タイトルを出したい気もしますが・・・流石に冬までにもう一本は厳しそう。
一応プロジェクトは進めてるのでC90で次回作のキャラクターデザイン&タイトルロゴくらいは展示するかもしれません。
■ポケモンGO
いよいよ日本でもサービス開始されましたね!
・・・ところが手持ちのスマホは非対応・・・なんでじゃー!と嘆いていたところAmazonのfireタブレットはインストール可能である事に気づきました。
ちょっとだけやってみたけどfireじゃ位置情報がズレまくってまともにプレイ出来ず・・・何匹か捕まえた所でスマホ買い換えようと決意。
うーん、早くプレイしたい・・・。

□モンコレレビュー スペシャルパック ボルケニオンと機巧のマギアナvol.2

 【こちら】
映画スペシャルパック後編、こちらには主役級ポケモンがまとまっています。
見どころは新造形のサトシゲッコウガ。クリアパーツの武器が付属しており色んなパターンの装備が楽しめます。
他2体は単品パッケージからの再集録。特にマギアナは唯一のフィギュア化(?)です。

□バトルアクションフィギュア ゲッコウガ
 【こちら】
これは凄い満足度の高いアイテムです・・・超絶おすすめ。
このシリーズ、このくらいの価格でモンコレと一緒に毎月1個ずつ出してほしいけど流石に無理でしょうな〜・・・。

□MYポケモンコレクションぬいぐるみ〜ポケモン・ザ・ムービーXY&Z 2016〜 白いメガゲンガー/デデンネ
 【こちら】 /   【こちら】
Myポケ続き。
何気にMyポケではメガシンカポケモンが初のラインナップと言う事実(しかも両方とも色違い
■7月17日
■「リズベルルの魔」シリーズ/「黄昏の君 ヴォルフィーネ】 修正パッチ
【ダウンロードはこちら/ver1.00をお持ちの方は必ず適応してください】
「BOOTH」、「Fantia」にてパッチ単体のダウンロードが可能となりました(要ログイン
「DLsite」、「ふりーむ」にて「黄昏の君〜」体験版と同梱と言う形でも配布しています(ゲストDL可

最新作「黄昏の君 ヴォルフィーネ〜真昼の国と月の国〜」 今夏公開!



今週のサンプルCG・ファンティアで先行公開中!
いよいよ夏コミまで1か月を切りましたね〜。
夏は色々あるから気持ちが忙しいですな〜。

■「ほんとうの物語シリーズ」関連商品ページ更新!
c90で頒布予定&委託販売予定のパッケージ版各種情報を掲載しました。
また、「とらのあな」さんでの予約開始されています。
夏コミには行けないけどパッケージで欲しい!と言う方は予約購入をおすすめします。
(すぐ売り切れって事も無いと思うけど、そんなに沢山も無い・・・そんな在庫数です)

パッケージ版「黄昏の君 ヴォルフィーネ〜真昼の国と月の国〜」
とらのあな予約受付ページはこちら


パッケージ版「リズベルルの魔 COMPLETE COLLECTION」
とらのあな予約受付ページはこちら
(こちらの商品はc90での頒布は無く、委託販売限定商品です)


パッケージ版「リズベルルの魔 COMPLETE COLLECTION(DVD4枚組限定版)」
(こちらの商品は委託販売は無く、c90イベント限定販売です)

c90では最新作「黄昏の君 ヴォルフィーネ〜真昼の国と月の国〜」を頒布予定他、
「リズベルルの魔」シリーズ全4巻を1パッケージにまとめたコンプリート版「リズベルルの魔 COMPLETE COLLECTION」を頒布します。
C90で頒布する「リズベルルの魔 COMPLETE COLLECTION」はDVD4枚組の限定仕様で、
新パッケージに単巻版と同じ仕様のディスクを収めたおまとめ版です。
委託販売版「リズベルルの魔 COMPLETE COLLECTION」は全4巻を「上」、「下」ディスクに収めた2枚組仕様(予定)となります。
(違いはディスクの枚数だけで中身は一緒

本当は「リズベルル」コンプ版は出すにしてももう少ししてからだろう・・・と思っていたのですが、
とにかく単巻版全4巻は物理的に大荷物になる!そして在庫の管理がめんどう!イベントでは全4巻一括購入される方が多い!
と色々と理由があって夏コミで頒布してみる事にしました。
今後イベント等ではこちらのおまとめ版を頒布する予定なので、単巻版が欲しいと言う方は委託販売をご利用ください(残りわずか
■夏はポケモン!
□ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ
初日初回を見てきました・・・!
初日初回で映画見るとか初めてで、朝早く行ったら映画館以外のフロアが全部閉鎖されていてたいへんでした・・・。
どうやって映画館にたどり着けば良いのよ、と軽くダンジョン感。
今年は予告編「2016ポケモン映画『ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』予告2」がとても良くて、期待値も高かったのですが
映画本編はというと・・・普通・・・と言う感想。
世界観・ゲストキャラクターは魅力的なものが揃っていますが、脚本が散漫な印象。
「ネーベル高原」、「アゾット王国」・・・どちらか一つでも大きなドラマを内包していそうな世界観を二つも消化しなければならない上、
それら二つが上手く噛み合っていなかった・・・かと言って特別悪い訳でも無く、特別良くも無い・・・普通・・・と言う感じ。
自然を象徴するボルケニオン、そして人の手によって造られたマギアナ、長く連れ添った二人の関係は十分に魅力的でしたが、
映画のテーマ・ドラマにまで昇華されていただろうか?と勿体なく感じました。
今年の映画を一本の物語として完成させるのなら、やはり主役には王子・ラケルを据えるべきでしょう。
予告ではジャービスに心酔し、好奇心と純粋さを利用される弟を諫める立場かに見えた王女・キミアは、
本編では殆ど状況に振り回されるばかり・・・かつてマギアナが仕えた王女と瓜二つと言う魅力的な設定も殆ど意味が無いものでした。
ラケルとキミアは設定を統合して、機械であるが故に時間から取り残されたマギアナとの交流を深く描く・・・。
その裏では、マギアナが国を追われる理由となった力の源・ソウルハートを巡って渦巻く陰謀・・・と。
そして本編にあった様に・・・サトシ達と出会い外の世界に興味を持ち、
ジャービスの野望を打ち破って、狭い研究室から飛び出してポケモンと共に旅に出る・・・そんなストーリーだったなら・・・。
しかし本編の主役はボルケニオンです。
XY最後の幻のポケモンで、彼は外せない・・・ポケモン映画はノルマが多すぎる!
毎年ポケモン映画を見ていて思うのは、「脚本段階ではもっとちゃんとした物語だったんだろうな〜」という事。
色々なノルマを詰め込んで、決して長くない尺に収めねばならない。
そこで初期案からそぎ落とされていく部分・・・こっちのエピソードは残っているのに、そのアンサーは削られている。
そんな印象です。カットするならばさっとカットして話を密にして欲しい・・・
まぁ大勢の人間が関わっているからなかなかすり合わせが難しいんだろう・・・毎年そんな印象。

・ボルケニオン
ポケモン映画では大型ポケモンは3DCGで描かれる事が多く、作画的見どころが多いTVアニメと比べると見どころの逆転現象が起きていたけど
今年の映画は作画比率が高めだったと思う。
ボルケニオンが非常に人間味(?)の溢れるキャラクターで、サトシと絡むシーンが多いからか・・・。
あるいは3Dのカットも実は多かったのかもしれないけど、あんまり気にならなかった。
ラストでボルケニオンが空中要塞内部で「ブっ飛ぶ」下り、サトシは外からの攻撃でも十分だろ、と言う・・・
確かにその通り、って感じでその後ボルケニオンが城の中に戻るのはお涙頂戴の意味不明な流れに思える・・・
が、ボルケニオンの必殺技「オーバーヒート」(?)は、
分離したアームの中央にエネルギーを収束させ爆発させる技だという事が絵で説明されている。
つまりボルケニオンが空中要塞を「ブっ飛ばす」には、やはり彼が城の中心、動力部に戻る必要があったのだ・・・!
と思うけど正直判りにくいと思った。

・マギアナ
めちゃかわいい。
もっとピュアな、機械仕掛けの無垢な人形なのかと思ったら、流石500年も生きている(?)だけあってみんなのお母さんと言う感じ。
もっと王女との日々を見たかった・・・争いの火種となるソウルハートを隠すために離れ離れになった王女・・・
彼女とよく似た現王女キミアと“再会”した時、マギアナは何を思うのか・・・こう言う所をもっと掘り下げて欲しかった・・・。
3Dと言えば、心を失ったマギアナは3DCGで描く・・・とかそういう使い分けをして欲しかったかな。
復活シーン前後では3DCGのアップだったけどそういう意図がある演出では無かったように思う。

・アマルス、ゴクリン
野良ポケの中では目立っていた2匹・・・しかしこの下り要るか〜?と言う・・・。
そもそも古代のポケモンアマルスがなんで高原にいるのか。神秘の、超自然に守られた空間だから・・・?(いや、人間に捨てられた?
治りかけた傷が凍る、と言う描写の後に、セレナとキミアがアマルスにシーツをかけてあげるシーン・・・なんかちぐはぐに思える。
ゴクリンをはじめ、人間に捨てられたポケモン達・・・彼らがひっそりと暮らすネーベル高原・・・時にはポケモンハンターに狙われる・・・。
こういうエピソードを入れるのなら、ネーベル高原はポケモン達の世界である、と線引きした上で、
アゾット王国はそれを少し離れた場所から守護する・・・(少なくとも悪い人間達の手から)・・・事をラストで約束する・・・
そしてやがてはそれが人とポケモンとの理解に繋がる・・・と言う所まで描いて欲しい・・・。
(それが「名誉ポケモン」のシーンなのだと言われるとそうか・・・とも思うが)
大体あんないかにも悪者っぽい(しかもジャービス一味とは関係ない)ヤツが急に出てきて・・・って
お話として意味が判らないと思うんですが。なんだったのこいつ、みたいな。

・ロケット団
今回一番脚本に振り回されていた3人。
メガウェーブで嬉々としてメガシンカポケモンを操り、道具にしていたのに、
後半では特に仲良しエピソードも無かったマギアナが分解・道具として利用されるのを見て“かわいそう”と言いだすニャース。
(勿論その前にジャービスに捨てられたと言うのもある・・・あまりに非道な行いであるから・・・と言うのも・・・判る、が・・・
「マギアナの声が聞こえないのにゃ・・・」と言う予告のシーンの方が、まだ本編よりもドラマが感じられるほど。

・ジャービス
その悪逆非道な振る舞いはむしろ敵として人気が出そうな感もあるが、残念ながら目的が描かれていないので魅力半減。
ソウルハートで空中要塞を起動して、どうしたいのか・・・国を支配したいのか・・・なんなのか・・・という。
個人的には神秘化学への純粋な好奇心が高じて、犠牲も厭わない・・・と言うパターンの方が良かったかな〜。
あと敵のメガシンカ軍団だけど、普通に従ってるのかと思えば無理やり働かされてたっぽいですね。
その辺も判りにくかった。
白メガゲンガーの接地面に常に波紋が生じていて、ゲームの設定を汲んでいて良かった。
あとはキミアが使う真のメガシンカとの対比みたいなものがあればなぁと。

・プニちゃん
プニちゃんの活躍は格好良かった・・・プニちゃんほんと好きです。
しかしパーフェクトに普通になってたのはどうしてなんだ・・・?
ゲームの設定を見ると、翼と尾にそれぞれコアがあるらしいから、やはり100%合体にはZ2も必要だと思うんですが・・・。
いや、OPでも人造ジガルデ(?)と戦ってるし・・・
あれがZ2が利用・改造された姿だとするとやはりプニちゃんは単体で100%に近い姿になれる・・・?
あるいはアニポケラストは人間排除派のZ2と、人間良い奴だよ派のプニちゃんの激突と言うのも考えられるが・・・。
一応サトシ達のいない所で合体したのと、翼の蛇(でもそっち青じゃない?)を片方しか使わなかったのが、線引きなのかなぁ・・・。

・サトシ達
正直今回は振り回されてばかりであまり活躍はしなかった印象。
しかしゲストのドラマも薄かったので・・・と言う。
でもサトシの手持ちはバトルで活躍してましたね。
サトシゲッコウガがそんなにフューチャーされなかったのは意外だったかなぁ。
ポケモンと一緒に旅に出なよ。
あそこは良かった・・・あの流れはこれが!これこそがポケモンなのだ・・・!と言う感じですね。
なんか突っ込みばかり書いたけど別にそんな悪くないですよ。
朝イチで見たから見落とした部分もあったかもしれないし。
テレビシリーズの特別編って感じで見どころは多い映画だと思う。
多分ノベライズ版だともっと王子と王女が掘り下げられて、
ちゃんとしたドラマになるんじゃないかな〜・・・と予想(今まで映画のノベライズ版読んだことないけどさ
来年の映画は20周年超大作って事だけど、伝説ポケモン大集合!とか、空前のバトル!!とか、
なんか消費型コンテンツ的な、化学調味料マシマシ的な映画じゃ無くて、ちゃんと地に足の着いたお話にして欲しいですな〜。

□ポケモン オリジナルぬいぐるみ付き映画前売券 幻のポケモン・ボルケニオンのTシャツを着たピカチュウ!
 【こちら】
セブン限定ぬいです。
実はポケモンパンのキャンペーンで映画のチケットが当たったのでダブっちゃいました。
せっかくだからそのうち2回目を見に行こうかな〜と考え中。

□劇場限定モンコレ ボルケニオン メタリックver&劇場限定グッズ
 【こちら】
今年の劇場限定モンコレはまさかのハイパーサイズ・ボルケニオンメタリックバージョン・・・!
凄い豪華・・・!ですが財布へのダメージもデカイ・・・もうちょっと足したら3体セットのスペシャルパックネットで買えるじゃん的な。
今回は劇場限定グッズも良いのが多くて沢山買ってしまいました。
特に鍵付きノートが可愛くてオススメです。
あとソウルハートペンダント、ジャービスの杖ペンも良い・・・何だかんだで今回は良かったですね。
面白かったですよ。
なんか物足りないのは映画が悪いと言うよりもテレビが最高に盛り上がってるんですね。
それが素晴らしいとこですな。
あ〜、もうXYシリーズも終わりか〜と思うと寂しいですなー。

あとポケセンオンラインでポケモンサンを予約しました。
ピカチュウの本体も欲しいけど、自分はそんなに他のゲームやらないから持て余すし今回はガマン・・・。
■7月10日
■「リズベルルの魔」シリーズ/「黄昏の君 ヴォルフィーネ】 修正パッチ公開!
 【こちら】
「リズベルルの魔1+2」、「リズベルルの魔3+4」、「リズベルルの魔5+6」、「リズベルルの魔7完結篇」

に対応する修正パッチを公開しました。
これを適応する事でムービー再生スムーズ化・正常化が行われますので、プレイする前に必ず適応してください
(DLsiteのDL販売データのみパッチ適応済みの最新バージョンに差し替え済みです)
現在パッチは後述↓の「黄昏の君 ヴォルフィーネ」体験版同梱のものを配布中です。
後ほど修正パッチ単体でもDL出来る様にします

また、c90で頒布予定のパッケージ版「黄昏の君〜」用の修正パッチも同様に公開しています。
こちらもムービー再生スムーズ化・正常化の為のパッチです。
本体発売に先駆けての修正パッチ先行公開となります。
c90でパッケージ版を入手される予定の方はこちらのパッチの存在を覚えといてください。
8月下旬からDLsiteで販売するダウンロード版はこのパッチを適応済の最新データとなる予定です。

最新作「黄昏の君 ヴォルフィーネ〜真昼の国と月の国〜」 今夏公開!



今週のサンプルCG・ファンティアで先行公開中!

■体験版 黄昏の君 ヴォルフィーネ〜真昼の国と月の国〜 ―フィモシーの旅立ち―
 【こちら】
体験版を公開しました。
「黄昏の君ヴォルフィーネ〜真昼の国と月の国〜」の冒頭部分をプレイ出来る動作確認用体験版となります。
ほぼ製品版と同様の導入パートを読む事が出来ますが、
OP映像がカットされている他、終了後に「黄昏の君〜」「リズベルルの魔」のPVが流れます。
上述の通りこの体験版には「リズベルルの魔」全四巻&近日発売予定のパッケージ版「黄昏の君〜」用修正パッチ同梱されています。
「リズベルル」シリーズをお持ちの方は修正パッチの適応をお願いします。

■パッケージ版「リズベルルの魔」
一部の巻が一時注文不可となっていたとらのあな通販のパッケージ版「リズベルルの魔」シリーズですが、
在庫復活して購入可能となっています。
【こちらの各巻リンクより】
パッケージ版「リズベルルの魔」単巻シリーズはC90での頒布はありません。
今後の再販も予定に無い為、購入を検討されている方は通販をご利用ください。
残り数点ですのでお早めに〜。
□ぬいぐるみ マギアナ
 【こちら】
これは凄く凝った作りのぬいです。
細かい意匠まで忠実に再現されています。
ただデザイン上自立困難で、スタンドを使ってもイマイチしゃきっと立ってくれない・・・何か良い方法は無いですかのう・・・。

□MYポケモンコレクション ぬいぐるみ〜ポケモン・ザ・ムービーXY&Z 2016〜 ボルケニオン・プニちゃん
 【こちら】
映画のMYポケ、プライズ景品です。
小さくてとても良く出来たかわいいマスコットぬいです。
どうでも良いけど某ショッピングモールのゲーセンで黒メガサナ取ろうと粘ったのですが全く取れる気配が無く・・・。
三本アームのヤツ。あれは取れない様になってるんですよ!ひどい!
ほんともう・・・がんばれば取れるよ〜って顔して取れないってのがひどい・・・純粋な心を弄びおって!
■7月3日
最新作「黄昏の君 ヴォルフィーネ〜真昼の国と月の国〜」 今夏公開!


今週のサンプルCG・ファンティアで先行公開中!
エレシー様はフィモシーちゃんのお母様。
前作ヒロインだったリズベルルやネムリー(7完結篇)達よりも小柄で、お母さんキャラなんだけど“女の子”なイメージ。
今作は「劇場版」と言うのがコンセプトの一つなので、物語もそれを意識してスリムにしました。
エレシーをはじめメイン以外のキャラクターにも勿論ドラマはあるのですが、ストーリーの中で深くは掘り下げず、
少ない描写の中にちらりと彼女達の物語が垣間見えたら良いな〜と言うのが今作の狙いです。

「黄昏の君 ヴォルフィーネ」特典ページに「シリーズ連動特典」を追加!

「黄昏の君 ヴォルフィーネ」は一つの独立した物語であると同時に、ほんとうの物語シリーズの一篇でもあります。
今作にはシリーズ連動特典という事で、前作「リズベルルの魔」の壁紙をおまけで付ける事にしました。
勿論絵柄は描き下ろしの新規ビジュアル!
パッケージ版のおまけは“太陽つながり”という事でメインヒロインを差し置いてエルデイルさんと、前作主役メカ・ヴィルフォーナ。
ダウンロード版はまた別な絵柄を予定しています。
「リズベルル」をプレイしてくれた人は引き続き最新作「黄昏の君〜」をよろしくお願いします。
そして「黄昏の君〜」が初プレイの人は「リズベルル」も手に取ってくれると嬉しいですね。

■「リズベルルの魔3+4」Amazon在庫復活
リズベルルの魔1+2】/【リズベルルの魔3+4
パッケージ版シリーズ前半はAmazonでもご購入いただけます。

□モンコレレビュー ポケモンゲットスピナー ピカチュウをゲットせよ/スペシャルパック ボルケニオンと機巧のマギアナvol.1
 【こちら】
映画商品に入る前にゲットスピナーを消化〜。
何気にピカチュウの造形がクレーンゲーム付属と違う事に気づきました。
映画スペシャルパックは充実内容ですね〜、vol2も楽しみです。
■6月26日
最新作「黄昏の君 ヴォルフィーネ〜真昼の国と月の国〜」 今夏公開!


今週のサンプルCG。
もうそろそろマスター作成してディスクを作る準備をはじめないと〜と言う時期。
今回はc90で頒布予定のパッケージ版を先行で出そうと思います。
おまけとして特製壁紙集が付属。絵柄は紹介ページに載せた絵の他に数点追加する予定。
また今回はダウンロード版にも壁紙集が付属し、そちらはパッケージ版とは別イラストとなります。
ゲーム本体は同じ仕様になる予定(たぶん・・・修正とか入らなければ)です。

ファンティア開設しました
【こちら】

とりあえずサイト更新より数日早くサンプルCGなどを載せようかなと思います。

□着ぐるみピカチュウぬいぐるみ ポケパルレのみがわり
 【こちら】
結局通常サイズぬいもお迎えしてしまいました。
これは面白いぬいです・・・着ぐるみが脱げる!他のぬいに着せても良し!
おすすめアイテムです。
□ポケモン・ザ・ムービーXY&Z でっかいぬいぐるみ プニちゃん
 【こちら】
WHFで先行入手したものを最速レビュー。
ほんとはパーフェクトジガルデ狙いだったのですが・・・自分が着いた頃には既に終了・・・。
やっぱり1日目に行けば良かったなぁ。
■6月19日
最新作「黄昏の君 ヴォルフィーネ〜真昼の国と月の国〜」 今夏公開!


今週からサンプルCGを載せていきます。
大体仕様も決まりました。今回はCG鑑賞に登録されるグラフィックは180枚と言ったところです。
「リズベルル」は1タイトルに2シナリオ+α入っていたのに対し、「黄昏の君〜」は1シナリオでプレイ時間的なボリュームは短くなりました。
とは言え容量は1.6ギガ以上あり、短くなったのになんでこんなにデカイんだよ!!と言う感じで、短いぶん密になっています。
□ぬいぐるみ 黒いメガサーナイトOA
 【こちら】
まさかのぬい化を果たした色違いメガサーナイトぬいレビュー。
他、キャンペーンやポケカグッズなども取り上げています。
一気に増えた色メガサナグッズ。あとはメガシンカ前のサーナイトがぬい化してくれれば文句ないのですが・・・。
今度三英貿易からラルトスぬいが出るし、意外とポケセン以外から発売なんて事もあり得るかも・・・と期待しています。
■6月12日
最新作「黄昏の君 ヴォルフィーネ〜真昼の国と月の国〜」 今夏公開!

「黄昏の君 ヴォルフィーネ〜真昼の国と月の国〜」 PV公開!
何気に11日に行われた「同人・ゲーム・オブ・ザ・イヤー2015」の休憩時間に流れたのが初公開でした。
「リズベルル」がテレビシリーズだとすると、「黄昏の君〜」は劇場版だ!と言うイメージなのでPVもそんな感じを意識しました。
劇場版と言えばウソ予告だ!と言う謎の刷り込みがあったので今回本編未使用カットなんかも入っています。
あとから見返して「こんなシーン無いじゃん!」と突っ込んでください。
ちなみにこのPV、本編最大のハイライトシーンは一切使用しておりません・・・!
あまり期待し過ぎず、ほどほどの気持ちで本編をお楽しみに〜。

■夏コミ参加決定! サークル「ときてっと」 日曜日 西地区“c”ブロック−04b
 受かりました。
密かに応募していたのですが無事スペースを頂けました。
スペースは日曜日(3日目) 西地区“c”ブロック−04b となります。
「ときてっと」はコミケ初参加、コミティアを2度経験したとは言え緊張です。
何事も無ければパッケージ版「黄昏の君 ヴォルフィーネ〜真昼の国と月の国〜」を頒布する予定です。
パッケージ版「リズベルル」の頒布は・・・全四巻でどうしても大荷物になってしまうので消極的です。
「リズベルル」に関しては委託販売の在庫がまだ少量あるので欲しい人はとりあえずそちらをご利用ください。
とらのあなの店舗にも数本ずつ在庫がある様で、店舗在庫は何となく売れないイメージ(実際自作ゲームを店舗で買う人はほぼいない印象)
なので、近くに住んでると言う方は積極的に店舗購入してくれるとたいへんありがたいです・・・。
今の所「秋葉原店B」、「なんば店」、「名古屋店A」に2〜4巻の在庫があるようです。
1巻はとらのあなだと通販在庫のみとなります、秋葉原ならさんげっとの店舗にも1〜2巻がまだある筈です。
まとめ買い出来ないのでお手数をかけますが、パッケージで欲しいと言う人は探してみてください。

■特別企画「同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2015 熱部門/ムービー・動画部門 受賞記念 特別イラスト&壁紙公開!」

【特設ページはこちら】

「同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2015」の受賞作が6月11日に発表となりました。
「リズベルルの魔」は全9部門にノミネートされていましたが、そのうち「熱部門」、「ムービー・動画部門」の2部門を受賞する事が出来ました。
これを記念して新作イラスト&特製壁紙を公開いたします!
 【ギャラリーページはこちら】
ギャラリーでは大きなサイズ&メカのみバージョンも掲載しています。
特製壁紙は全三種。
 リズベルル&ヴィルフォーナ・エンダージェン
 ネムリー&ソルエルデイル決戦形態
 プランシューネ&エンダージェン艦隊
リズベルルさん&ネムリー様の背景メカはこれまた新規ビジュアルです(豪華!
ほんとは「黄昏の君〜」にコラボ特典的におまけで入れようかな〜と思ったのですが、めでたいのでサイト上で掲載しました。
「リズベルル」は今後も「ほんとうの物語シリーズ」の一篇として何らかの展開をしていきたいと思っています。
ともあれ本編は全四巻で綺麗に完結しているので、気になる方はこの機会に是非手に取って見てください。
■今週は写真を編集する余裕が無かったのでレビューは一回休み
■6月4日(土曜更新
最新作「黄昏の君 ヴォルフィーネ〜真昼の国と月の国〜」 今夏公開!
 【こちら】

「黄昏の君 ヴォルフィーネ〜真昼の国と月の国〜」イメージビジュアル(パッケージ絵)公開!
 【紹介ページ】
同時に紹介ページも正式オープンとなりました。
小出しにするのも面倒なのでキャラクター紹介やメカ紹介、特典壁紙絵柄などもどばっとアップしています。
ページの基本構成は「リズベルル」シリーズを踏襲しつつ(使いまわしともいう)、今回は絵を多用してちょっぴりリッチな感じ。
イベントCGページのみいつも通りちょびちょび載せていく予定です。

■同人ゲームオブザイヤー パンフレット公開!
おすすめ同人紹介による同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2015授賞作発表のパンフレットが公開されました。
【こちら】
「リズベルルの魔」も、
助演男優部門、主演女優部門、助演女優部門、心部門、熱部門、泣き部門、楽部門、ムービー・動画部門、美術部門
と実に大量にノミネートされております・・・(すごい
参加無料のイベントなので興味がある方は上記サイトを覗いてみてくだされ〜。

サンムーンの新キャラ、リーリエさんかわいすぎ問題。

□マスコット ホウオウ・ルギアポンチョピカチュウ 着ぐるみピカチュウマスコット ポケパルレのみがわり
 【こちら】
ピカチュウマスコット一気にレビュー。
ついにフードが脱げるマスコットが登場しましたね〜。
ポンチョ系は定番化しましたが着ぐるみ系も充実させてほしいな〜。
■5月29日
最新作「黄昏の君 ヴォルフィーネ〜真昼の国と月の国〜」製作中!
 【こちら】

「ほんとうの物語劇場」の案内役 ミルゥ&ミューメル。
今作のガイドキャラクター、主に操作説明時に登場します。
「リズベルル」では「ほんとうの図書館」編は物語に深く関わるパートでしたが、
今作「黄昏の君〜」では舞台を図書館から「ほんとうの物語劇場」へと移し、本編とは切り離されたパートとなりました。
案内役であるミルゥ&ミューメルは「リズベルル」から続投のキャラクター。
「リズベルル」本編を経て成長したところが見られると思うので、シリーズをプレイしてくれた方は引き続きこちらも手に取って欲しいですね。
また、「黄昏の君〜」はシナリオ総量が短くお手軽にプレイ出来る&大量のグラフィック&ムービーを詰め込んだので密度増し、な
「ほんとうの物語」シリーズ入門編的な作品となる予定です。
もちろん単体で完結するので「黄昏の君〜」をプレイ後に「リズベルル」をプレイしてもOK。
両方プレイすると新たな発見があるかもしれません。

□ポケモンゲットスピナー フーパ&黒いレックウザ レビュー
 【こちら】
去年のアイテムですがレビューしそびれていたのでソラマチオープン記念(?)にアップしてみました。
くじ景品の黒いレックウザモンコレはオークションでこのセットより高く取引されていたので、
これを買って黒いレックウザだけ売りに出せば錬金術が出来たかも・・・。
あれは未開封でコレクションする為に落札してたんですかね?
それともこの商品の存在を知らなかっただけ・・・?
あるいは細かい仕様違いがあるのでしょうか・・・。
謎であります。
■5月22日
■パッケージ版「リズベルルの魔」シリーズ 全四巻委託販売中!
 【こちら】

最新作「黄昏の君 ヴォルフィーネ〜真昼の国と月の国〜」製作中!
 【こちら】

今作のモブメカ。
出番がちらっとしか無いうえ活躍の場も無いのでわざわざデザインしなくて良いかな〜・・・とも思ったのですが、
まぁ無いよりはあった方が良いだろう・・・と思ってパパッと作ったヤツ。
「あ、背景に立ってる・・・」くらいのメカですね。

□へんしん! メタモン ピッピ
 【こちら】
ピッピにへんしんしたメタモンぬい。
第一弾の中では個人的にはピッピメタモンが一番のお気に入りですね〜。
これより以前の雑記はこちら:Note

























(C) 2007〜 ときてっと ※このサイトに使用されている画像の無断転載を禁じます。


2003.8.5 set counter

サイト 時の枝 開設2003/5/6
300000HIT/2005/10/10

TOKITETO リニューアル 20071218

移転 2011/04/25

memo:2012/08/13-00427836hit